猫の小ネタ

猫がマーキング習性でおしっこをする原因と対策猫の小ネタ

猫がマーキング習性でおしっこをする原因と対策

猫がおしっこや顔を擦り付けるのは、マーキングという習性が強く影響しています。
元々野生動物だった猫には、自分の縄張りや所有権を臭いで主張するマーキングという行動が今も残っています。顔をすり寄せてくる程度ならばまだ可愛いものですが、マーキング行動の中でも「スプレー」と呼ばれるおしっこをかける方法は、臭いも強く室内も汚れてしまい大変厄介です。
特に室内で行われると少々厄介ですよね。
しかし猫も好きでやっているわけではなく本能で行ってしまうので、何も対処をしなければ何度もスプレー行動をしてしまいます。
そのスプレーをやめさせる方法はどんなものがあるのでしょうか。

嫌いニャー!猫をお風呂に上手に入れる3つのポイント猫の小ネタ

嫌いニャー!猫をお風呂に上手に入れる3つのポイント

自由奔放で、外でのおさんぽが大好きな猫ちゃん達。外にはほこりや害虫がいっぱい。足はどろだらけ。そんな状態で家の中に平気で入ってきます。毛皮でおおわれている猫ちゃんですから、時にはしっかり体を洗ってあげないと猫ちゃん自身の肌や体にもダメージを与えてしまいますし、おうちの中も汚れてしまいます。特に、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、外からの汚れは気になりますよね。しかしながら、猫ちゃんをお風呂に入れるのはなかなか大変!一体どうやって入れたらいいのでしょう。

暴れる猫を押さえつけてはいけない理由を知っていますか?猫の小ネタ

暴れる猫を押さえつけてはいけない理由を知っていますか?

例えば飼っている猫がいたずらをした場合などには怒る事が一般的になっていますが、この時に猫が暴れだす事があります。この場合は人間から見ればしつけをしようとしているのに反抗されたと感じますので、中には猫を無理やりに押さえつけてしまう方がいらっしゃいます。
しかしこの暴れる猫を押さえつけると言う行為は危険だとされていて、主に三つの理由から避けた方が良い方法になっています。その三つの理由とは猫の安全も含まれていますし、飼い主の身を守ると言う意味も持っています。
したがって可愛い愛猫とこれからも仲良く、そして楽しく暮らしていくためにも暴れている時に無理やり押さえつけてしまう事はやめたほうが良いと言えます。

知ってる?猫の種類と性格の違い猫の小ネタ

知ってる?猫の種類と性格の違い

猫の性格といえば、多くの人が口を揃えていうのが「どの猫も天上天下唯我独尊・自由気ままな最強ツンデレ」ですよね。ところが、やっぱりそれぞれの猫に性格というか傾向というものがあるのです。

「うちの猫はツンばっかりでちっともデレないなぁ・・・。いつデレるのかなぁ」と待っている飼い主さんいませんか?もしかしたらデレないタイプの猫かもしれません。そんな時はデレを待つのではなく、開き直ってツンツンを楽しみましょう。

猫の性格の分類には、猫種と毛の色の違いがあるようです。それを知っていると、猫との生活がより楽しくなります。「知らなかったけど、甘えん坊なんだな~。」なんて発見もあるかもしれません。猫との快適生活の参考にしてください!

猫を飼う初心者が知るべき5つのポイント猫の小ネタ

猫を飼う初心者が知るべき5つのポイント

最近の、猫人気には目を見張ります。人気の理由は、「猫のあざとい可愛さ・絶妙なツンデレ加減に心を掴まれる人が急増している」が大きな割合を占めていると思います。しかし、人気を後押しするのは、「比較的飼いやすい」という猫のありがたい性質です。割と気楽に迎え入れられますよね。

それ自体は、悪いことでも、間違っていることでもありません。ただ、「気楽に・飼いやすい」ということでは、何もしなくていいわけではありません。飼い主として、果たすべき責任、気にかけるポイントはたくさんあります。「もっと楽だと思った~」では、迎え入れられた猫も困ってしまします。

素敵なニャンニャンライフを送るには、素敵な飼い主になることから!頑張ってください!

一人暮らしで猫を飼うために知っておく5つのポイント猫の小ネタ

一人暮らしで猫を飼うために知っておく5つのポイント

最近の猫ちゃん人気といったら凄いですね。可愛いですものね。ツンデレ加減なんかたまりません。そしてなによりも、猫は飼いやすいのです。トイレトレーニングもそんなに時間がかからないし、1匹遊びも上手です。聞いた話によると、きちんと準備をしておけば、2日ぐらいなら1匹で留守番をしていてくれるらしいです。そのため、「一人暮しでも上手く同棲していける動物ランキング」のトップをひた走っています。
しかし、当然のことですが、楽しいだけでは生活できません。全く手がかからない生き物はいません。気楽に家に迎え入れて、後から「想像と違った。もう嫌だ。」では最悪です。しっかり覚悟を決めてください。