猫が留守番で感じるストレスの原因と対策

猫が留守番で感じるストレスの原因と対策

飼い主さんが猫を家に置いて買い物に出かけたり仕事に出かけたり、ほとんどの飼い主は猫に留守番をさせた経験があるはずです。
うちの子、私のいない時って何してる?それは気になりますよね。また留守番中にストレスなど、感じてないでしょうか?猫のストレスとなる原因や対策についてご説明します。

猫は留守番してる時に何をしているの?

いつも一緒の猫との共同生活。同じ空間と時間を共有するけれど、つかず離れず、ほどよい距離間を持った良きパートナー。
と言いつつも、こちらから近寄っていくと迷惑そうに逃げていき、そのくせかまってあげないとすり寄ってきたり甘えてきたり。猫はツンデレと言われるだけあって、自由気ままでつんけんしていて、自由奔放なイメージが強いですよね。
それでも、一緒に暮らすといつしかまるで自分の子どものようになり、誰かに話をするときはすっかり「うちの子」扱い。好きなフードから水の飲み方、鳴き方ひとつでも何を要求しているのがわかってくるようになります。
そんな「うちの子」ですが、飼い主にだって知らない姿がある?!猫を家に置いて買い物に出かけたり仕事に出かけたり、ほとんどの飼い主は猫に留守番をさせた経験があるはずです。
うちの子、私のいない時って何してる?それは気になりますよね。
充実した猫との生活を過ごされている飼い主も、これから猫を飼いたい予備軍も一緒に、実は見たことのない「うちの子」の留守番中の姿をちょっとのぞいてみましょうか?

留守番ができる猫

肉食する野生の猫は単独で狩りをすることからわかるように、孤独に強い動物と言われています。犬とよく比較される猫ですが、基本的には独りにしておいても大丈夫なので留守番も問題なくできます。
出かける時間や帰宅する時間がほとんど変わることのない生活をしていれば、猫だって飼い主の生活リズムを覚えることもでき、帰宅時間に合わせてお迎えする、なんてこともあります。
成猫以上なら、半日や1日くらいの留守番ならまったく平気だし、餌や水、トイレなどの生活環境さえしっかり整っていれば、2,3日までなら留守番をしても大丈夫です。

いつもと変わらない生活

飼い主とつかず離れずのいい距離感を持った関係ができているなら、お出かけして留守番中の間もいつもと同じで特に何も変わることはないのです。
室内だけで飼われている猫なら、襲われる不安もなければ食べることに困る心配もなく、いわば安心安全が担保されて暮らしているので、飼い主がいようがいまいがそれぞれの猫のライフスタイルを守ることができます。また、猫という名の由来の一つによく寝るから「寝子(ねこ)」というのがあるくらい、もともと猫の寝ている時間は長く、一日の半分以上が睡眠の時間です。飼い主がいないからといって不安で寝られないということはほとんどありません。
寝る以外には、餌を食べたり水を飲んだりトイレに行ったり、中には、窓から外を眺めていたり、家の中をぐるっと歩いて巡回したり、また、子どもの猫や若い猫なら、時々はおもちゃで遊んだりした後、自分のお気に入りのいつもの場所で寝ています。
猫なりにそれぞれの生活を楽しみ、飼い主がいてもいなくても留守番中は大して変わらない生活を送っているようです。

えっ?留守番中はパラダイス?

さて、そんな寝てばかりの落ち着いた留守番猫ばかりかというと、実はそうでもなく、どうやら留守番中はやりたい放題、パラダイス?!になることもあるようです。
隠して置いてあったフードを見つけて食べ散らかしたり、テーブルの上に置き忘れた袋物をかじっていたり、棚の上のものを落としたりトイレットペーパーを転がして散らかしたりとやりたい放題好き放題。いつもは禁止されているキッチンや食卓テーブルは人気の場所。不思議と、普段、飼い主にダメと言われている場所を征服することを好むようです。
飼い主のパジャマと格闘したり、ネズミのおもちゃで狩りのまねごとまではいいけれど、多頭飼いの場合は、帰宅したら猫の毛が散乱していた!なんて時は、猫同士で喧嘩でもしていたのでしょうか?
でも、こんなことはずっとは続かないのが基本です。お互いの信頼関係やライフスタイルが確立されてくれば、猫だって人間の生活にできるだけ合わせようとします。しかし、いつまでも続くようならそれは飼い主がいないことによるストレスかもしれませんので要注意!

