猫の多頭飼いで喧嘩する理由とその対策

猫の多頭飼いで喧嘩する理由とその対策

猫を飼う時に、一匹では何だかかわいそうだから一緒に暮らせる猫がいたらいい、と思ったことはありませんか?お出かけや仕事で留守の時、共にふれあえる仲間がいることは猫にとっても安心できるでしょうし、格好の遊び相手になります。しかしながらそんな時、考えてしまうのは猫同士の相性です。猫は1頭で飼う方がよいのか、複数飼った方が幸せなのか…あなたの住環境や猫の個性、いずれ猫の家族が欲しいかなど、いろいろな点を見極めながら考えていくと良いと思います。生活環境は猫の住環境にとってもとても大事なことですので、そのなかでも最も大事になるポイントを3つに絞ってアドバイスしたいと思います。

猫の多頭飼い

猫を飼う時に、一匹では何だかかわいそうだから一緒に暮らせる猫がいたらいい、と思ったことはありませんか?お出かけや仕事で留守の時、共にふれあえる仲間がいることは猫にとっても安心できるでしょうし、格好の遊び相手になります。何より、お留守番がさみしくなくなりますよね。しかしながらそんな時、考えてしまうのは猫同士の相性です。相性が悪いとケンカばかりしたり、お互いの存在によってストレスをためてしまうようでは心配になりますね。猫は1頭で飼う方がよいのか、複数飼った方が幸せなのか…あなたの住環境や猫の個性、いずれ猫の家族が欲しいかなど、いろいろな点を見極めながら考えていくと良いと思います。生活環境は猫の住環境にとってもとても大事なことですので、そのなかでも最も大事になるポイントを3つに絞ってアドバイスしたいと思います。

猫の多頭飼いメリットとデメリットを教えて

それぞれの猫の性格を見極めよう

新しい猫を迎える時、一番問題になるのは、先に済んでいる猫の性格がどんなタイプかです。始めから多頭飼いを一緒に始めるのであれば問題は少ないでしょうが、先に住んでいる猫がいてそこに新しい猫を迎える場合はトラブルが多いものです。いろいろな性格の人間がいるように、さまざまな性格を持った猫がいますので、まずはそれを見極めることが大切です。新しい猫を迎える前提として、猫自身が「他の猫が好きかどうか」がとても大切になります。猫見知りの猫や、嫉妬深い猫だと、多頭飼いはお互いにとって大きなストレスになってしまうからです。前からいる猫自体が新しく仲間入りした猫に対してやきもちを焼いて、飼い主さんを横取りされたような気分になることもあります。しばらくは他の猫をからかったり、いじめて追いつめてみたり、飼い主の気を引くために家具をかじったり変な場所に粗相をしたり…などのトラブルを起こすかも知れません。また、おとなしい猫だと、他の猫が来ることによって自分の居場所がなくなったような気分になり、ストレスを溜めてハゲたり病気になったりする猫もいるのです。お互いが人懐っこく、猫見知りをしない猫であることが多頭飼いを成功に導く一番のポイントです。

猫にも先輩・後輩がある

猫の習性として、先に餌を食べられるなど、優先的なパワーを持つのはやはり先に住んでいる猫になります。猫にもプライドがあり、先に飼い主さんと仲良くなっていて、その生活環境をよく知っている方に優先権があるわけです。ですので飼い主の私達も先に住んでいた猫を優先し、新しい猫を2番手として対応するほうがうまくいきますよ。例えば、えさをあげるのは先からいる猫からにします。名前を呼んだりするのも先にしましょう。上にのぼってきたり、甘えたりするときはやはり先からいる猫を優先に可愛がります。これは先からいる猫の赤ちゃん返りのようなものなので、根気よく付き合ってあげてくださいね。そのうちお互いに先輩・後輩のような序列ができて、うまくまわっていくようになりますよ。また、初めて猫同士を対面させる時は、新人の猫をケージに入れてしばらく様子を見ましょう。はじめはうなったりしますが、じきに安全な相手だと思うと慣れていきます。また、猫はお互いのニオイで相手を認識するので、においを徐々に混ぜていくことも大切です。お互いが使ったものやおしっこなどのにおいをさりげなくもう片方の居場所に置いたりしていくと、だんだん仲良くなれますよ。

なるべく多頭飼いは同時にはじめましょう

これから多頭飼いをしたいという方は、ぜひ最初から猫を一緒に迎えることをおすすめします。飼うのを一緒に始めれば、猫どうしの優先権争いも起きないですし、環境の変化によるストレスも少なくなります。また、同じ住環境にいっしょに長く暮らしていくことによって、猫同士の絆もうまれます。留守番なども難なく、寂しくなくできるのでメリットも大きいですよ。また、複数の猫を一緒に飼うとしても、必ずそれぞれの猫のプライベートスペースは作ってあげて下さいね。個々の猫が落ち着ける場所があることは、多頭飼いでも絶対必須です。できるだけそれぞれの猫を離した場所で、高い所や暗い所、狭い所などそれぞれの猫が好む場所にゲージやクッション、箱などを置いてあげてください。また、カーテンやひものついたものなどは極力部屋には置かない様にしましょう。猫同士が遊びだして興奮すると、こういったものに飛びついていたずらする可能性があります。危険が及びそうなものはあらかじめ片づけて、それぞれの猫のつめはしっかり綺麗に切っておくことをお勧めします。

猫の多頭飼いで喧嘩する理由とその対策