ロシアンブルーの目の色とは?いつ変化する?

ロシアンブルーの目の色とは?いつ変化する?

エメラルドグリーンの瞳が印象的なロシアンブルーですが、時期によって目の色が異なってくることをご存知でしょうか?今回はそんなロシアンブルーの目の色の種類、また目の色が変化する理由をお伝えします。

ロシアンブルーの目の色の種類とは?ブルーやグリーンの他には?

ロシアンブルーに限らず、猫の目の色は遺伝で決まると言われています。ロシアンブルーのような洋猫はブルーやグリーン、日本猫は黄色や茶色の目の猫が多いのが特徴です。

しかし兄弟猫が必ず全員同じ目の色で生まれるとは限らず、遺伝子の組み合わせでどの色が出るのかが決定するため、兄弟猫でも目の色が違う猫が生まれることがあります。

まずは猫にはどのような目の色があるのかをご紹介しましょう。

グリーン

目の中の色素であるメラニン色素が少ないと、グリーンになります。しかし実際に緑色の色素を持っているわけではありません。

グリーンの目が持つ少量のメラニン色素に光が当たると拡散され、それが緑色に見えると言われています。

前述にもある通りこの目を持つ猫種は洋猫で寒い地域に生息していた猫が多く、日光に当たることが少なかったためこのグリーンになったそうです。

ヘーゼル

グリーンの目の色に少し茶色がかった目の色をヘーゼルと言います。

グリーンよりもメラニン色素は多く、グラデーションがかかったような瞳になりますが、見え方によってはグリーンの色が弱いため他の目の色に見間違えてしまうこともあるようです。

ヘーゼルの目の色は、日本猫と洋猫のミックスに多く出ます。

アンバー

アンバーは琥珀色とも呼ばれ、単色の黄色が強く出る目の色です。

上記でご紹介したヘーゼルに良く似た色をしていますが、ヘーゼルは2色のグラデーションであるのに対しアンバーは黄色の単色になりますので見分けることが出来ます。

後述するカッパーの次に多い目の色になっており、日本猫に多く出ます。日本猫は温暖な地域に生息し日光を多く取り入れることが出来たため、目の色が濃くなったと言われています。

カッパー

カッパーは銅色という意味を持ち、メラニン色素を一番多く含む目の色です。茶色の単色が強く出ており、日本猫の中では一番多い目の色になっています。

光の当たり方や見え方によっては、赤茶色に見えることもあるようです。

ブルー

ブルーは猫の目の色の中では珍しい色になり、メラニン色素がグリーンよりもさらに少ないとブルーになります。

人間が見るとブルーに見えますが実は透明な色をしています。これは少量のブルーの色素に光が当たることで屈折し、増大するために青い瞳に見えるのです。これは「レイリー現象」と呼ばれています。

洋猫の純血種に多い目の色になりますが、中には日本猫でも成長過程でメラニン色素が増えず、成猫になっても瞳の色が変化せずにそのままブルーの目の色になる猫もいます。

白猫に多いのも、この瞳の特徴です。

レッド

ブルーよりもさらに珍しい目の色がレッドです。

レッドはアルビノ現象と呼ばれる遺伝的疾患によりメラニン色素を持たず、また作ることが出来ないため瞳の奥の血管が見えてしまい赤い瞳になります。

ウサギの目が赤いことと同じメカニズムだと言われています。

オッドアイ

オッドアイとは左右で違う色を持つ瞳のことを言い、正式には虹彩異色症と呼ばれます。片方の瞳がブルー、もう片方の瞳はブラウンかイエロー、もしくはグリーンのどれかであることが特徴です。

オッドアイになる原因には遺伝による先天性と、事故や手術などの影響による後天性に分けられます。

先天性のオッドアイではブルーの目の色の方の耳が難聴になりやすいことが知られており、オッドアイの猫の約70~80%は聴覚障害を持っていると言われています。

またオッドアイの中でも「ダイクロイックアイ」と呼ばれる目の色は非常に珍しく、一つの眼球に複数の色が存在し、はっきりと分かれているのが特徴です。

ロシアンブルーの目の色はどのタイプ?

上記では猫全体が持つ目の色をご紹介いたしました。ではロシアンブルーはこの中でどの目を持つのでしょうか?

実は猫の血統登録団体に認められているロシアンブルーの目の色は、グリーンのみになっています。

そのためしっかりとした血統書を持ち健全に繁殖されているロシアンブルーであれば、グリーン以外の目の色になることはありません。

ロシアンブルーがエメラルドグリーンの目をしているのは、繁殖をさせてきた歴史上で絶滅の危機を逃れるためにブルーポイントのシャム猫と交配させたからと言われています。

また光の当たり方で黄色などの違う色に見えることもありますが、ロシアンブルーの瞳には個体差があり見え方に差があることも多いため心配はありません。

ロシアンブルーの被毛、瞳には何色がある?

ロシアンブルーの被毛、瞳には何色がある?

2018年12月6日

ロシアンブルーの目がとても黄色いときは病気?

上記で個体差があり黄色がかって見えることもあるとお話ししましたが、あくまでグリーンの目の色が光の加減などで黄色く見えることがあるという事です。

まれに今まではとてもきれいなエメラルドグリーンの瞳だったのに、急に黄色みが強い目の色に変わってしまう場合があります。また目やにが付いていたりしても黄色く見える場合があります。

その場合、黄疸などの病気の症状の可能性があります。以下に、目の色が変わってしまった時に考えられる病気をいくつかお伝えします。

肝リピドーシス

肝リピドーシスは脂肪肝とも呼ばれ、脂質代謝異常により肝臓に多くの脂肪が蓄積し、肝臓の機能障害を起こす病気です。

この病気は中高齢の猫に多く発症し、中でも肥満の猫に発症しやすい傾向にあります。太り気味の猫が約3~7日餌を食べなかった場合、肝リピドーシスになりやすいので注意が必要です。

肝リピドーシスの主な症状として「黄疸」が挙げられます。これは粘膜が黄色く見える症状で、目の色だけでなく歯肉や耳、皮膚など全体的に黄色くなってくるのが特徴です。

そのため、ロシアンブルーの目の色が急に黄色くなったときにはこの肝リピドーシスの疑いがあります。肥満のロシアンブルーであれば尚更疑いは強くなります。

目の色の変化以外に、食欲や元気の低下などがみられる場合には早急に治療が必要な場合がありますので動物病院を受診しましょう。

結膜炎

結膜炎の症状の一つに眼脂(目やに)が多くなることがあります。その眼脂が黄色っぽく見える影響で、ロシアンブルーの目が黄色く見えることがあります。

結膜炎は過度の毛づくろいや外傷で目に傷があったり、細菌感染が起きてしまっている際などに発症する病気です。

眼脂が多くなる以外にも目が開かなくなってしまったり涙の量が多くなるという症状が現れます。

眼脂が多く付着してしまっている場合には、眼脂が原因で二次的に細菌感染を起こしてしまったり、目をこすることで新たな傷を作ってしまうこともありますので、なるべく早く目の治療を開始しましょう。

ロシアンブルー特有の病気とは?目の異常に注意?

ロシアンブルー特有の病気とは?目の異常に注意?

2018年12月22日

ロシアンブルーの子猫の目の色とは?青?茶色?

ロシアンブルーに限らずすべての猫種は、生まれて目が開いた段階はメラニン色素の量が少ないため「キトンブルー」と呼ばれる青色の目をしています。

このキトンブルーの瞳は、生後約10日で目が空いてからすぐに視力があるわけではなく、そこから生後約1ヶ月かけて徐々に視力がついてきます。

そのため目が開いたばかりの子猫は、パッチリ開いていても焦点が合っていないことがあり、段差などで足を踏み外してしまうこともあるため注意が必要です。

ロシアンブルーの目の色は変化する?その時期や理由とは?

ロシアンブルーは子猫の時期はキトンブルーと言われる綺麗な青色の瞳を持っています。

しかしロシアンブルーに認められている瞳の色はグリーンのみになるので、どこかで目の色が変化するという事になります。

ではどのくらいの時期に目の色が変化するのでしょうか?

それには大きく個体差があり、中には生後半年を過ぎてやっとグリーンに変わってくるロシアンブルーもいるようですが、一般的には生後2~4ヶ月で変化することが多いとされています。

瞳の色が青色からグリーンに変化する際はまず瞳孔の周りからグリーンに変化していき、数週間~数ヶ月かけて瞳全体がエメラルドグリーンに変化します。

しかしこの変化の仕方にも個体差があり、また片目ずつ変化していくロシアンブルーもいるようです。

この瞳の色の変化は、メラニン色素が関連しています。ロシアンブルーは成長とともにメラニン色素が増えてくるため、眼の色が変化するのです。

ロシアンブルーの名前の由来と目の色の関係性は?

ロシアンブルーを飼育していると、どうしてこのような名前になったのか不思議に思ったことは無いでしょうか?

この美しい名前がついた由来は様々な説があります。ここでは、ロシアンブルーが猫種として出来上がった起源から、目の色の関係性までご説明します。

ロシアンブルーの名前の由来

ロシアンブルーが猫種として出来上がった起源については、実に様々な説があり、名前が定着するまで時間がかかりました。

なかでも有力な説をご紹介します。

ロシアンブルーはロシア北部のアルハンジェル島に自然発生した猫が起源です。

その猫を1860年代にロシアの水夫が北欧やイギリスに連れて行き、そして見た目の美しさや上品なたたずまいからその人気に火が付きました。

最初のころは、ロシアンブルーという名はまだ付いておらず、アルハンジェルキャット、スパニッシュキャット、フォーリンブルー、マルティーズキャットなど様々な呼び名で呼ばれていました。

アメリカでは20世紀初頭までマルティーズキャットと呼ばれていたとされています。

1875年に初めてキャットショーに出陳されました。その時はアルハンジェルキャットとしての出陳でしたが、その後ロシアの皇帝が飼育していたことに関連して「ロシアンブルー」と名付けられました。

第二次世界大戦中には一度ロシアンブルーの数は激減し、絶滅の危機にさらされてしまいました。そのためイギリスやアメリカではシャム猫や他の灰色の毛色の猫との交配が行われ、品種の保存が行われました。

その影響からかもともとのロシアンブルーの体型よりも、今のロシアンブルーの方が少しスリムな体型になっているようです。

ロシアンブルーはその輝くようなグレーの毛並みとエメラルドグリーンの瞳から「幸せを呼ぶ猫」として猫好きの間で広く愛され続け、イギリスの王室でも長く飼われた猫種でした。

ロシアンブルーという神秘的な名前が付けられたこの猫種は、現在も世界的に数は少なく、日本国内はもちろんのこと外国においてとても大切に扱われています。

ロシアンブルーの名前ランキング!名前の付け方は?

ロシアンブルーの名前ランキング!名前の付け方は?

2019年2月4日

ロシアンブルーの名前と目の色との関係性は?

ロシアンブルーの名前の由来には、猫の灰色の被毛のことをブルーと呼ぶことからこの名前が付いたと言われています。

それでは、ロシアンブルーという名前に目の色は関係してきているのでしょうか?

前述のとおりロシアンブルーの目の色はグリーンと決められていますので、厳密に言いますと目の色とロシアンブルーの名前の由来には大きく関係性は無いと思われます。

しかしこの美しいエメラルドグリーンの瞳が無ければロシアの皇室で愛されることもなかったかと考えると、少なからず関係はあるものという考えもありますので、全く関係性が無いとも言い切れないでしょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


ロシアンブルーの目の色とは?いつ変化する?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA