スコティッシュフォールドのオス、メスの違いとは?

スコティッシュフォールドのオス、メスの違いとは?

スコティッシュフォールドは愛らしい顔立ちに、コロンとした体格が特徴です。性格は穏やかで愛嬌たっぷりと言われていますが、オスとメスは性格が違うのでしょうか?飼い主になるには、オスとメスのどちらが向いているのかポイントをまとめてみました。

スコティッシュフォールドのオス、メスはどう違う?

スコティッシュフォールドのオス、メスのどちらも性格は穏やかで性格は陽気でマイペース、愛嬌のある子が多いと言われています。

オスはメスに比べて甘えん坊で「かまってちゃん」なので、かまってくれないといたずらをする事もあります。

留守番中にいたずらをするという事もあるので、いたずらはかまってほしいサインです。サインを見逃さず、スキンシップをとって遊んであげて下さい。

オスは成猫になっても子供っぽい面を持っていますが、喜怒哀楽がはっきりしていてメスに比べて活発で、やんちゃです。

スコティッシュフォールドのメスは甘えん坊ですが、いわゆる「ツンデレ姫」です。かまってほしくない時はツンとおすましをして甘えたい時はスリスリと寄ってくるそのギャップがかわいい猫です。

メスはのんびりしていてマイペースな性格です。喜怒哀楽は少なく穏やかで、ひとり遊びも上手で、
手先が器用です。おもちゃもなくしません。隙間に入る手前で器用に遊びます。

手先が器用な分、閉まってある物を引っ張りだしてくるという一面もありますので注意が必要です。メスはおとなしいからと放置しているとストレスをため込んでしまうので適度にかまってあげて下さい。

オスとメスとの違いは、簡単に言えばオスは犬のような性格、メスは猫本来の性格を持つ猫です。
活動的でやんちゃな猫がお好みの方は、オスをお勧めします。

その反面、甘えん坊でかまってくれないとすねてしまう犬っぽい性格を持ち合わせた猫なので、お世話するのが好きな方向きでしょう。

猫のご機嫌に左右されない方は、メスをお勧めします。「ツンデレ」は猫の特権のような性格です。
かまってほしい時だけ甘えてくる猫がお好みの方向きでしょう。

オスもメスもその愛くるしい顔と人なつっこい性格、どちらもかわいいので迷ってしまうと思います。
スコティッシュフォールドのオスとメスとの相性は良いので、兄妹、姉弟の多頭飼いも楽しいのではないでしょうか。

スコティッシュフォールドのオス、メスで去勢に関して違う点とは?

スコティッシュフォールドの去勢をしたオスは成猫になっても甘えん坊のまま、去勢をしたから性格が一変することはないようです。

オスは攻撃性が緩和されるので、オシッコのスプレ行動やマーキングの問題行動はなくなることが多いようです。

個体によりますが、成長するにつれて子供っぽさはなくなり、少々頑固でマイペースな性格になるようですが、やんちゃで甘えん坊は変わらないようです。

メスは、避妊手術後もとくに変化はなく、穏やかな性格のままです。成猫になると、おもちゃで遊ばなくなる子もいるようですが、落ち着いてマイペースになります。

スコティッシュフォールドのオスの特徴、飼う時のポイントとは?

スコティッシュフォールドのオスの特徴である体型は、丸みのあるフォルムで、とくに頬はふっくらしています。オスの平均体重は、約3~6kgです。

去勢後はホルモンバランスで肥満になってしまう場合もあるので体重管理はしっかりしましょう。甘えるのが得意なので、ついつい負けてしまってキャットフードの与え過ぎにならないよう注意が必要です。

去勢していない場合は、マーキングをする習性があります。マーキングの尿は非常に臭いので、猫を増やさないのであれば去勢手術をお勧めします。

長く愛猫と共に暮らしたいなら、病気のリスクも減るので猫の為にも去勢手術を考えて下さい。

発情期は脱走する事もあります。外は危険がいっぱいです。病気の感染や、交通事故に合わない為にも去勢をしたほうがいいでしょう。

好奇心旺盛の猫ですので、去勢したからといって安心ではありません。脱走防止の柵やネットなど、玄関先、ベランダ、窓に設置する対策も必要です。

スコティッシュフォールドのメスの特徴、飼う時のポイントとは?

スコティッシュフォールドのメスの特徴は、オスよりも若干小さいぐらいです。オス、メスの違いは体の大きさぐらいで、大差はありません。メスの平均体重は約2.5~5㎏です。

メスはオスよりもマイペースで自立心が強いので、飼い主さんに甘える事は少ないのですが、その分、ストレスがたまりやすい性格でもあるようです。

放置していると心身にダメージを受けやすいのでコミュニケーションをとり、適度に遊んであげましょう。

避妊していない場合は、発情期に大きい声で鳴きます。メスも、オスと同じように発情期に脱走する場合があります。

メスの場合は、脱走して妊娠の可能性がありますので、猫を増やさないのであれば、病気のリスクを低くするためにも避妊手術をお勧めします。

外は危険が一杯ですので、避妊手術をしてもオス同様、脱走防止対策は必要です。

スコティッシュフォールドを飼う時の注意点

スコティッシュフォールドはマイペースですが、甘え好きで初めての人や子供とも相性がよく、鳴き声は小さいので、飼いやすいタイプの猫です。

賢くて、好奇心旺盛、遊び好きで家族と一緒にいるのが好きな猫ですので、一人暮らしの方は淋しい思いをさせてしまうので家族がいる方向きではないでしょうか。

完全室内飼いで飼いましょう。マイクロチップの装着もお勧めです。
地震や災害で迷子なった場合、保健所や動物病院で保護された場合は、マイクロチップの登録よって連絡を受ける事ができます。

スコティッシュフォールドは、オスもメスも甘えん坊なので、スキンシップをとってかまってあげましょう。短毛種・長毛種がいますが、ブラッシング、コーミングは欠かさず週2,3回は行いましょう。

ブラッシングやコーミングはマッサージ効果があり血流もよくなりますし、コミュニケーションがはかれます。

耳は折れて汚れが溜まりやすいので、まめに耳掃除をして下さい。自分で、できない場合は動物病院で獣医師に相談しましょう。

スコティッシュフォールドの特徴は「スコ座り」と命名される座り方です。後ろ足を広げて腰を床につけたような座り方で、開脚運動みたいな座り方です。

スコティッシュフォールドは先天的に足の軟骨が固まって足を曲げられないことがあり、このような座り方をすることから「スコ座り」といわれるようになりました。

自分の身体を痛みから守るために、負担の少ない座り方をしている場合があります。
ネット画像やインスタグラムでのスコ座りはかわいく見えてもこのような理由があるのです。

スコティッシュフォールドの先天的な病気について

スコティッシュフォールドは、先天的に骨格や関節に障害が出る場合があります。
全部の猫に障害が出るわけではありません。

遺伝性骨形成異常症という病気で、生後3ヵ月~2年くらいの間に発症する事が多く、骨や軟骨の異常が原因で、骨の変形や軟骨がコブみたいになります。

成長期を過ぎれば骨の変形は止まりますが、元に戻る事がないそうです。成長期には、定期的に受診することをお勧めします。歩行困難になったり、痛みが一生とれない場合もあるようです。

早期発見・早期治療で痛みを和らげることもできます。

ペットショップで迎える場合は、この病気についての説明はないと思いますので、その子の親猫の病歴などを確認しましょう。また、ブリーダーから迎える場合は、説明を求めましょう。

病気でなくても、高さのあるキャットタワーは、足の関節の負担になるので、天井まである高い物は選ばす、段差があるものや、階段を設置するなどの配慮が必要です。

窓にはキャットステップ台を設置するなど、高い所にいきなり登れないように工夫をしましょう。

オスはやんちゃで、高い所に登りたがるので、足の負担にならないようにしてあげましょう。

フードを食べる姿勢も首に負担がかかるので、10cm程の高さの台で食べさせれば嘔吐もなくなると言われています。床に時下に置くとホコリやゴミが入りやすいですが、高さがあれば軽減できます。
ほんのちょっとした事で猫が快適に過ごせます。

愛猫に長生きしてもらう為には?

スコティッシュフォールドに限らず、猫には病気のリスクがあります。シニアになれば病気のリスクも高くなります。猫種に関係なく若い猫、老猫に、多い尿路結石、膀胱炎、シニアになると腎不全になる猫も多いです。

また季節の変わり目に、体調を崩し尿の病気になる子もいますので、温度差が激しい季節の変わり目は注意して見てあげましょう。普段と様子が違ったりおかしいなと思ったら様子見はせず、動物病院へ連れて行って下さい。

尿路結石の原因は不明とされていますが、ストレスや肥満が要因と言われていますので、食事管理、健康管理に注意しましょう。

猫の健康寿命も伸びています。早期発見・早期治療で寿命を伸ばすこともできます。元気な若い猫でも、年に1回は健康診断を受ける事をお勧めします。シニアは半年に1回の健康診断が望ましいです。

あらかじめ、動物病院に予約を入れて必要な事を聞きましょう。予約時間はストレスを考えて、朝一番の予約が望ましいです。

健康診断は、体重測定、尿検査、便の検査、歯、骨、目、耳などの触診します。必要な場合は血液検査も行います。

慣れない場所と嫌いな病院で疲れるでしょうし、ストレスもありますので、家に帰ったら褒めてあげてご褒美のおやつをあげましょう。

ワクチン予防は、室内飼いならしなくてもいいという考え方の方もいると思いますが、獣医師によると風邪などで免疫力が下がったりすると思わぬ病気なってしまう事もあるそうです。

全ての病気から守ることはできませんが安心のためにも、ワクチンの予防接種は必要と思いますので、かかりつけの病院の獣医師さんに相談してみましょう。

ペットは最期まで面倒をみる覚悟で飼育しましょう。途中で命を放棄することはできません。飼う前に情報収集をして、理解し納得して迎えてあげましょう。

スコティッシュフォールドのオス、メスの違いとは?