スコティッシュフォールドの鳴き声の種類を解説!

スコティッシュフォールドの鳴き声の種類を解説!

スコティッシュフォールドの鳴き声には違いがある…。皆さんは気づいた事がありますか?ただ、「にゃーにゃー」と鳴いていると思っている方もいるかもしれません。おとなしい猫種として有名なスコティッシュフォールドが鳴き方を変えるのは、どんな意味があるのでしょうか?

スコティッシュフォールドの鳴き声にはどんな種類がある?

スコティッシュフォールドの性格は、とても温厚でひとなつこいと言われています。たくさんの猫たちの中で、鳴き声もうるさくなく、とてもおとなしい傾向があります。

鳴き声がうるさい品種としては、シャム、ベンガルなどがあります。鳴き声がうるさい猫を飼う場合、近所の人の苦情にならないように、注意しなければいけなくなります。

鳴き声が静かなスコティッシュフォールドは、マンションなどで飼う場合にも、近所迷惑になりにくい猫種と言えます。穏やかで静かな性格なので、初心者でも飼いやすいでしょう。

スコティッシュフォールドを飼っていた経験のある筆者から見ても、名前を呼んだときに返事をしてくれる以外、あまりおしゃべりをしない猫だと思います。自分から「ニャーニャー」と話しかけてくる事はありませんでした。

そんなおとなしいスコティッシュフォールドが鳴く場合、鳴き声にはどんな意味があるのでしょうか?

返事をしている

名前を呼ばれた時は、「ニャン!」と短く鳴きます。飼い主さんから呼ばれて嬉しい、ちゃんと返事をしたいという気持ちの表れではないでしょうか。

甘えている

「ニャー」と長く伸ばすような鳴き声は、飼い主さんに構ってほしくて甘えているのでしょう。ごはんが欲しいという合図かもしれません。

スコティッシュフォールドは、甘えん坊で飼い主への忠誠心が強いと言われています。飼い主さんが不在がちで甘える機会がないと、この鳴き声を発するかもしれません。

発情期が来た

「アオォーン」と悲しげに鳴いている時は、発情期の現れの可能性が高いです。特にオスが、近くにメスがいる事を察して、鳴いているのかもしれません。

発情期の時の鳴き声は、とてもうるさくなってしまいます。避妊・去勢手術をしていない場合は、近所迷惑にならないように、注意が必要です。

安心している

スコティッシュフォールドの特徴的な鳴き声の一つとして、「ゴロゴロゴロ…」と喉を鳴らすものがあります。その鳴き声は轟音クラス。他の猫種でこんな大きなゴロゴロを出す猫は、少ないかもしれません。

「ゴロゴロ」という鳴き声は、スコティッシュフォールドが安心している時によく出しています。飼い主さんと一緒で嬉しい、ご飯を食べて満足、そんな時に多く聞く鳴き声です。

怒っている

「シャーッ!」と牙を向いて鳴くのは、相手を威嚇するためです。スコティッシュフォールドは温厚な猫なので、よっぽど怖い事があったり、同居している猫や家族が敵に思えた時に発すると言えます。

普段はおとなしいスコティッシュフォールドに、「シャーッ!」と鳴かれると、飼い主さんは悲しい思いをするかもしれません。

スコティッシュフォールドは、ほとんどこの鳴き声を発しないので、やられた時はよっぽど嫌な思いをしているのでしょう。

全然鳴かない

飼っているスコティッシュフォールドが、全然鳴かない場合もあります。

猫が鳴き声を出さない時は、病気の可能性もあります。今まで鳴き声を出していたスコティッシュフォールドが、全く鳴き声を出さなくなったら、声を出し過ぎて声が枯れてしまったり、病気の疑いがあるので、獣医師に相談したほうがいいかもしれません。

子猫の場合、しばらく鳴き声を発しない事もあるようです。大きくなったら、話すようになる可能性も高いので、具合が悪そうでなければ、しばらく様子を見てもいいでしょう。

スコティッシュフォールドが急に鳴くようになった原因とは?

今までおとなしかったスコティッシュフォールドが、急に鳴き声を出すようになった場合、いくつかの理由があります。

発情期を迎えた

六か月ほどになると、猫は発情期を迎えるようになります。普段は静かなスコティッシュフォールドですが、発情期にはとてもうるさいと感じる飼い主さんも多いようです。

他の猫種でも同じですが、発情期の猫の鳴き声は、いつもとは全く違っています。「アオーン、アオーン」と、犬の遠吠えのような鳴き声になります。

また、発情期が来ると、猫の性格が変わる事も多いようです。今まではおとなしかったスコティッシュフォールドでも、特にオスの場合、やや攻撃的になって、頻繁に鳴くようになるかもしれません。

何か欲しがっている

鳴きながらウロウロするような場合、猫が何かを欲しがっている事が多いです。

トイレが汚いから、掃除してほしい。ご飯の時間なのに、飼い主さんが忘れている。もっと遊んでほしいのに、飼い主さんが構ってくれない…。こんな時、いつもは静かなスコティッシュフォールドが、飼い主さんに伝えたい事があって、よくしゃべるようになるようです。

ストレスを感じている

環境が急に変わった場合にも、スコティッシュフォールドはよく鳴くようになる場合があります。赤ちゃんが生まれて、家族が増えた場合や、同居猫が新しく来た場合などです。

新しく来た家族の一員や同居猫と相性が悪い、家族や同居猫と相性が悪いと感じて、大きなストレスを抱えているのかもしれません。

スコティッシュフォールドは、他の品種に比べるとストレスに強い猫と言われています。スコティッシュフォールドがよく鳴くようになったとしたら、大きな環境の変化を感じているのでしょう。

