二匹目の猫を飼おうと思った時に考えないといけないこと

二匹目の猫を飼おうと思った時に考えないといけないこと

二匹目の猫を飼うには

飼っている可愛い愛猫に、パートナーまたは猫の遊び相手が欲しいと思ったことはありませんか?ペットの猫が増える事は飼い主にとってはにぎやかで喜ばしい事ですが、果たして元々いる猫にとってはどうでしょうか。迎える猫との相性が良く、仲良くしてくれたらいいのですが、もし喧嘩ばかりになってしまえば、お互いストレスを抱えたまま暮らしていくことになります。それでは、次に迎える猫はどんな性格や特徴を持っていて、私達ペットオーナーはどんなことに気を付けて2匹を飼ったらいいのでしょうか。多頭飼いを始める際に見極めなくてはいけないポイントは、先住猫と迎える新入り猫の相性、それぞれの猫の健康はどうか、住環境、ペットオーナーさんの経済面、そして何よりも事前準備です。これらをしっかりと考えずに多頭飼いを始める事は、猫達にとってもオーナーさんにとってもゆくゆく大きなストレスを抱えてしまいますので、しっかりと準備をしていきましょう。

猫同士の相性はどのように見極める?

それでは、猫同士の相性はどのように見極めたらいいのでしょうか。まず、成功するケースとしては、若い猫のところに新しい猫を迎える事です。若い方が順応性が高く、お互い慣れるのが早いので、恰好の遊び相手になってくれるはずです。逆にあまり先住の飼い猫がお年を召している場合、病気がうつったり、生活環境が変わることへのストレスが懸念されるため、あまりおすすめできません。また、あまり若い猫とお年を召した猫という組み合わせも、ストレスになりやすい組み合わせです。性別はメス同士のほうが難がなく、去勢手術を済ませた猫同士はトラブルが少ないと言われています。オスはなわばり意識が強く、混ぜると喧嘩になりやすいと良く言われています。また、猫にもいろいろな性格があり、今までの生活環境と変わることでストレスを抱えてしまう場合もあります。おとなしい猫や、今まで一匹で静かに暮らしていた猫見知りの猫などは、新入りの猫に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。オーナーさん自身が先住猫の性格を一番よく知っているはずですので、新しい猫を迎え入れる前によく考えてみてあげて下さい。

住環境をもう一度見直してみましょう

猫が増えると言う事は、それだけ経済面での負担も増え、2匹が日々快適に暮らせる住環境が必要となってきます。また、病気をしたときなどはそれぞれの猫を隔離したり、病院に連れていったり等、必然と飼い主さんの負担も増えます。経済的、時間的負担が増えても問題がないか、よく考えてから飼い始めましょう。また、複数猫を飼う場合には、必ずそれぞれが落ち着ける休息スペースが必要です。猫は高いところや狭いところ、暗いところが好きで落ち着くので、それぞれの猫のためにそういったスペースを確保してあげて下さい。 高さが異なる猫タワーなどは、さほど場所をとらず、それぞれの居場所も確保できていいでしょう。また、餌を上げる時には、別々の場所でした方がけんかになりにくいので、それぞれの食器が必要です。トイレも可能であれば複数設置した方がストレスにならず良いでしょう。

さあ、いよいよ迎える準備です

考えがまとまったら、新しい猫を迎える準備をしましょう。新しい猫をはじめて迎える時は、まずは家の中で先住猫が暮らしているエリアに、ケージに入れて過ごさせましょう。まずはお互いのにおいを嗅がせることで、お互いの存在を認識します。慣れてきたら少しずつケージから出してみましょう。まずはケージの外でもお互いのにおいをかぎ合うと思いますが、はじめは急にけんかが始まったりする場合もありますので、できるだけオーナーさんはしっかりと見届けてあげてください。また、先住猫には先にその生活環境やオーナーさんを知っているプライドがあるので、優先してあげてください。新しい猫ばかり構うと、赤ちゃん返りのようになって意地悪したり、粗相をしたりする場合がありますので、どんな時も先住猫からお世話をするようにするといいでしょう。

二匹目の猫を飼おうと思った時に考えないといけないこと