シャム猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

シャム猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

スラットしたスタイルに透き通ったブルーアイに白い毛並み、高貴な印象を持ち合わせた優雅にして魅力があふれています。歴史の古い猫なのです。ここでは、シャムネコについてご紹介していきます。

シャム猫の特徴

スラットしたスタイルに透き通ったブルーアイに白い毛並み、高貴な印象を持ち合わせた優雅にして魅力があふれています。歴史の古い猫なのです。シャム猫は原産地は、タイ王国で平均体高は25〜27cm、オス猫の平均体重は3.2〜4kg、メス猫の平均体重は2.2〜3.6kgです。シャムとは現在のタイのことで国外に出ることのなかったために、タイの猫はシャム猫と呼ばれるようになったのです。シャム猫の平均寿命は10〜13年と言われています。一般的には15年生きるのですが猫の中では短めと言われています。オリエンタルタイプで筋肉質ながらも全体的にほっそりしていて直線的で、体は細身で円筒状になっています。v字型の顔で細く長いと尻尾が特徴的なのです。また前足よりも後ろ足が長いのです。シャム猫は短毛種になります。クロースライイングと呼ばれり被毛はとても細かくて光沢があります。体にそって密生しています。手触りが滑らかでシルクのようになっているのです。体の色が白、またはクリームで顔や耳、足、尻尾でチョコレートやライラック、シールやブルーのポインが入ります。子猫の時はポインがないのですが、生後一カ月を境に徐々にポインがはいるようになります。様々なポインがあります。なぜかというとこれはシャム猫による遺伝なのです。シャム猫にはサイアミーズ遺伝子というものがあり、この遺伝子が揃うと色素の表現が抑えられ色が真っ白になります。ただしサイアミーズ遺伝子はは体温の低い所では抑えられて、色は白くなりません。そのためシャム猫は、体温が高いところが真っ白で、体温の低いところは白くないのです。このサイアミーズ遺伝子は、父親、母親がともにシャム猫じゃないと受け継がれりことはありませんので純絜なシャム猫のみ出るものなのです。目はサファイアブルーで、中くらいのサイズになりアーモンドのような形をしています。クールなイメージとは反してよく動き回り、運動量も全ての猫の中でも上位にはいるほどよく動き回る猫なのです。また非常に高い繁殖力を持っているのです。

シャム猫の性格

シャム猫はワガママな性格になります。シャム猫に限らず純血種の猫の代表各の特徴でもありますがワガママで激しい意自己顕示欲を時々見せてくる場合があるのです。人間に対してもとても社交的で1人の人に密着することも多いのです。自分から人にかかわらろうとしていく性格で、抱きしめらろたり肩に乗ったりするのも大好きなのです。とても賢く人を見てなついたりもするし、心を許した相手には忠実心を見せるほどの気高さもあります。とても好奇心旺盛で甘えん坊な性格になります。知らない人が来た時にはしばらく様子を見て大丈夫だと思えば大胆に遊んでアピールするほど積極的になります。1人で遊ぶよりもおもちゃを投げてもらったり、猫じゃらしなどで人間と遊ぶのが好きなのです。愛情深い一面があり独占欲が強いため他の人が飼い主さんに近よったりすると許さないなどと思ってしまい、多頭飼いにすると他の猫とトラブルになってしまうケースもあります。また人間の子供の赤ちゃんですら、飼い主さんを取られてしまうのが嫌と、赤ちゃんに嫉妬して攻撃してしまうということもあるようです。ものすごい嫉妬をする性格もあるようです。感情の表現が比較的にストレートなのはオス猫で、シャム猫のイメージにある気高さは、メス猫にあります。シャム猫のメスは、繁殖時期は神経質になりやすく、頻繁に鳴くのです。またシャム猫はとても賢いため他の猫よりも、何をやらしても覚えたりするのも早いようです。

シャム猫の飼い方のコツ

シャム猫は基本的には気難しいところがあるのであまり多頭飼に向いていないのです。ただし頭が良い猫であるため、しつけもしやすいので他の猫を飼っていなけれだ、初心者の人でも飼いやすい猫なのです。シャム猫を飼うのであれば、シャム猫はかまうのが好きなので遊んであげるようにしましょう。猫は犬と違いあまり遊んであげたりしなくても良いと思われがちですが、犬っぽい性格をしている一面もあるので、おもちゃなどを使って遊んであげて相手をするようにしましょう。ほめて育てるのではなく、好きなものを与えるようにしましょう。猫は犬と違い、ほめられたとしてもあまり喜びません。ですから正しい行動をした時には猫が好きなものを与えるほうが、しつけの近道になります。遊ぶことが好きなシャム猫には、ご褒美にボールを投げたりすると喜んでくれたりするのです。猫は犬とは違い、猫のしつけは犬よりも時間がかかります。それをふまえた上でしつけをするようにしましょう。猫が産まれてから生後2〜7週間の間にハンドリングを行うとよいです。4人以上の人が1日に1時間程度触れ合いをもつと、より人懐っこい性格になります。

他の猫種の特徴や性格、飼い方のコツを見る

シャム猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!