猫の多頭飼いメリットとデメリットを教えて

猫の多頭飼いメリットとデメリットを教えて

猫の多頭飼い

家族の一員であるペットとして猫を飼いたい人は多いと思いますが、猫を迎えるのに1匹がいいのか、それとも複数迎えるべきか、悩む方も多いのではないでしょうか?また、すでに猫を飼っていて、そこに他の猫を迎えようと考えていらっしゃる方もいるのではないかと思います。猫の複数飼う事は、飼い主にとっても猫にとってもにぎやかで楽しそうですが、果たして多頭飼いのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?猫達が楽しく暮らしていく為に、それぞれの観点からよく考えてみましょう。

多頭飼いがもたらすメリット

猫の多頭飼いにはいったいどんなメリットがあるでしょうか?まず1つめに言えるのは、猫が寂しくなく共同生活が送れることです。例えば飼い主さんが家を留守にする場合も、猫達は一緒に留守番ができるので、帰りがいつになるのだろうと待ちながら心細い思いをしなくて済みます。また、それぞれの猫にとって他の猫は恰好の遊び相手になりますので、室内だけで飼う場合も退屈することなく、元気に楽しく過ごすことができます。家の中でもじゃれあって走り回るので運動不足も解消されますし、猫のストレスも軽減できます。また、猫同士の中で社会ができますので、どのぐらい噛んだら相手が痛いかなどの加減を覚えるきっかけにもなりますし、年齢が違う猫同士であれば年上の猫が年下の猫のお手本になったり、面倒をみてあげたりと、猫の社会性が身につくことも多頭飼いのメリットであると言えるでしょう。

多頭飼いがもたらすデメリット

では、猫の多頭飼いがもたらすデメリットとはどんなものがあるでしょうか?まず、飼い主さんの住環境や経済状況にもよりますが、猫が複数いるということはそれだけ住まいにスペースが必要で、猫を飼うための費用がかかります。エサ代やトイレの砂などの消耗品にはもちろんお金がかかりますが、それ以外にも病気がちだったり体の弱い猫だと、病院代や薬代がかかる場合もあります。また、室内だけで飼う場合は、猫が元気に走りまわれるだけのスペースが必要になりますし、ペットタワーなどの寝場所の確保やトイレの複数設置等に費用がかさむ場合もあります。他には、やはり猫が増える分いたずらの数も増え、部屋をきれいに維持することがなかなかできなくなること、猫同士でのけんかが頻発する可能性があると言う事も飼い主さんにとってはデメリットではないでしょうか。

多頭飼いをする前にこれだけはよく考えて

多頭飼いをする際のメリットとデメリットについて述べてきましたが、他にも多頭飼いをする前には、考えなくてはいけないことがいくつかあります。例えば既に飼っている猫のところに新しい猫を迎える場合、または違う種類の猫を複数飼い始める場合、猫同士の相性はどうでしょうか。多頭飼いをする時には、猫同士がうまくいくかどうかがとても大切です。例を挙げると、若い猫と高齢猫、雄同士などはお互いの行動にストレスを感じたり、ケンカをしたりする可能性があるものもいます。また、お互いが子猫の時から飼い始めた方が慣れやすいという場合もあります。個々の猫の性格や性質をよく見極めてからパートナーを探すようにしましょう。また、多頭飼いをするということはそれだけ経済面で飼い主に負担がかかります。また、異性同士の猫の場合は、今後それ以上猫を増やしたくない場合には早い段階で避妊・去勢手術について検討しなくてはなりません。猫は一度飼い始めたら10数年は生きることが多い動物です。かわいそうな猫を増やさない為にも、それぞれの猫を最後まで責任を持って飼い続けていけるのかどうか、よく考えてから猫達を迎えるようにしましょう。

猫の多頭飼いで喧嘩する理由とその対策

猫の多頭飼いメリットとデメリットを教えて