暴れる猫を押さえつけてはいけない理由を知っていますか?

暴れる猫を押さえつけてはいけない理由を知っていますか?

例えば飼っている猫がいたずらをした場合などには怒る事が一般的になっていますが、この時に猫が暴れだす事があります。この場合は人間から見ればしつけをしようとしているのに反抗されたと感じますので、中には猫を無理やりに押さえつけてしまう方がいらっしゃいます。
しかしこの暴れる猫を押さえつけると言う行為は危険だとされていて、主に三つの理由から避けた方が良い方法になっています。その三つの理由とは猫の安全も含まれていますし、飼い主の身を守ると言う意味も持っています。
したがって可愛い愛猫とこれからも仲良く、そして楽しく暮らしていくためにも暴れている時に無理やり押さえつけてしまう事はやめたほうが良いと言えます。

例えば飼っている猫がいたずらをした場合などには怒る事が一般的になっていますが、この時に猫が暴れだす事があります。この場合は人間から見ればしつけをしようとしているのに反抗されたと感じますので、中には猫を無理やりに押さえつけてしまう方がいらっしゃいます。
しかしこの暴れる猫を押さえつけると言う行為は危険だとされていて、主に三つの理由から避けた方が良い方法になっています。その三つの理由とは猫の安全も含まれていますし、飼い主の身を守ると言う意味も持っています。
したがって可愛い愛猫とこれからも仲良く、そして楽しく暮らしていくためにも暴れている時に無理やり押さえつけてしまう事はやめたほうが良いと言えます。

猫が飼い主に不信感を持ってしまう

これは人間もそうなのですが、押さえつけると言う行為は力関係が如実に表れる行為になります。
特に暴れている状態と言うのは猫も何らかの不満などがあっての行動になりますので、それを押さえつける事は猫の行動を力づくで抑え込む事になります。そうなってしまうと猫は飼い主に不信感を抱くようになり、さらに言う事を聞かなくなったり場合によっては敵対心を露にするようになってしまいます。
また、基本的には猫は人間の言葉を理解できませんのでこの時に大声で怒ったりすると不信感はさらに強まります。通常猫を押さえつけようとする時はしつけをする場合か投薬や爪切りなど猫の為を思ってになります。
なので、しつけの場合に限って言えば押さえつける行為は逆効果になってしまう可能性が高くなります。なお、投薬などの場合は無理やりでもやった方が良いのですが、これは頻度が少ない事が大丈夫とされている理由になっています。

猫が怪我をしてしまう可能性がある

次に押さえつけてはいけない理由として挙げられるものは、人間が押さえつけた時に猫が何らかの怪我をしてしまう可能性になります。この場合はいくら手加減しようと意識していても怒っている時にはつい力が入ってしまいますので、飼い主の意思とは別に思わぬ怪我をする事があるとされています。
例えば無理やり押さえつけようとして前足などを引っ張った時には脱臼や骨折の可能性が出てきますし、そうでなくても捻挫などをしてしまう事があります。また押さえつける場合には床などに押し付ける形になる事が多いのですが、この時には首や顎などに大きな負担がかかります。
したがって場合にはよっては頸椎の損傷やエサが食べにくくなってしまうなど今後の生活に関わるような大きな怪我をする可能性が高くなります。なので、この様な不測の事態を避けると言う意味でも押さえつける事は危険性が高いので避けるべきだとされています。

飼い主が怪我をする可能性もあります

最後に猫ではなく飼い主が怪我をする可能性も十分に考えられます。特に暴れている猫は見境がつかない状態にありますので、押さえつけようとした手にみついたりひっかいたりする事があります。
また、押さえつけようとした猫と顔の距離が近かった場合には目や耳などにダメージを負ってしまう可能性が出てきます。この場合は単なる怪我なら良いのですが、失明したり難聴になったりなど重大な被害を受けてしまう事があります。
なので自分の身を守る為にも押さえつける事は避け、どうしても行う必要があるのならば顔を近づけないようにしておく必要があります。
なお、家の中だけではなく外に出すことがある猫の場合はできる限り厚めの手袋なども必要になります。これは押さえつけた時にひっかかれた場所や噛まれた場所から雑菌などが入り込み、何らかの病気を引き起こす可能性を最小限にするという意味を持っています。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


暴れる猫を押さえつけてはいけない理由を知っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA