ロシアンブルーの被毛、瞳には何色がある?

ロシアンブルーの被毛、瞳には何色がある?

ロシアンブルーと言えば、しなやかでほっそりとした体形で顔立ちも端正な高貴な雰囲気を醸し出していて性格も物静かで温厚で知られています。今回はそんなロシアンブルーのビロードのような被毛や瞳の色について詳しく紹介していきます。

ロシアンブルーの被毛はなぜブルー?歴史を解説!

ロシアンブルーを見た時、誰しも思っていることがあります。グレー1色の被毛で、どこにも青い部分がないのに名前にはブルーとついているのはなぜなのかと。

答えは非常にシンプルで、猫の世界でブルーと呼ばれているものはグレーのことを指しているのです。

ロシアンブルーは、元々ロシアが原産の自然発生種ですが北極圏に近いアルハンゲル島が原産という説もありますがその真偽は定かではありません。

1880年代からイギリスに入った頃にはアルハンゲルキャットと呼ばれていたものが英語読みのアークエンジェルキャットと言う名前でイギリスのキャットショーによく出されていたそうです。

そのしなやかな体つきと高貴な顔立ちからロシア皇帝やイギリス女王に寵愛されたことで人気は一気に高まりました。

多くの猫愛好家の心を鷲掴みにしたロシアンブルーは繁殖も盛んに行われて1912年にはフォーリンブルーという名前で独立したクラスにまで成長したのです。

しかし、第二次世界大戦の影響で個体数が激減して一時期は絶滅の危機にさらされましたがその時に救世主となったのがブリティッシュショートヘアとシャムです。

あくまでも、ブルーの毛色を追い求めるブリーダーはブリティッシュショートヘアのブルーとの交配を行い、しなやかな体つきを求めるブリーダーはシャムと交配させてかつてのロシアンブルーを復活させることに成功しました。

シャムとの交配の際にはブルーポイントの毛色の猫を使っていて基本的には劣性遺伝のためにロシアンブルーの交配でシャムの毛色になることはありません。

しかし両親ともにシャムの毛色の遺伝子を持った猫を使っていた場合は、シャムの毛色の子猫も生まれてくることがあったようです。

戦後は、ロシアンブルーの血を絶やさないためにこういったシャムとの交雑が行われてシャムの毛色の子猫が生まれる頻度も多かったためにロシアンブルーの人気は、その頃から加熱することはなくなりました。

ロシアンブルーの被毛の特徴

またロシアンブルーの被毛の特徴としては、被毛が二重構造になっていてダブルコートと呼ばれていて、寒さには非常に強い猫種です。

ダブルコートはトップコートとアンダーコートで構成されており、毛質は非常にきめ細かくなっているため触るとビロードに触れているかのようです。

特にアンダーコートは密生しており、シャンプーしても水に濡れないほどなのです。それ故に短毛ですが抜け毛も多いので日ごろからグルーミングのお手入れが欠かせません。

他の特徴とすれば、毛色は1色なのですが1本の毛が複数の色の帯を持つティッピングと呼ばれるもので、光の加減ではシルバーに光って見えたりしますがより淡い色の方がスタンダードに近いとされています。

ブルー以外のロシアンブルーもいる?

ロシアンブルーは、第2次世界大戦後に絶滅の危機に瀕したことからその血統を維持するためにシャムやブリティッシュとの交配を何度も繰り返してきました。

それによりグレーの毛色1色のロシアンブルー以外にも、劣性遺伝子ながらもホワイトやブラックの毛色のロシアンブルーも存在しています。

中には、本当にごく稀ですがべネロングと呼ばれる長毛のロシアンブルーまで出てきています。

しかし、ロシアンブルーは他の猫種とは少し違います。例えばアメリカンショートヘアなどの猫であれば、毛色がブラウンタビーやシルバータビーで毛色が違っても両方アメリカンショートヘアと認定されています。

それなのに、ロシアンブルーの定義は厳しくてきちんと認定されるためには、毛色はグレー、瞳はエメラルドグリーンでなければいけません。そのため、ブラックやホワイトはロシアンブルーとは呼べないのです。

白いロシアンブルーもいるって本当?その値段とは?