留守番をさせるための環境作り

短時間の留守番なら、何も心配せずに家を空けても大丈夫ですが、1留守番にしてしまうのであれば、フードも水も必ずなくなることがないようにしておきます。給餌器や給水器というのも売られていますので、猫にも慣れてもらっておくといいでしょう。猫はきれい好きなので、汚れたところでの排泄を嫌がります。トイレが汚れていると、トイレじゃない場所で排泄します。なるべく大きめのトイレを用意し、多頭飼いなら猫の数と同じか、それ以上の数のトイレを用意しておくと安心です。
どうしても1日以上家を空けなければならなくなった時には、やはり餌と水には困らないように工夫してあげてください。もちろん、トイレもきれいな状態で使えるように、数多く用意します。それでも、一般的には2泊の留守が限界と言われているので、それ以上家を空けることはお勧めしません。
冠婚葬祭などでどうしても長期で留守番になってしまう場合などは、どなたか知り合いの方に餌やりとトイレ掃除をおねがいするか、またはペットシッターを頼みましょう。もし、友人にお願いするなら、猫を飼っていない方がいいかもしれません。猫は縄張りを意識するので、他の猫の臭いを嫌がり警戒することがあります。また、ペットホテルもありますが、環境が変わるのを嫌がる猫の性格からすると難しいかもしれません。が、放置するくらいなら預けた方が安心です。
留守番をさせる時にはそれぞれの住宅事情にあわせて、夏ならエアコンを入れるなど、猫が快適に留守番できる環境作りを工夫してあげてください。あわせて脱走防止策も忘れずに。立体的に動けるようにキャットタワーを置いたり、安心して休める場所を作ったり、高いところを好む、また狭いところに隠れることを好むという猫の習性にも配慮してあげるようにすれば、留守をしても心配はないですね。
お互いのことを思いやった準備すれば、留守番中のうちの子(猫)の行動を気にかけることもなく、安心して出かけられますね。

猫の留守番にエアコンはどうすればいいの?暑さ対策まとめ

猫が留守番で感じるストレスの原因と対策

最近では犬化する猫なんて言われて、呼べば来る、おもちゃを投げれば取ってくる、中にはお手をするとか。留守番をしていた猫が、飼い主が帰ってくると玄関まで走ってきて、おかえり~と言っているかのように、足元でニャアニャアと絡みついてくる様子は、確かにまるで犬みたいですね。
そんな様子に可愛さを覚えて「寂しかったのね~」なんて、抱きしめようとするとなぜか逃げていくという。あれっ?寂しかったんじゃなかったの?なんて肩透かしをくらうことがあるのが、よくある猫らしい姿です。
それなら問題はないのですが、留守番中に家の中がとんでもないことになっていたりすると、癒し癒されるはずのお互いの関係が最悪に?!状況によってはそんなことにもなりかねません。
猫は一般的には孤独に強いと言われていますが、どうやら猫にだって、寂しく感じる時や長い間一人っきりにさせられるのが嫌な時があるようです。それが積み重なってくるとストレスに!そういうところは、人間と同じですよね。
猫が人間の言葉を話すことができれば、何がストレスになっているのか聞いてあげられるのだけれど、なかなかそうもいきません。
飼い猫との関係が最悪になる前に、留守番で感じるストレスの原因とその解消方法を探してみましょう。

