チンチラ(ペルシャ猫)の子猫を買う方法は?ショップ?ブリーダー?

チンチラ(ペルシャ猫)の子猫を買う方法は?ショップ?ブリーダー?

チンチラペルシャと言えば、美しい被毛とエレガントで高貴な姿で日本でも大変人気の高い猫種です。今回は、そんなチンチラペルシャの子猫を入手する方法や値段と合わせて特徴や性格などを紹介します。

チンチラ(ペルシャ猫)の子猫の特徴や性格とは?

チンチラ(ペルシャ猫)の子猫の性格や特徴とは?値段はどれくらい?

2019年1月9日
チンチラペルシャの特徴は、ペルシャ猫とほとんど大差はないですが、強いて言うなら毛質が軽くて毛色もペルシャ猫よりは明るい印象になります。

体型は、成猫時になると中型のコビータイプで体長は短めで足も短足なので、全体的に丸い体型です。体重は、平均で3~5kgほどになります。

顔立ちは、ドールフェイスと呼ばれる丸みを帯びた目でアイラインもくっきりしているのでとても可愛らしいです。瞳の色はペルシャ猫と違い、グリーンやブルー系統がほとんどになります。

チンチラペルシャの性格は、基本的にはとても大人しく鳴くこともあまりないほどです。マイペースで穏やかなので、子猫の時でもおもちゃに夢中になることはあまりありません。

猫じゃらしなどで遊ばせようとしても手をちょこっと出すくらいで、すぐにやめたりします。これが成猫になると、更に遊ぶことはほとんどなくなりじっとしていることの方が多くなるでしょう。
活発に運動することは好まず、リラックスしてのんびり過ごすことが何より一番と言ったところですね。

また、誰にでも人懐っこいわけではなく典型的なツンデレタイプでベタベタされるのをあまり好みません。しかし、自分が気を許した飼い主さん一人に対しては愛情表現がストレートで、甘えたりすり寄ったりします。

こういった性格もまたチンチラペルシャの魅力であり、ツンデレ部分に魅了される飼い主さんも少なくありません。

チンチラ(ペルシャ猫)の購入時の値段はどれくらい?

チンチラペルシャに限らず、一般的に猫の価格というのは親の血統や月齢であったり、よりスタンダードに近いかどうかで全く異なってきます。当然、毛色や被毛の美しさも加味されての価格設定になります。

また、ショップで買うのかブリーダーから直接買うのかでも値段は違ってきます。ショップの方が、仲介手数料などがプラスされますので、ブリーダーから買うよりは高価になります。

これらのいろんな価格設定の中で考えると、チンチラペルシャの子猫の価格は大体平均して15万円前後と言われています。最低価格ですと10万円を切る場合もありますし、親の血統でキャットショーなどに出ている子供ですと30万円を超える場合もあります。

チンチラ(ペルシャ猫)のブリーダーの選び方のポイント!

ブリーダーから子猫を飼う場合、肉体的にも精神的にも健康な子猫を迎えたいと誰しも思うはずですがどんなブリーダーがいいのか迷っている飼い主さんも少なくありません。

ブリーダー選びのポイントとしては、まず実際にコンタクトを取って会いに行くことが一番です。飼い主さんとブリーダーとの相性もありますし、どのような環境下で子猫を育てているのか自分の目で見て確かめることができます。

そこで、実際に話を聞くことも大事です。親猫の状態や病気をしたか否か、予防接種などによるアレルギーなどあるかなどです。全く何も問題はないと言い切るのは少し怪しんだ方がいいかもしれません。

多少なりとも、何かしらの注意点などを正直に教えてくれる方が信用できるかと思います。あと、家の中の状態などもしっかりチェックして衛生面の観点から見ても、良い環境で飼育しているかどうかは重要ですね。

次に重要なのは、価格設定です。ショップで買うよりかはブリーダーからの直接購入の方が安く買えるのですが、あまりにも安すぎるのも注意した方がいいかもしれません。ブリーダーも飼育する上で経費は掛かっているはずです。

しかし、あまりにも安いと実際に手をかけて飼育していない可能性や病気を持っている可能性などが考えられます。後のトラブルを避けるためにもその辺も注意して考えた方がいいですね。

一番信頼できるのは、兄弟猫の引き取り先の人を紹介してくれることかもしれません。兄弟猫の引き取り先の人たちを紹介できるということは、何のトラブルもなく良好な信頼関係で売買していたということに直結します。

信頼関係を築けるかどうかは、人と人との相性も関わりますので納得がいくまでいろんなブリーダーを訪ねて自分の目で実際に見ることと、話すことに尽きます。

チンチラ(ペルシャ猫)のブリーダー情報はどこから得るの?

ブリーダーの情報で、手っ取り早いのはやはりネットでの検索に限ります。ただ、ネットに掲載されているブリーダー情報は、日本中のありとあらゆる情報が満載です。

先ほども言いましたが、実際にブリーダーの元を訪ねることを念頭に置いて自分の可能な移動範囲内で探すことをおすすめします。

その他は、地元の掲示板ジモティなどにもブリーダー情報は出ていますしネット以外には地元の新聞などにもブリーダー情報が掲載されている場合もありますので、まずは近所にいるかどうかを探してみるのがいいですね。

チンチラ(ペルシャ猫)はどこから買うべき?

チンチラペルシャを買うにあたり、どこから買ったらよいのでしょうか。実はどこで買うにせよ、メリットだけしかないという事はなくデメリットもついて回ります。ここで代表的な購入先のメリットやデメリットを紹介していきます。

ペットショップからの購入

ショップからの購入のメリットは、一度で必要なものが全て揃う点と、思い立ったらすぐにショップに行けばいいだけでその日のうちに気に入った子を買えるという点です。

その日のうちから、エサや容器やトイレからおもちゃまで揃うので別の店をはしごしなくてもいいという利便性はポイントが高いですよね。

チンチラペルシャは、大体どこのショップでもいないということはほとんどありませんし、もし気に入った毛色の子がいなくても問い合わせたら仕入れてくれる可能性もあります。

チンチラ(ペルシャ猫)の毛色の種類とは?人気カラーはシルバー、ゴールデン?

チンチラ(ペルシャ猫)の毛色の種類とは?人気カラーはシルバー、ゴールデン?

2019年3月10日
しかも、買うのと同時にペットの保険にも加入できるショップも今では数多くありますので非常に便利です。ペットの保険も様々で自分で探して加入するという手間も省けます。

因みに値段ですが、ショップは少し割高な傾向にあります。と言うのも、ショップは仲介業者的な役割になるので生体代金にプラスして仲介手数料が上乗せされるからです。チンチラペルシャの場合ですと、ショップでの値段は大体18~20万円前後となることが多いですね。

しかし、手間が省けるというメリットはあるもののデメリットもあるのです。それは、その子猫がどういうブリーダーに飼育されてどういった経緯でショップに来たかという事が不透明であることです。

それだけではなく、実際ショップではどういう扱い方をされていたのかさえわからないという不安はついて回ります。今では、そんなに悪徳なショップは少なくなってきているのでそこまで心配することはないのでしょうが、心配症の人には向いていないかもしれませんね。

ブリーダーからの購入

ブリーダーから購入するメリットは、自分の目で実際に見てそのブリーダーとも直接会って話せるという点が大きいです。ショップで買う際の不透明な部分が、ここでは全てクリアになります。

親猫の状態まで見れるのはショップではまずないですし、どのように飼育されているかなども後の性格に影響が出ることなので見ておくに越したことはありません。病気の有無や遺伝性疾患の傾向などもわかるのはポイントが大きいです。

価格も、ショップで買うよりも仲介手数料がなく直接購入なので安価になります。チンチラペルシャは大体10~13万円前後あたりになります。
デメリットは、ブリーダーを探す手間です。自分でネットなどからチンチラペルシャを専門に扱っているブリーダーを探し直接連絡を取ったりアポイントをとったりする必要が出てきます。

中には連絡をしても返事がなかったり、対応が遅いブリーダーもいます。そういった点で実際に会って子猫を見て買うに至るまで、どうしても時間がかかってしまいます。

対応が早くても、実際に会ってみて相性が悪かったらその場で決めかねるといったこともでてくるかもしれません。そうなると自分の納得のいくブリーダーに巡り合えるまでいつになるか見当がつかなくなってきます。

しかし、そこまで時間をかけて自分の納得のいくブリーダーに出会えたなら買った後も良好な関係が築けますし、困ったことが起きても一番信頼できる相談相手になることは間違いなしです。

あとは、猫を飼育するのに必要な用品を自分で探して買いに行くという手間と、ペット保険を考えているならそれもまた自分で探して加入しなければなりません。

キャッテリーからの購入

猫を購入するにあたり、キャッテリーからの直接購入もできます。キャッテリーという言葉はあまり馴染みのないものですが、猫好きの人なら聞いたことがあると答える人も少なくありません。

キャッテリーとは日本語に訳すと猫の飼育所という意味合いになります。それならば、ブリーダーも同じではないのかと思うかもしれませんが、実はこのキャッテリーは誰しも名乗れるものではなく一部のブリーダーのみが許されている資格のようなものなのです。

