猫の無駄鳴きを減らしたい!そのための3つのしつけポイント猫のしつけ

猫の無駄鳴きを減らしたい!そのための3つのしつけポイント

猫が鳴く理由は本当に様々ですが、その主な原因は、飼い主や他の猫とのコミュニケーションを図ろうとしているというところにあります。家族に会えて嬉しかったり、気を引きたかったり、えさを求めていたり、外出したかったり家の中に入りたかったり、健康上の問題を訴えていたり、発情期に伴侶を求めて鳴いたりするのです。機嫌が良かったり、必要な時に必要な声量で鳴くことはなにも問題にはなりませんし、むしろ愛情を示して鳴く分には飼い主としては喜ぶべき事でしょう。問題なのは、医療上の問題を抱えている時・気を引きたい時・不満がたまっている時に鳴くことの三点です。それでは、猫の無駄鳴きを減らすにはどのようにすればよいでしょうか。

気を付けてます?猫のマウンティングの理由としつけ対策猫のしつけ

気を付けてます?猫のマウンティングの理由としつけ対策

マウンティング行為というのは基本的に猫の本能に従った自然な行為です。ですが、「ここは俺の縄張りだぞ!」と主張する時に行われたり、去勢済みの猫であっても脳から分泌されるホルモンによってマウンティング行為に駆られてしまったりすることがあります。このマウンティング行為はなぜ行われるのか、マウンティングをやめさせるべきなのか、猫のマウンティングについてご紹介します

猫が問題行動を起こす原因とそのしつけ対策とは猫のしつけ

猫が問題行動を起こす原因とそのしつけ対策とは

猫が起こす問題行動の代表的な例とその原因、それに対するしつけ対策について記していきます。
例えば、猫同士で喧嘩をする、人間を攻撃してくる、ところかまわず爪研ぎをして家中ぼろぼろにしてしまう、何度しつけてもトイレ以外の場所で排泄してしまう、鳴き声がすごい、などです。これらの問題行動の原因は様々で、縄張り争いが原因だったり、適切に遊んであげない/あげなかったことが原因だったり、はたまた病気が原因だったり去勢していないことが原因だったりします。ここでは猫同士の喧嘩・人間への攻撃行動・トイレの問題を例に挙げ、原因を理解し、どうしたら人間と猫が平和的に暮らしていけるかを考えていきましょう。

水遊び癖ありませんか?止めさせたい猫の水遊び癖への3つのしつけ対策猫のしつけ

水遊び癖ありませんか?止めさせたい猫の水遊び癖への3つのしつけ対策

好奇心が旺盛でとってもいたずら好きな猫ちゃん達。でも、器用な猫ちゃんが時に飼い主さんが困るいたずらをしてしまう時があり、頭を抱えてしまいますよね。
猫はかしこいので実にいろいろないたずらをして飼い主さんの気を引こうとしますが、その中でも特に水遊びは家の中でやられてしまうと大変ですよね!
わざと飼い主さんにかけてたり、手をつっこんだり、手足やしっぽをビショビショにしたまま家中を駆け回ったり…では、猫ちゃんの水でのいたずらをやめさせるにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

わがまま猫にも「待て」をしつける3つのポイント猫のしつけ

わがまま猫にも「待て」をしつける3つのポイント

わがままな猫ちゃんでも、犬のように「待て」を躾けることは可能です。
ですが、その道は決して簡単ではありません。いわば、猫ちゃんと飼い主さんとの根競べこそ、「待て」の真髄とも言えます。
「うちの子は年を取っているから今更躾けてもきっと覚えないだろうな……」と諦めるのは早いです!
猫も人間も年を取ってからでも新しいことを学ぶことはできます。
ただ、それができるまでの時間が長いか遅いかというだけの話です。
今回は、ご飯を欲しがるわがまま猫ちゃんにどうすれば「待て」を躾けられるのかを、3つのポイントに分けて解説したいと思います

猫がマーキング習性でおしっこをする原因と対策猫の小ネタ

猫がマーキング習性でおしっこをする原因と対策

猫がおしっこや顔を擦り付けるのは、マーキングという習性が強く影響しています。
元々野生動物だった猫には、自分の縄張りや所有権を臭いで主張するマーキングという行動が今も残っています。顔をすり寄せてくる程度ならばまだ可愛いものですが、マーキング行動の中でも「スプレー」と呼ばれるおしっこをかける方法は、臭いも強く室内も汚れてしまい大変厄介です。
特に室内で行われると少々厄介ですよね。
しかし猫も好きでやっているわけではなく本能で行ってしまうので、何も対処をしなければ何度もスプレー行動をしてしまいます。
そのスプレーをやめさせる方法はどんなものがあるのでしょうか。