猫のしつけ5つのポイント!これだけは知っておきたい!

猫もしつけが出来るの?これを読んでいる皆さんの中には、もしかしたらこう考える人もいるかもしれません。猫は犬と違って勝手気まま、ワガママな生き物。そう思っている方も多いでしょう。しかし、猫には猫に合ったしつけ方があります。もちろん犬とは違いますよ。ここでは猫の習性や考え方を知って、猫に上手にルールを覚えてもらいましょう。大事なのは猫の目線になることです。

猫もしつけが出来るの?これを読んでいる皆さんの中には、もしかしたらこう考える人もいるかもしれません。猫は犬と違って勝手気まま、ワガママな生き物。そう思っている方も多いでしょう。しかし、猫には猫に合ったしつけ方があります。もちろん犬とは違いますよ。ここでは猫の習性や考え方を知って、猫に上手にルールを覚えてもらいましょう。大事なのは猫の目線になることです。

猫をしつける前に理解してますか?

猫をしつける前に理解してますか?
自由気ままなと思われがちな猫ですが、実は繊細なハートの持ち主でもあります。しかも結構頑固です。猫には猫の確固たるルールが存在しています。まずは飼い主側がそのルールを理解しないといけません。

トイレ、食事、寝る場所は綺麗で静かなところを・・・

汚いは論外ですが、うるさい場所も嫌いなのです。落ち着けない、汚いトイレは使わないし、心が落ち着かず、ストレスが溜まった猫は嫌がらせに家具をガリガリ・・・なんて可能性も大いにあります。

猫が触って欲しい時だけ触る

さこれが猫が自由気ままだと言われる所以ですね。さっきまで見向きもしなかったくせに急に甘えてきたり、かと思えば噛み付いてきたり・・大切なのは、とにかく猫から出されるお触りサインを見逃さないこと!構われすぎるのも、構われないのも猫は嫌なんです。

これらが繊細な猫の心を満たす大切なポイントです。満たされない猫のストレスはたまり続け、問題行動に発展します。

猫ってしつけいらないんじゃないの?

「猫はしつけがいらない。」と思っている方も多いようです。確かに、猫も犬もいる生活をしている経験からいっても、犬に比べると「しつけらしいこと」はしていません。トイレも勝手に覚えていたし、爪とぎを置いておけばきちんとそこで爪を研いでました。ただし、全く何もしていないわけではありません。人間と猫、異なる種族が一緒に生活する以上、「やってはダメなこと」が存在します。それを猫に覚えてもらうことが、猫に対するしつけですね。もちろん逆もあります。「猫ルールを人間がきちんと理解する。」これも猫との同棲生活には欠かせません。この2つのバランスを保つことが、快適なニャンニャンライフを送るため基本ではないでしょうか?

猫のしつけ5つのポイント

猫は人間のルールがわからない

「なんでこんなこともわからないの!?」猫と一緒に暮らすと、そう思う場面が多々出てくるかもしれません。迷惑だからと何度叱ってもなかなか覚えてくれない。このままじゃ手を上げるしかないのか…。いいえ違います。猫は犬に負けず劣らず知能の高い生き物ですが、そもそもは単独で暮らしていました。そのため、「誰かに合わせて行動する」という概念がないのです。これは人間や犬と猫の大きな違いです。なので、叱っても叩いても、怖がるだけで肝心なことは学んでくれません。なので、必要なことは猫の価値観に合わせて対処しましょう。

噛み癖がある時のしつけ方

猫が噛んで痛い!こんな時、まずは噛まれた瞬間に大声を出しましょう。これは痛いから嫌なことだよ、と動物にわかる形で伝えるのです。実は猫の間でも、噛まれて痛い場合はギャーッ!と大声を出します。これは「やめて!」という合図。猫にもある概念なので、きっと伝わるでしょう。
それで駄目なら鼻先を指ではじく等、驚かせてみましょう。猫の鼻先はとても敏感なので、噛んだら嫌なことが起きた!と状況を学習します。どのしつけにも通じますが、叱るではなく、猫に通じる「嫌な事」をする。これで猫の頭に働きかけていくのが大事です。
ちなみに、幼少期に手をひらひらさせてあやすと、それを「噛んでいいもの」と誤認するので注意して下さい。

