ロシアンブルーは猫アレルギーでも飼えるって本当?

シャルトリューの餌やキャットフードでおすすめは?

動物はとても好きなのに、アレルギー体質だから飼えないという人は結構います。しかし、猫の場合アレルギー症状が出にくい猫種がいるのです。今回はロシアンブルーを中心に猫アレルギーの人でも飼える可能性があるのか紹介します。

そもそも猫アレルギーのメカニズム、症状とは?

アレルギー症状とは、人間の体の免疫機能がある物質に対して危険だと誤認識してそれを排除しようとする時に起こるものです。

本来、体の免疫機能は有害なバクテリアやウイルスに感染するとその機能を発揮し風邪などの症状を起こしてそれを外に出そうとしますが、アレルギー体質の人はその免疫が過剰に反応してしまうことなのです。

猫アレルギーの場合は、猫の唾液や皮膚、肛門腺から出る分泌物に含まれるアレルゲンに過剰反応することでアレルギー症状を引き起こします。

アレルゲンという物質は、felD1~FelD8まで分類されていますが、この中でも猫アレルギーを引き起こす主犯ともいえるアレルゲン物質はFelD1とFelD4の2種類なのです。

FelD1は、猫の唾液や皮脂線などに多く含まれるアレルゲンで糖タンパク質と言われているものです。felD4は主に猫の唾液に含まれているものなのです。

FelD1の糖たんぱく質は非常に粘着性のある物質で、猫の毛や皮膚に付着したものが何時間も空気中を漂い、それが人間の衣服などにも付着してしてしまいには部屋中に蔓延してしまいます。

FelD4もまた、猫がグルーミングを行って唾液のついた被毛が抜け毛となりそれが部屋中に散らばります。

その結果、猫アレルギーの人は様々な症状を引き起こします。軽度の人であれば、花粉症の諸症状によく似ていて、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、皮膚や目のかゆみなどが主になります。

しかし、重度の猫アレルギーを発症すると、猫がいる部屋にいるだけで器官が狭まるような息苦しさを感じてアレルギー性喘息をひきおこす場合もあるので、たかがアレルギーと軽視はできません。

このアレルギー性喘息になると完全に治すことはできず、一生付き合っていかなければならない上に、より重篤になると呼吸困難になり命の危険にもさらされてしまいます。

ロシアンブルーは猫アレルギーでも飼える?

では実際に、ロシアンブルーは猫アレルギーの人でも飼えるのでしょうか。結論から言って、答えはイエスです。ただし、アレルギー症状は個々それぞれで程度も違いますし、軽度から重度では状況が異なることを忘れないでください。

ロシアンブルーが猫アレルギーでも飼える理由とは?

猫アレルギーの症状を引き起こす主犯は、FelD1と呼ばれる糖たんぱく質ですがロシアンブルーはその糖たんぱく質の生産量が少ないのです。

それに加えてロシアンブルーは、短毛種で抜け毛も非常に少ないためアレルゲン物質が部屋中に蔓延しにくいと言えます。

短毛種で抜け毛も少なければ、日々のブラッシングやシャンプーなども楽ちんになりますし、部屋の掃除も手間がかかりません。

猫アレルギーでロシアンブルーを飼う時の注意点とは?

いくら、アレルゲン物質の生産量の少ないロシアンブルーでも、アレルゲン物質が全くないわけではないので、猫アレルギーの人は特に注意しておかなければならない点がいくつかあります。

まずは、自分が猫アレルギーであると自覚していてもその程度がどのくらいなのか詳しく知っておく必要があります。そのために、猫を迎える前には病院で必ずアレルギー検査を行ってください。

その結果によっては、必要によってアレルギー症状を抑える薬を処方してもらうのも一つの手です。ただ、個人差があります。なのでその薬を飲んでさえいれば絶対大丈夫とは言えません。

次にやっておきたいことは事前にロシアンブルーに触れたり猫のいる空間に自分の身を置いてみることです。手っ取り早いのは猫カフェに通うのがベストです。

仮にアレルギーの薬を処方された後でも、猫カフェに通ってみて自分の体がどうなるのか確かめてみることは結構重要なことです。薬を飲み始めてすぐに効果が表れて猫アレルギーの症状が緩和された人もいます。

何度か通ううちに、自分の猫アレルギーの程度が症状で分かるようになりますので自宅に迎えられる程度なのか否かの判定に大いに役立ってくれますのでこの行程は欠かさない方が良いです。