過去の歴史上で、ブルーポイントのシャムと交配させてきたことからごくごく稀に真っ白の体で生まれてくる子猫がいます。その猫が俗にいう白いロシアンブルーと呼ばれている猫になります。

この白いロシアンブルーはブルーポイントと呼ばれていて、両親ともにブルーポイントの遺伝子を持っているのが絶対条件で、なおかつ劣性遺伝子のためにさらにそこから1/4の確率でしか生まれてきません。

特徴としては、最初の子猫の時は真っ白ですが2歳になる頃までには、徐々に鼻や耳やしっぽなどにポイントカラーとしてうっすらグレーの毛に変化していきます。

こんなにレアな猫種なら値段は高いと思われがちですが、先ほども述べた通りロシアンブルーの定義としては毛色はブルー1色のみなので、残念ながらこのブルーポイントはロシアンブルーと認定されていません。

よって、このブルーポイントは言わばミスカラーなのです。それゆえブリーダーも繁殖を積極的には行いませんし商品としての価格も当然低くなり、王道のロシアンブルーより安価なものとなります。

しかし、そのブルーポイントならではの毛色や顔立ちはかわいらしく猫好きの中には稀に繁殖しているブリーダーもいるそうですが、市場ではほとんど出回っていないために探すのは困難であるのが現状です。

ロシアンブルーの瞳は何色?

ロシアンブルーの瞳の色はとても鮮やかなエメラルドグリーンをしており、いつまでも見ていられるくらい魅力的で綺麗な瞳です。

目の形は楕円形でちょっと吊り上がった感じになっています。この瞳の色はブルーの被毛と同様にロシアンブルーの2大特徴のうちの一つとなります。

ロシアンブルーの定義ではこの瞳の色もエメラルドグリーン1色しか認められていません。

しかし、中にはロシアンブルーを飼ったのに瞳の色がグリーンではなく黄色がかっていると心配する人もいますが、心配には及びません。

全てのロシアンブルーが綺麗なエメラルドグリーンというわけではなく、メラニン色素の関係で黄色がかったグリーンの場合もあるのです。その他にも目の中心から外側に向かってグラデーションになる場合もあります。

しかし、ここで注意しておきたいのは瞳の色が黄色だった場合は目の病気の可能性も否定できないとうことなのです。角膜炎や結膜炎などを起こして目やにが大量に出ている時に瞳の色が黄色っぽく見えるときがあります。

ロシアンブルーには、このように正常でも黄色っぽい瞳の子もいるので目の病気なのかどうなのか判断がつかない場合は動物病院で診てもらうのも一つの手です。

ロシアンブルーの子猫の目の色とは?変化していくって本当?

ロシアンブルーの子猫は、どの子もみんな瞳の色が淡いぼやけた感じのブルーでキトンブルくーと呼ばれています。成猫になるにつれて、そのキトンブルーは鮮やかなエメラルドグリーンへと変化していのです。

このように、子猫の時と成猫の時とで瞳の色が変化する猫は結構珍しいためにその変化も楽しめるのもロシアンブルーの魅力の一つであります。

先述の通り、猫の瞳の色にはメラニン色素が影響しているのです。子猫の時はメラニン色素が少ないために、瞳の色はブルーなのですが大人になるにつれてメラニン色素が増えてくるとグリーンに変化してそれが定着するのです。

そのため、元々メラニン色素が少ないアルビノと呼ばれる遺伝性疾病の場合や元々メラニン色素の少ない白猫の瞳は、大体ブルーであるのもその影響からだと言われています。

ロシアンブルーの肉球は何色が普通?