家具や壁で爪とぎを止めさせるしつけ方

次に爪とぎ。家具や壁をぼろぼろにされたくないですよね。この場合、猫に爪とぎはどうしても必要なものなので、別の場所にしてもらえるよう、代替品を用意してそちらに誘導しましょう。まずはどこが好きか。そしてどんなスタイルで爪をとぐのが好きなのか。よく観察して、猫が気に入りそうな爪とぎを用意してあげましょう。縦置きが好きだったり地面に向かってするのが好きだったり、好む素材もまちまちなのでよく見極めてあげて下さい。
そして、爪とぎをされたくない場所にはしつけ用スプレーなどで対処を。嫌な臭いで穏便に猫を遠ざけてあげましょう。

遊んでほしい、餌をくれなどのおねだり攻撃のしつけ方

猫はとかくワガママな生き物です。そこが可愛いのですけど…。最後は可愛くてつい抗えない、おねだり攻撃についてです。
猫は人間と違い、我慢という概念がないので快楽を追及したがる生き物です。美味しい餌やおやつをもらったら何度でも欲しがるし、かまってもらって心地よければそれまた何度もねだります。しかし可愛いからと言って、なんでも言うことを聞いてはいけません。カロリーの摂りすぎは不健康に繋がりますし、いつも猫の要求を聞いているとワガママが加速してしまいます。大事なのは、ほどよく言うことを聞いてあげること。おやつや遊びは時間と回数を決め、それ以外は断固拒否の姿勢を取りましょう。
猫には「要求鳴き」というものがあります。可愛く、あるいは何度も鳴いて人間をコントロールしようとしますが、不必要ならば完全無視をすることで学習してもらいましょう。

猫に優しく接しよう

いかがでしたか。猫の目線、価値観がわかってきたでしょうか。猫に体罰は通じません。代わりに、濡れるのを嫌がる習性を生かして水をスプレーで吹きかけたり、しつけスプレーを使ったり、色々工夫してあげましょう。また、何かあった時後から叱るのは効果がありません。何に怒られているかわからないからです。してはいけないことをした時は、直後にやめさせましょう。
もちろんなかなかわかってくれない猫に、腹が立つこともあるかもしれません。しかし、怒りに任せて尻尾を強く引っ張ったりするのはやめましょう。猫の尻尾は神経がたくさん通っているだけでなく、内臓と一直線に繋がっている猫の急所です。これを傷つけられると神経系に支障をきたしたり、身体を悪くする恐れがあるので注意です。

猫はしつけるのではなく、導くのである!

猫はしつけるのではなく、導くのである!

猫は怒ったところで、犬以上に無意味です。「また怒鳴ってる・・・この人うるさい。怖い。嫌い。」そう思われるのが関の山です。大切なことは、やってほしくない行動を防ぐために、事前策を講じておくことです。
家具で爪を研ぐのなら、猫が嫌がる匂いのスプレーを家具に吹きかける、またたびの匂いたっぷりの爪とぎを用意しておく。
トイレを失敗するのなら、トイレの場所や砂を変えてみる。失敗する場所にはスプレーをかける。
はいられたくない場所があるのならば、そこには絶対は入れないようドアを常に閉める、バリケードを作る。
猫に「教える」ということはなかなか難しいようです。そんなことをするよりも、出来ない・しないような環境を徐々に作り上げていくほうがはるかに楽です。「なぜかわからないけど怒ってる。」と思っている猫にとっても、ありがたいのではないでしょうか。さらに付け加えると、自分の事前策がドンピシャではまった時の快感は、何とも言えないものがありますよ。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA