殴るのはだめ!猫のしつけは〇〇が一番重要!

殴るのはだめ!猫のしつけは〇〇が一番重要!

愛猫は飼い主様にとって大切な存在ですが、時には心を鬼にして叱らなくてはなりません。しかし猫をしつける時に殴るのは絶対にしてはいけません。ここでは猫を殴らずにしつける方法、しつける上でどのような心構えが大切なのか述べていきたいと思います。

猫のしつけで殴っては絶対だめ!その理由とは

猫のしつけで殴るのは絶対にしてはいけないことです。ではなぜ殴ってはいけないのか、以下に述べていきたいと思います。

猫との信頼関係を壊してしまう

猫をしつけで殴るのは、今まで築いてきた飼い主様との信頼関係を壊す原因となります。

猫は本来臆病な動物なので
殴られたことがストレスとなり食欲不振に陥ったり、ひどい場合には円形脱毛症になってしまう可能性もあります。

人間恐怖症になってしまう

猫は殴られた時の恐怖や痛みにより、猫と飼い主様の関係というより、人間そのものに恐怖心を持つようになります。

人間に与えられた食事や水に手を付けなくなり、人の姿を見ただけで隠れてしまうようになります。

食事や水を取らなければ脱水症状を起こす可能性もあり、命に関わります。

猫を殴らずに、しつける方法

では猫を殴らずにしつけるにはどうしたら良いのでしょうか?以下ではその方法について述べていきます。

とにかく根気強く言い聞かせる

猫のしつけにおいて一番大切なことは、根気強く何度も言い聞かせることです。そうすれば猫も徐々に学習し、してはいけないことを覚えていきます。

かなり根気のいる作業ですので、長い目で見てゆっくり進めていきましよう。

しつけ方に一貫性を持つ

飼い主様の機嫌により、昨日はこれはしても良い、しかし今日はしては駄目、というようにしつけに一貫性がないと、猫は混乱してしまいます。
また、まだ子猫だからと言って甘やかすのも良くありません。

しつけは子猫のうちに、一貫性を持ち同じことを繰り返すことで覚えさせていきましょう。

時にはごほうびをあげる

良い子でお留守番をしていてくれた時、言うことを聞いてくれた時など、「⚪⚪ちゃん、良い子だね」と言いながら猫用のおやつを与えるのも良いでしょう。

もちろん与えすぎは良くありませんが、言うことを聞けばおやつがもらえると猫なりに学習し、しつけにも役立ちます。

ほめることが、猫のしつけができる一番大切なこと

猫のしつけにおいて叱ることより大切なこと、それは猫を良くほめてあげることです。
ちょっとしたことでも言うことを聞いてくれた時には、「⚪⚪ちゃん、えらいね」と名前を呼びながら頭や身体をなてであげましょう。

飼い主様の優しい気持ちが猫に伝わり、喜ぶはずです。

猫のしつけはとにかく焦らず、何度も繰り返していくことが大切です。
猫にもそれぞれ個性があります。

ですので飼い主様もあまり焦らずほめることに重点をおいて、猫のしつけを進めていきましょう。

殴るのはだめ!猫のしつけは〇〇が一番重要!