猫の肉球は、とてもぷにぷにしていて触り心地が良くて肉球を触っているだけで癒される飼い主さんも多いと思います。その肉球の色も種類や毛色によって様々です。

ロシアンブルーの肉球の色は、他の猫にはない色でグレーがかったピンク色でそれがまたとても可愛いのです。普通はそのグレーがかったピンクがオーソドックスなのですがそれ以外ではあずき色の肉球の子もいます。

瞳の色も肉球の色も、メラニン色素が関係していてその色素が少ない子だと肉球はきれいなピンク色となります。キジ猫やサバ猫と呼ばれている猫種であれば肉球は、茶色や黒色が多くなります。

また、大まかですが肉球の色で性格の傾向も分かれるようですので新しい子猫を迎える際には少し念頭に置いておくといいかもしれません。

例えば、肉球の色がピンクの子は性格がとてもおっとりしていて甘えん坊だそうで人にも懐きやすい子が多いそうです。

肉球の色が黒色やあずき色の猫は、非常に活発的でやんちゃな子が多くよく走り回ったり一人遊びもいつまでも夢中でやっているタイプが多いそうです。

最後にまだら模様の肉球の猫はとても気まぐれで、おとなしくしていたかと思ったら急にやんちゃになったりしますが飼いやすい猫だそうで、よく賢いことで知られているサビ猫に多くみられます。

肉球の役割とは?

肉球は可愛くて癒されるだけではなく当然きちんとした役割もあります。代表的な役割の一つは汗を出すということです。猫は基本汗をかきませんが、肉球部分にエクリン線という汗を出す器官があります。

緊張した時や、激しい運動をしたときはもちろんのことすべり止めとして出す場合もありますし、マーキングの際に歩きながら匂い付けをする時などに汗を出すのです。

また、肉球は脂肪で出来ておりクッション性に優れているために高いところからジャンプしてもケガをしないのはこの肉球のおかげなのです。

加えて、この肉球はボディーブラシの役割まで果たしてくれるのです。猫はよくグルーミングをしますが耳の後ろや目の周りなど舌が届かない場所には、肉球を一度舐めてから拭いたりします。

ロシアンブルーに似た色の猫とは?

ブルー1色の被毛をまとった猫はロシアンブルーのほかにも、シャルトリューやコラットという猫種もいて、この3匹「ブルーキャット御三家」と呼ばれています。

被毛はブルー1色でロシアンブルーと同じですが、性格や体格などはそれぞれ違いますので詳しく紹介していきます。

まず、コラットですが日本ではあまり親しみのない猫種で原産はタイとなります。被毛の色こそロシアンブルーと同じですが、ロシアンブルーがダブルコートで寒さに強いのに対し、コラットはシングルコートで寒さには非常に弱いです。

瞳の色はペリドットグリーンでロシアンブルーによく似た目をしていますが体格は少し小柄ながらもがっしりしているのが特徴です。

次にシャルトリューですが、原産はフランスでコラットやロシアンブルーに比べて大柄でとてもがっしりした猫です。瞳の色もグリーンではなくゴールドやオレンジ色などの暖色系です。

ブルーキャット御三家は今紹介した3匹ですが、ロシアンブルーの絶滅の危機を救ったブリティッシュショートヘアも今でこそ様々な毛色の種類がいますが、昔はブリティッシュブルーと呼ばれるブルーキャットでした。

これらのブルーキャットと呼ばれる猫たちのブルーの濃淡や光沢は少し違います。ロシアンブルーは高密度でブルーキャット御三家の中で一番光沢があり上品なシルバーに近いブルーです。

それに比べてコラットはロシアンブルーよりも濃いブルーが特徴です。シャルトリューはロシアンブルーに近い被毛ですがシルバー感よりもブルーが強めで羊毛のようにふさふさしているのが特徴です。

ロシアンブルーの被毛、瞳には何色がある?