加えて、これは最終手段の準備ともいえるちょっと悲しいことですが、猫カフェでは大丈夫だったのに実際に自宅に猫を迎えた後で猫アレルギーの症状がひどくなってきたり薬も効かなかったときのための事も考えておく必要があります。

自分の周りの友人や身内などで、猫を引き取ってその後も大事に飼ってくれる人がいるのかどうかを考えなくてはいけません。もし、自分の周りにそういう人がいなければネットでも里親探しのサイトはいくつかあります。

猫は物ではなく、一つの命なのですから自分の症状がひどくなったからと言って捨ててしまうなどということは、けして許されるべきことではありません。保健所に連れて行くのもいい選択肢とは言えません。

保健所に預かってもらっても、一定期間で里親が見つからなければ殺処分が待っているのが現状です。今はそういうことを出来るだけ無くそうという運動も活発化されていますが、それでも年間の殺処分の数は非常に多いのです。

猫アレルギーの人でどうしても猫を飼いたい人は、そういったことも含めて事前に注意したり調べたりすることがきちんと、命と向き合うことだと言えます。

猫アレルギーでも飼える猫の種類は?

猫アレルギーの人でも飼える猫は、ロシアンブルーの他にも実は結構います。なんとその種類は11種類もいて、これらの猫種はハイポアレジェニックキャットと呼ばれています。その意味は低刺激性の猫です。

では、そのハイポアレジェニックキャットと呼ばれる猫たちを順番に紹介していきます。猫を迎えるときの参考にしてみてください。

サイベリアン

このサイベリアンという猫は、シベリアが原産の非常に温厚な性格の猫でハイポアレジェニックキャットの代表格と言われるくらい、アレルギー体質の人の3/4はこの猫に接触しても症状が出ないと言われています。

というのも、このサイベリアンはアレルギー症状を引き起こす物質の主犯格でもあるFelD1が他の猫種に比べて断然少ないのです。唾液に含まれるFelD1も少ないので、アレルギー症状がほとんど出ない人が多いそうです。

また、基本的に低刺激性の猫は短毛種で抜け毛が少ない猫種が多い中で、このサイベリアンは長毛種で毛はモフモフしています。それなのにハイポアレジェニックの代表格ということは、いかにアレルゲンが少ないかがよくわかります。

サイベリアンと同じ条件で長毛種なのにアレルゲン生産量が低い猫でバリニーズという猫もいます。このバリニーズはシャムからの突然変異から長毛種を基にして改良された猫種です。

オシキャット

オシキャットはアメリカ原産の猫で、スポテッドタビーと呼ばれる斑点模様が特徴の短毛種です。この猫もまた、他の猫種に比べFelD1の生産量が少ないことによって、アレルギー症状が出にくいとされています。

ベンガル

ベンガルは、ヤマネコとイエネコの交配でできた野生の血が入っている猫です。体の模様も一見ヒョウを思わせるような斑点模様で、少しオシキャットに似ています。

この猫は他の猫に比べて、グルーミングをあまりしないために抜け毛も少なく唾液が他につくことも少ないため、アレルゲンが蔓延しにくいことから低刺激性の猫として分類されたようです。

コーニッシュレックス

このコーニックレックスは、イギリスが原産で巻き毛が特徴的でチャーミングな猫種です。本来猫はアンダーコートとトップコートの被毛が生えているのですが、この猫の場合はアンダーコートしか生えていません。

そのため、他の猫種よりも抜け毛が非常に少ないとされているため低刺激性の猫として分類されています。また、巻き毛であることも抜け毛が少ない原因の一つとなります。

この他にもコーニッシュレックスと同じ理由で、低刺激性猫として分類されているのがデボンレックスとラパーマとジャバニーズという種類の猫もいます。因みにジャバニーズはトップコートのみ生えています。

オリエンタルショートヘア

この猫はシャム猫の1種で、なんと被毛のカラーパターンが300種類もあります。どの毛色でもみんな短毛で抜け毛も少ないことから、低刺激性猫として分類されています。

海外では、軽度の猫アレルギーの人はこのオリエンタルショートヘアを飼っている人が多いと言われています。同じ理由で、シャム猫もまた低刺激性猫と分類されます。

スフィンクス

スフィンクスはカナダ原産の無毛猫です。被毛が全くないので当然、抜け毛の心配はしなくてもよくてアレルゲンの飛び散りが少ないために低刺激性猫として分類されていますが、ちょっとした注意が必要になってきます。

アレルゲン物質はあくまでも、被毛ではなく皮膚や唾液に存在するものであるのでたとえ、毛がなくともフケなどは当然出てくるため、こまめなお手入れは必要です。

猫アレルギーの検査方法、費用は?

