猫のしつけ

猫の爪切りで暴れないように上手くしつけて爪を切る方法とは猫のしつけ

猫の爪切りで暴れないように上手くしつけて爪を切る方法とは

猫にとっても飼い主にとっても、猫の爪切りは大仕事ですよね。
嫌がる猫の爪を切るのは可哀想ですが、爪を伸ばしっぱなしにする訳にもいきません。
人間はもちろん、家具や部屋も傷つきますし、伸ばしっぱなしの爪は猫自身の肉球につき刺さり、化膿して歩けなくなることもあります。
とは言え、無理矢理爪切りをして暴れて怪我をしても大変ですから、なるべく大人しくしてもらいたいものです。
今回は、大変な猫の爪切りを上手くしつける方法3つのポイントをご紹介していきます。

家中ボロボロになる前に!猫の爪とぎのしつけ方法3つのポイント猫のしつけ

家中ボロボロになる前に!猫の爪とぎのしつけ方法3つのポイント

猫は最後5週齢頃から爪とぎという行動をします。
これは本能的なものですので、やめさせることは難しいです。ですが放っておくと家の中がボロボロになってしまいます。
飼い主が猫の心理を知らないとしつけは難しいのでまずは爪とぎをするのは何の為か知っておきましょう。
・自分のフェロモンを出し縄張り確保のため
・古い外層を取り除くため
・マーキングのため
・武器の整備のため
・木に登りやすくするため
・ストレッチのなめ
・飼い主の気をひくため
などと様々な理由があります。
では、どうやってしつけるといいのか紹介したいと思います。

またしてる、、猫がソファで爪とぎをする原因と対策猫のしつけ

またしてる、、猫がソファで爪とぎをする原因と対策

猫の習性の一つに「爪とぎ」という、一緒に暮らそうとする人間にとっては少々厄介なものがあります。
これは縄張りを主張する行為の一つで、生まれ持った本能からくる習性です。猫からしてみれば人間に迷惑をかけようとしてやっているわけではないのです。だからこそ、しつけをするのは生半可ではかないません。やめさせようと大声で叱ったりすると、猫にはストレスになり、余計に爪とぎを始めたりします。
けれどその猫の習性や特徴をうまく活かしてあげれば、上手にしつけられるのも事実です。
ここではその原因と対策についてお伝えしてみたいと思います。

外に出たがる猫を上手にしつける3つのポイント猫のしつけ

外に出たがる猫を上手にしつける3つのポイント

室内で飼われている猫の場合、ベランダ越しにずっと外を見て出たがっていたり、外にいるスズメや虫などに関心を示して飛び掛ろうと狙っていたりしますよね。
そういった様子を見ている飼い主さんとしては「かわいそうだから自由に外で遊ばせてやりたいな」と思う一方で「外には危険がいっぱいだからどうにか室内で楽しんでもらいたい」とも思うはずです。
結論から言うと、室内飼いをしている猫の場合は外に出さないようにする方が賢明です。なぜならば色々な病気を貰ってきたり、交通事故などの危険も多く考えられるからです。
そこで、外に出たがる猫を上手にしつけるポイントについて挙げてみたいと思います。

飼い猫にストレスを与えてませんか?その原因と対策とは猫のしつけ

飼い猫にストレスを与えてませんか?その原因と対策とは

飼い猫にとってどんな事がストレスになるのか知っておく事は、飼い主さんにとっても飼われている猫にとっても大切な事です。どんなことがストレスになっているのかを知っていれば不必要に猫にストレスを与える事を避けられますし、猫のコンディションを良好に保つのにも役立ちます。
飼い主さんが何気なく行っている事の中で注意した方が良い点について挙げてみたいと思います。

猫のしつけスプレーは効果があるの?その実態とおすすめ商品猫のしつけ

猫のしつけスプレーは効果があるの?その実態とおすすめ商品

猫がいたずらをしたときには、猫のしつけスプレーが役に立ってくれます。いたずらをしたからって、猫を直接しかりつけたり、体罰を加えたりするのは御法度です。その代わりにしつけスプレーを使い、いけないことやってはならない事を教え込むのです。では、しつけスプレーはどのように効果があるのでしょうか?

正しくやってる?猫のエサの催促をしつける3つの方法猫のしつけ

正しくやってる?猫のエサの催促をしつける3つの方法

猫のご飯に関しての問題で、飼い主が頭を悩ませるのは猫が催促してくることになります。基本的に猫はお腹が空いた時には飼い主の状況がどうであろうと催促してきますので、寝ている時に起こされてしまう事がありますし勉強や料理の最中でも構わず鳴いたりします。
そして時には飼い主に飛び掛かったりなど危険を伴う行為をする猫もいますので、できればこのご飯の催促と言う物はさせないようにした方が良いとされています。ただその為には飼い主に努力や根気などが要求されますので、一日や二日でしつけられるような問題ではないと言えます。
しかし自分の健康や猫の安全を守る為にも必要な事になりますので、要点を押さえて効率的にしつけていくことが重要になります。

猫のしつけに必須のおすすめ商品グッズ5選猫のしつけ

猫のしつけに必須のおすすめ商品グッズ5選

ペットと暮らしているといつもいろいろな不思議や疑問にぶつかります。その中でも特に猫は、身軽で小さく、高い所や狭い所にもすいすい入ってしまう動物です。つめを立てていたずらをしたり、鋭い歯でかみついたりもできてしまいます。どうにからなないものか…と頭を抱えているペットオーナー様、たくさんいらっしゃることと思います。そこで、猫のしつけに必須のおすすめ商品グッズ5選をご紹介したいと思います。

厳しいばかりはNG!猫のしつけは上手く出来た時の「おやつ」の与え方が重要猫のしつけ

厳しいばかりはNG!猫のしつけは上手く出来た時の「おやつ」の与え方が重要

猫を飼っている方が頭を悩ませる事と言えば、それは猫のしつけになります。ただ、これはなかなか猫が覚えてくれない事が問題なのではなく飼い主側にも問題があると言うケースが見られます。ここでは、猫のしつけのアドバイスをお伝えしていきます。

芸をする猫になれるかも!猫に「お手」を覚えさせるしつけ方法まとめ猫のしつけ

芸をする猫になれるかも!猫に「お手」を覚えさせるしつけ方法まとめ

一般的に芸をするペットと言えば犬になりますが、実際には猫も芸を覚えることができます。ただ基本的に猫に芸を覚えさせるためにはいくつかの注意点やポイントを知っておく必要がありますので、犬よりもやや難しく猫は芸を覚えないと考える方が多くなります。
しかし逆に言えばこの注意点やポイントをしっかりと押さえておけば猫にお手などの芸を覚えさせる事は可能になりますし、全体的に見た場合に芸を覚えている猫は非常に少ないので飼い主としても鼻が高くなりますし一層可愛らしく感じるようになります。
なお、この芸を覚えさせるためのポイントは特に複雑なものでないので実践しやすいですし他のしつけにも応用できる方法になりますので知っておいて損はないとされています。