もしかして何か要求してる?猫が出すサインに注目

人間でいうと2、3歳児の知能があるといわれる猫。簡単な単語なら覚えることができます。飼い主が出かけて留守番させるときにいつも「バイバイ~」と言っていれば、バイバイは飼い主が出かけ留守番する合図だと覚えて、その言葉に反応して鳴くことがあります。これは、飼い主がいなくなる寂しさのサイン。また、飼い主との生活に慣れると、出かける雰囲気を察することもあります。玄関で飼い主の靴の上にどっかりとのる、これは実力行使的な出かけないでのサイン。新聞紙や座布団など、何かの上に乗るのが好きな猫でも、飼い主としてはなぜこんな時に靴の上?ですが、猫にしてみれば、何も言わなくても見ればわかるでしょうと言わんばかりですよね。また、飼い主が帰宅した時に、玄関にでてきてニャアニャアと鳴くのもサイン。寂しかったというアピールをする猫は、飼い主が出かけた後だけでなく、飼い主が帰宅するまでの間、玄関を行ったり来たりして飼い主が現れるのを待っています。飼い主にとっては実に可愛い存在ですが、猫自体は寂しくてたまらなかったということ。アピールする猫は、飼い主がいないことに寂しさを感じています。猫の方から甘えてきたら、満足して飼い主のそばを離れるまでかまってあげてください。
しかし、ただアピールが寂しいだけとは限りません。餌がなくておなかが空いていたり、水がなかったりトイレが汚れていたりと、留守番中に猫の生活を不安にさせたり脅かしたりする要因があることもあります。それは猫にとっては死活問題なので、しっかりと確認しておきましょう。
猫の行動や鳴き声から何を伝えようとしているのか、その理由を探して解消してあげないと猫の留守番のストレスにつながっていきます。

注意が必要な問題行動

性格も多種多様な猫なので、表現もいろいろです。例えば、留守番中に棚の上のものを落として壊したり、袋をかじってビリビリ破き散らかすのは、ストレス解消ではなく不満の積極的なアピール。そのくらいで済めばいいですが、トイレでないところで排泄をしたり、スプレーをしたりするのは困りものです。それが飼い主の布団だったり鞄だったりすると、飼い主にとっても超級のストレス。猫にとっては飼い主にわかってもらいたい、気付いてもらいたいがゆえの問題行動なのに、逆に飼い主の怒りをかうだけで終わってしまうことになりかねません。
また、肉食の猫なのにビニールを噛んで食べるなどの異食をしたり、執拗にグルーミングをして舐め禿げを作ったりすることもあります。食欲がなくなったり、過食になったり、また吐いたり下痢をしたりなどは消極的なアピール。なかには膀胱炎になる猫もいます。人間でいうと内にこもるタイプでしょうか。
いずれにせよ、留守番のストレスによる問題行動に早く気づいて酷くなる前に対処をしないといけません。

猫にもある分離不安

留守番が難しいといわれる犬にはよくみられる分離不安が、猫にも起こることがあります。飼い主が男性であっても、猫にとってはお母さん同様の存在。猫だって大切な存在の飼い主がいなくなることで、寂しくなったり不安になったりするのです。もちろん、猫の性格や個体差があり、もともとが甘えん坊の性格だったりすることもありますが、離乳する前に母猫から引き離された、また子猫の時から飼い主が必要以上にかまいすぎて育てた、そういったケースが分離不安をおこしやすいと言われています。また、いつもいたはずの飼い主が急に留守にする時間が長くなるなどの環境の変化や、猫自体が病気になるという体調の変化が分離不安をおこす原因になることも。
いずれにしても飼い主に精神的依存が強い猫が、留守番のストレスによって分離不安をおこしやすいのは間違いがないようです。

猫が留守番でストレスをためない環境作りが必要

まず、一つ一つ丁寧に猫の留守番のストレスの原因を探してあげてください。餌なのか、トイレなのか、住環境なのか、それとも体調なのか?
分離不安を起こしているようなら、多頭飼いにするのも一つの方法です。飼い主との一対一の濃厚な関係が、他の猫がいるために希薄になり、遊び相手もできるので、分離不安が起こりにくくなるようです。また、飼い主がかまいすぎることも問題になっているので、必要以上にかまいすぎないことも大切です。人でいう親離れ子離れをし、一定の距離をおくように心がけます。また、粗相や破壊行動などは、見つけてもしからないで淡々と片づけます。現行犯でなければ、叱られる意味がわからず、さらに不安を掻き立ててしまいます。問題行動はストレスがなくなれば徐々になくなっていくので、まずは猫が快適に過ごせない要因を探して解決し、根気よく不安の解消につなげていきましょう。
十人十色ならぬ、十猫十色、同じ兄弟姉妹であっても性格も違えば個性も違います。留守番中の猫の為にはどうしてあげるのが一番なのか、最良の方法を模索してみてください。猫のためにあれこれ試しているうちに、自然と落ち着いてきた・・・なんてこともあります。
愛情をかけて世話をすれば、必ず思いは通じるものです。ただし、くれぐれもかけすぎませんように。

猫が留守番で感じるストレスの原因と対策