猫を迎える前に、自分が猫アレルギーかどうか、また自覚していてもアレルギーの程度がどれほどなのか、きちんと知っておく必要があります。そのための検査方法はいくつかあります。

まず、一般的で確実性が高いのが病院で検査してもらうという方法です。診療科目では、アレルギー科、耳鼻科、内科、皮膚科のいずれかで検査をしてもらうことができます。

検査方法は血液採取による、血液検査です。結果は大体7日~14日程度でわかります。このアレルギー検査では、猫アレルギー以外の項目も検査することができます。

例えば、カニやエビなどの甲殻類だったり植物であれば、スギやイネなど細かい項目に分かれています。これは任意で選ぶことができて当然、猫アレルギーの1項目だけでも調べることが可能です。

費用は、保険適応外ですが1項目あたり800円程度です。しかし、病院によってはセット項目などを設けているところもあり、40種類調べても5,000円以内で収まるようなところもあります。

でも、病院に行く時間が取れない人は市販でアレルギーチェックセットというのがあります。費用は6,000円程度で、病院よりも少し高めです。

検査キットで自分の血液を採取して、その日のうちにクール便で所定の場所に送るという方法です。意外と手間がかかってしまうのが難点で、費用も病院よりも高いので普段、忙しい人におすすめです。

最後に紹介する方法は、自らが猫のいる環境に身を置いてみるという実地調査です。手っ取り早いのは猫カフェに通ってみることです。

猫が多数いる空間に身を置くことで、症状が出るのか出ないのかを身をもって実験するという少々荒めの方法ですが、アレルギーチェックが面倒だと感じている人には向いているかもしれません。

しかし、今まで猫と接する機会がなかった人が何もわからない状態で猫カフェに行くのは危険な場合もあります。

基本的にアレルギー症状の程度が軽ければくしゃみやかゆみくらいで済みますが、アナフィラキシーショックを起こしてしまうと命の危険まであります。

そして仮に程度が軽くてもすぐ症状に出る人と、数時間経ってから出る人もいたりと個人差があるものですので、やはり病院で検査を受けるのが安全だと言えます。

猫アレルギーを克服する方法はある?

猫アレルギーを克服するためには、猫と暮らす住居の清掃をこまめにすることと言えます。そして最も重要なのは、部屋の換気を一日に一度は必ず行うことです。空気を入れ替えることで蔓延したアレルゲンを外に出すのです。

部屋の掃除もただ掃除機をかけただけではアレルゲンを取り除くことはできません。猫のフケや抜け毛は舞いやすく天井にも付着しやすいのです。

ポイントは、天井から丁寧に抜け毛やフケがなるべく舞うことのないように丁寧に拭き掃除をしてから掃除機をかける方がいいです。あとは、空気清浄機も置いておくと目に見えない物質をキャッチしてくれるので役立ちます。

あと、アレルゲンが付着しやすい繊維質のものは極力置かないことが重要です。布製のソファーやカーペットはアレルゲンの温床とも言われています。

次に、猫のブラッシングをこまめに行い、猫に触れた後はきちんと手を洗うことを習慣づけることも大事です。そうすることで極力アレルゲンを除去していきます。

上記で紹介した克服方法は、できるだけアレルゲンを減らす努力をするという方法であってアレルギー体質そのものが変わるわけではありません。できることならアレルギー体質とはおさらばしたいものです。

アレルギー体質を克服するには、基本的に体質改善を図る必要があります。体質改善とは、すなわち体の免疫力を上げることに繋がり、根幹には生活習慣を調えることが最終的には重要ということになるのです。

不摂生をせずに、適度な運動と十分な睡眠、毎食バランスの取れたものを摂る。これだけで免疫力の向上につながります。それは当然、猫アレルギーに対しての免疫力の向上にもなることなのです。

毎日、規則正しい生活をして掃除もこまめに行ったりと、猫アレルギーの人が猫を飼うということは並大抵の軽い気持ちではできないことで、覚悟や責任などを持っていなければ成しえないことだと言えます。

しかし、やることは多くて大変でもそれに勝るくらい猫との暮らしに喜びを感じることができますのでそんなに苦にはならないはずです。

ただ、何よりも前にやらなくてはいけないことは、現実的に猫を飼うことができるかどうかの判断を病院で確かめることが大前提だということを忘れないようにしてください。

シャルトリューの餌やキャットフードでおすすめは?