病気になっている

急に鳴くようになった場合、病気が隠れている事もあります。動物は体調が悪い時でも、なるべく飼い主に気づかれないようにしています。猫の様子がおかしいと、飼い主さんが気づいた時には、手遅れの場合もたくさんあります。

普段は鳴かないような場面で、スコティッシュフォールドが鳴くようになった場合、「とても苦しい」「痛い」というサインかもしれません。

飼い主さんが家にいない時に、何かトラウマになるような事が起きてしまった可能性もあります。大きい地震があったのに、飼い主さんが家にいなくて、守ってくれる人がいなくて、一匹で怖い思いをしたのかもしれません。

スコティッシュフォールドの鳴き声がうるさい時の対処法とは?

おとなしい猫種として有名なスコティッシュフォールドですが、急に鳴き声がうるさくなる時があります。猫の鳴き声がひどくなってしまった場合には、いったいどうすればいいのでしょうか。

発情期の鳴き声対策

スコティッシュフォールドがうるさく鳴くようになった一番の原因に、発情期を迎えた事があげられます。

メス猫は、生後6ヵ月~12ヵ月の間に最初の発情期を迎えます。発情期は日照時間の長い時期に起こります。具体的には、二月~四月、六月~八月の2回です。

日照時間が長い年に2回、メス猫は発情期になって、うるさく鳴くようになります。室内外の場合、絶えず光があって適度な温度という環境なので、発情期はもっと長く、回数も不規則になる傾向があるようです。

「発情周期」は具体的には、「発情前期」「発情期」「発情休止期」の三段階があります。「発情期で猫がうるさく鳴くようになった」と飼い主さんが言う場合、「発情前期」に起きています。

「発情周期」は14~21日が1サイクルです。発情期に入ったメスのスコティッシュフォールドは、発情期に入った最初の数日間、とても大きな鳴き声をあげる事が多くなります。

オス猫は生後9ヵ月~12カ月で最初の発情期を迎えると言われています。オスの発情期はメスのように決まったものではありません。

スコティッシュフォールドのオスが発情期になってうるさく鳴くようになった場合、周囲の環境が影響しています。同居猫にメス猫がいる場合、家の外にメス猫がいる場合で、メスのフェロモンを感じ取れる場合です。

特に、外出できるようにしているオス猫は、近くのメス猫のにおいを感じ取って、発情してしまいます。

スコティッシュフォールドのオスもメスも、一定の年齢になれば発情してしまいます。交尾をしたいというのは生物学的に止める事ができない欲求なので、飼い主さんが怒っても、発情期の猫をおとなしくさせる事はできません。

発情期を迎えて猫がうるさくなってしまった場合の一番の対策は、避妊・去勢手術です。発情期を迎える前の、生後六か月ぐらいが理想です。

避妊・去勢手術をしない場合には、猫が特に大きな鳴き声をあげてしまう、夜間の対策を考える必要があります。夜鳴き対策としては、昼間に運動して疲れるようにしておくと、ある程度は軽減されます。

甘えさせてあげる

飼い主さんが留守にする時間が多いと、甘えん坊のスコティッシュフォールドは、遊んでもらえなくて大きなストレスを抱えてしまう事があります。

急に鳴き声を出すようになった場合には、甘えてほしいというサインかもしれないので、普段なかなか構ってあげられない飼い主さんは、ぜひスコティッシュフォールドと遊んで、甘えさせてあげてください。

猫が欲しがっている事を叶えてあげる

猫は綺麗好きな動物なので、トイレが汚い場合などは大きなストレスになります。急に飼い主さんに何か訴えてくるようになった場合、トイレや部屋の掃除をしてあげてください。

「フードが足りない」「水が古いままだ」と訴えているのかもしれません。水は一日2回は取り換えて、新鮮な水を飲めるようにする必要があります。

ストレスの少ない環境にする

新しく同居猫が来た場合など、猫には大きなストレスがかかってしまいます。先住猫のスコティッシュフォールドを優先して、新しく来た猫にばかり構わないようにしてあげなければいけません。

赤ちゃんが生まれたり、飼い主さんが変わったりする事も、猫にとっては大きなストレスです。触ったり、話しかける事は控えるようにして、徐々に慣れるようにしましょう。

家具を新しく配置したり、トイレや食器を移動した場合も、変化が嫌いな猫には大きなストレスになっている可能性もあります。食器やトイレを元の位置に戻してみるなど、ストレスを軽減する必要があります。

病気に気づいたらすぐ病院へ

スコティッシュフォールドはおとなしい品種のため、病気になっても飼い主さんにサインを送ってくる事が少ないかもしれません。特に病気の時は、鳴き声も弱々しくなっていて、見落としがちです。

動物は他の動物に襲われないように、自分が病気になっていても、なるべく悟られないようにしようする本能があります。家で飼っているスコティッシュフォールドが、最近、弱々しい声でよく鳴くという場合、病状が深刻な場合もありえます。

スコティッシュフォールドが病気になった場合の鳴き声の特徴は、いつも接している飼い主さんでも、判別が難しいものです。うずくまっている、動きが鈍いといった、鳴き声とは別の症状も見逃さずに、スコティッシュフォールドを病気から守ってあげてください。

スコティッシュフォールドの鳴き声の種類を解説!