世界には、2つの猫愛護団体があります。2つの機関ともアメリカが本拠地であり、両団体とも世界最大級の血統書発行機関なのです。キャッテリーはそのいずれかの団体から認可される必要があります。

認可されるためには、両団体のどちらかが純血統と認定した登録ナンバーを持つ猫の飼育と繁殖を行っている必要があるのです。

世界の血統書の発行機関が認めた猫ですから、血統に関してはお墨付きとも言えます。当然、ブリーダーの質もいいことは間違いないでしょう。キャッテリーから購入するメリットはこの部分です。

チンチラペルシャの事も当然、熟知している人ですから絶対的な安心感がそこにはあります。しかし、デメリットも当然あります。

まず、価格です。基本的に純血統で、キャットショーなどを視野に入れているという人にはうってつけなのですが、普通に家でペットとして飼育したい場合の人にとっては値段が高価だと感じるでしょう。

どうしても、スタンダードに近いキャットショーに出場しているような血統の猫ですから値段が跳ね上がることは仕方のないことです。実際価格は、はっきりといくらとは言えませんが30万円は予算として組み込んでおくといいですね。

里親募集からの入手

里親募集から、猫を入手するという事もできます。里親募集はネットや動物病院などから情報を仕入れて問い合わせるところから始まります。

基本的に里子に出される猫は、保護された地域猫や飼い主の事情で手放さざるを得なくなった猫が対象になります。
里親になるメリットは、まず生体代金がかからないことと保護猫を引き取ることで社会貢献ができることです。動物好きの人であれば、保健所で殺処分される犬や猫のことで心を痛めたことがあると思います。

しかし、デメリットもあります。猫種を限定してしまうとなかなかお目当ての子に出会える確率は少ないという点です。チンチラペルシャは純血種ですので子猫で里子に出されるケースは、ほぼ皆無と言っても過言ではありません。

成猫のチンチラペルシャなら可能性はあります。しかし、子猫から飼いたいと思っている人には向いていないかもしれません。

そして、里親になるためにはただ引き取りたいと言うだけでは譲渡してもらえない場合があります。生活環境や、猫と一緒にいる時間など細かく聞かれたりする簡単な審査がある場合も可能性として考えておかなくてはいけません。

また、生体代金はかからないものの去勢や避妊手術をすでに受けている猫を引き取る場合はその手術代金の一部を負担するというケースもあるそうです。

チンチラ(ペルシャ猫)を購入する際の注意点は?

チンチラペルシャを購入する前に、注意点がいくつかあります。まず、基本的なことですがこれはチンチラペルシャに限らず生き物を飼うという自覚と覚悟をしっかり持つという事です。

買ったら、そこから10年以上は一緒に生活していくわけですから飼育費用が毎年プラスしてかかっていくという事です。そこには、エサやトイレの事だけではなく健康を維持するために動物病院でかかる費用も入ります。

チンチラ(ペルシャ猫)毎月の費用は?去勢、病気、手術はいくら?

チンチラ(ペルシャ猫)毎月の費用は?去勢、病気、手術はいくら?

2019年1月15日
予防接種や健康診断を始めとして、万が一病気になってしまった場合は治療しなくてはいけません。人間と違って基本的に保険がありませんので、金額は高額になります。今ではペットの保険もありますが、最初は自費ですので負担は大きいです。
チンチラ(ペルシャ猫)がかかりやすい病気とは?

チンチラ(ペルシャ猫)がかかりやすい病気とは?

2019年2月25日
経済的なある程度のゆとりは動物を飼うのであれば必要です。お金がないから具合が悪そうでも病院に連れて行けないという判断をするのは、猫にとっても飼い主さんにとっても不幸な事です。

また、チンチラペルシャを買うとなった場合、長毛種であるという事を注意しなくてはいけません。短毛種と違って、お手入れに手間がかかるという事です。ブラッシングは必須事項とも言えることで怠ると毛球症という病気を発症する可能性もあります。

チンチラ(ペルシャ猫)に最適なブラッシングとは?

チンチラ(ペルシャ猫)に最適なブラッシングとは?

2019年2月21日
チンチラペルシャのような長毛種の美しい被毛は、お手入れをするから美しいのであって何もしなければ、あちこち絡まったりして毛玉もどんどん増えていきます。

初めて、長毛種を飼うという人はブリーダーやショップの店員からお手入れ方法をよく聞いてお世話をしてあげてくださいね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


チンチラ(ペルシャ猫)の子猫を買う方法は?ショップ?ブリーダー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA