マンチカンを保健所から譲り受けて里親になる方法、注意点とは?

マンチカンを保健所から譲り受けて里親になる方法、注意点とは?

ペットショップでよく販売されおり、人気の高いマンチカンは値段が高い事が多くあります。しかし、保健所から譲り受けて里親になる方法もあります。ここでは、マンチカンの里親になる方法や注意点、マンチカンの性格や特徴について解説いたします。

マンチカンの里親を検討するということ

折れ耳や手足が短い小柄な猫種である「マンチカン」をペットショップなどで見掛けたことがあるという人は多くいると思います。

手足の長さが短いマンチカンや耳が折れているマンチカンは、他の猫と比較して高い値段で販売されている事が多くあります。

それでも他の品種の猫と比較して、小柄で見た目に特徴があるマンチカンの人気は高く「飼いたい」という人は多くいます。

しかし、ペットショップで購入する以外にも、保健所などから譲り受けて里親になるという方法もあります。

捨て猫や迷子猫となり、飼い主が見つからない猫を保護している団体や保健所があります。

最近では保護猫カフェなど、保護した猫と触れ合いながらカフェを楽しむお店があり、実際に接して飼いたい子がいる場合は、譲り受けて里親になる事ができます。

インターネットでも里親を募集するサイトなどもあり、子猫が産まれたり、アレルギーなど様々な事情で猫を飼えなくなってしまった人が里親を募集する事は多くあります。

猫は繁殖率が非常に高く子猫が増えるため、捨て猫から子猫が増え続け、保健所で保護され里親が決まらない場合は殺処分となる猫が多いのが現実です。

保健所の場合、保護されている動物の数が多く保護する期間が決まっているため、期限を過ぎると殺処分というルールがあります。

ペットショップで買う前に、一度保健所にいる猫を譲り受けて里親になる事も考えてみてはいかがでしょうか?

その中に、マンチカンがいる事もあります。保健所からマンチカンを譲り受けて里親になる事をお考えの方は、マンチカンの性格や特徴を理解してから里親になりましょう。

マンチカンの特徴や性格は?

マンチカンを飼う前に、マンチカンの性格や特徴を理解しましょう。ここでは、マンチカンの性格や特徴について解説いたします。

マンチカンの特徴

マンチカンは「猫界のダックスフント」とも呼ばれており、日本猫などの他の品種の猫と比較して手足の長さが短く、耳が小さく折れている見た目が特徴の猫種です。

他の品種の猫と比較して小柄で、コロコロとした丸みのある見た目をしています。

しかし、最大の特徴でもある折れ耳や短足でないマンチカンもいて、手足の長さが日本猫などの他の品種の猫と同じ長さや、耳が立っているマンチカンもいます。

足の長さが短いマンチカンが生まれる原因は解明されておらず、短い足や長い足、その中間の長さの足など様々なマンチカンがいます。

手足や耳以外にも、丸みのある顔や小柄な体型などの特徴があります。

顔に丸みがあり、体に対してやや顔が大きく見える事が特徴的で、丸々とした目が可愛いと人気の理由の一つでもあります。小柄な見た目なのに対し、筋肉質で運動好きな活発であるというギャップもあります。

毛の色はブラックやクリーム、レッド、カメオ、ブルーなど様々なカラーで、毛の柄も単色や、三毛(キャリコ)、タビーなど様々な柄のマンチカンがいます。

短毛種や長毛種など毛の長さも様々で、滑かな手触りの良い毛質をしています。目の色はブルーやグリーン、ゴールドなど様々です。

マンチカンの小柄で手足が短い見た目から「不器用そう」「運動神経が悪そう」というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、運動が大好きで非常に活発な猫種です。

そんな意外にも活発なマンチカンの性格について解説いたします。

マンチカンの性格

マンチカンは人懐っこく甘えん坊な性格が多く、初めて猫を飼う人にもおすすめの猫種です。他の猫や動物とも比較的仲良く過ごせるため、多頭飼いにも向いているでしょう。

とても活発なので、おもちゃで遊んだり走り回ったりと見た目とは違いスポーツ万能で、好奇心が高い猫種です。

しつけもしやすく賢い子が多いため留守番も得意とし、家を空ける事が多い家庭でも飼いやすいでしょう。

甘えん坊な性格が多いので「猫と一緒に遊びたい」という人にもおすすめの猫種なので、おもちゃで遊んであげたり、構ってあげるととても喜んでくれるでしょう。

しかし、マンチカンに限らず猫はマイペースな性格なので、過剰に接すると猫がストレスを感じてしまう事もあるので、その子のペースに合わせるようにしましょう。

また、社交的で人や他の動物にも優しい性格ですが、少し臆病な一面もあります。

大きな音に非常に敏感なので、しつけだとしても大きな声で怒ったり、大きな音で驚かす事はやめましょう。

しつけの場合は、大きな音や声で脅かすのではなく、優しく鼻先を弾くなど、マンチカンが恐がらないしつけをしましょう。

臆病な性格でもあるので、恐がらせてしまうと飼い主との信頼関係も無くなってしまします。

比較的、聞き分けが良く賢い子が多いマンチカンですが、性格や賢さは個体差があるので、その子の性格を理解してあげましょう。

特に子猫のマンチカンは、非常に活発で好奇心旺盛なので、子猫のマンチカンを飼う場合は最初はやんちゃである事が多いでしょう。

飼い主やマンチカンの暮らす環境、個体差などにより性格は様々なので、その子の性格を探してくださいね。

マンチカンの子猫の里親になる際の注意点は?

マンチカンに限らず「猫を飼うなら子猫から飼いたい」と思う人が多いと思います。

子猫の時から飼っている方が飼い主に懐きやすくしつけがしやすいなどのメリットや、子猫の小さい姿から成長を見る楽しみもあります。

しかし、成猫でもしつけが既に出来ていたり、飼い主に懐く猫もたくさんいます。

子猫も成猫もどちらも良さがあるので、子猫を飼うのか成猫を飼うのかどうかは、飼い主となる人の希望や家庭環境によって決めると良いでしょう。

既に猫を飼っていて多頭飼いとなる場合は、先住猫との相性を確認してから飼いましょう。

マンチカンの子猫の里親となる場合は、注意しなければならない事があります。ここでは、マンチカンの子猫の里親になる際の注意点について解説いたします。

マンチカンの子猫は人気が高い

里親を募集している保健所などの保護施設、インターネットの掲示板などでマンチカンの子猫の里親になる場合は、気になる子がいたら早めに問い合わせや対面をする事をおすすめします。

やはり、子猫から飼いたいという人が多く、マンチカン自体も人気の高い猫種なので、マンチカンの子猫が募集されている場合、すぐに里親が決まる事が多いです。

そのため、マンチカンの子猫が募集されていたら、できるだけ早く問い合わせをして里親になる準備をしましょう。

里親になる前に注意点

とても可愛い子猫のマンチカンが里親募集されていたら問い合わせをしたり、実際に保健所や保護施設に足を運んだ場合は「すぐに連れて帰りたい」と思う人も多くいます。

しかし、子猫は成猫よりも手が掛かる事が多く、ミルクや子猫用のキャットフードなど子猫に必要なものを揃えなければいけません。

マンチカンの子猫の里親となり迎え入れる前に、必要なものを揃え、飼育する環境を整えましょう。

必要なもの

  • 食器
  • 子猫用キャットフード
  • 粉ミルク(必要な月齢の場合)
  • 爪とぎ
  • 毛布などの寝床
  • トイレ
  • トイレ砂
  • マンチカンや子猫に限らず、猫を迎え入れる前に、必要最低限のものを揃えましょう。

    マンチカンは好奇心旺盛で活発な性格をしており、子猫の場合は特に元気に動きます。そのため、十分に運動できるスペースを作り、おもちゃなどを用意する事をおすすめします。

    子猫でも安全に暮らせる室内環境を整え、誤食や怪我をしないように気を付けましょう。

    特に子猫のマンチカンに限らず、成猫となってもマンチカンは手足が短く、高い所からジャンプをした時に足腰に負担がかかりやすい事もマンチカンの特徴です。

    手足や腰に負担が掛かる事により、椎間板ヘルニアの原因や手足の怪我をする恐れがあります。マンチカンの子猫の場合は、特にまだ体が丈夫でないので注意が必要です。

    一番の注意点「繁殖」

    マンチカンの子猫の里親になる一番の注意点は「繁殖」です。猫は繁殖率が100%とも言われています。

    非常に繁殖率が高い動物で、一度の出産で複数の子猫を産みます。また、生後6ヶ月の子猫でも妊娠をするため、繁殖の予定が無い場合は去勢・避妊手術をしなければなりません。

    マンチカンに限らず、子猫の里親となる場合は去勢・避妊手術をまだしていない事が多いため、去勢・避妊手術の有無は必ず確認をしましょう。

    去勢・避妊手術をしていないマンチカンの子猫を迎え入れる場合は、手術の時期を決め、手術・入院費用が掛かる事も頭に入れておきましょう。

    既に性別が異なる猫を飼っていて多頭飼いとなる場合は、去勢・避妊手術をするまで先住猫とは別の部屋で暮らすなどの対策が必要です。

    子猫の成長のスピードには個体差があるので、生後6ヶ月未満でも早くから発情期となり妊娠する事もありますので注意しましょう。

    子猫を安心させてあげる

    早くから親猫と離れた子猫や、迷子となってしまった子猫、捨てられた子猫など、保健所や保護施設にいる子猫は不安を感じている子もいます。

    中には、人に慣れていない子猫や、過去に嫌な思い出がある事で人に対して警戒心がある子もいます。

    元々人懐っこい性格の子でも、新しい飼い主が見つかり甘えたい気持ちがありながらも、初めての環境や人に驚き不安となり、最初は臆病で警戒心が高くなりやすいでしょう。

    そのため、新しい飼い主や新しい家が安全であるという事を教えてあげなければいけません。

    特にマンチカンは臆病な性格の子が多いため、マンチカンの子猫を迎え入れる場合は、大きな音などびっくりするような環境は避け、静かで安心できる環境を作りましょう。

    先住猫が居る場合は、部屋を別にしたり、ケージを用意するなどの工夫をし、先住猫にとっても新入りの子猫にとっても安心できる環境を整えてから迎え入れましょう。

    予防接種を行うこと

    マンチカンの子猫の去勢・避妊手術だけでなく、ワクチン接種やウイルスなどの検査、ノミ・ダニの予防が必要となります。

    保護施設の環境にもよりますが、衛生環境が良くない場合もあります。ノミ・ダニの予防やワクチン接種は必ず行いましょう。

    里親となった場合は、動物病院を受診して、ウイルス検査、ワクチン接種、ノミ・ダニの予防を行いましょう。

    里親となる前に、可能な限りの病気の有無や大体の年齢など情報を確認する事をおすすめします。

    マンチカンの子猫が里親募集されている事が珍しく、すぐに里親が決まりやすいため「はやく飼いたい」と焦ってしまうかもしれませんが、環境を整え注意点を理解してから迎え入れましょう。

    マンチカンの子猫の里親になる方法は?

    ここでは、マンチカンの子猫の里親になる方法について解説いたします。

    マンチカンの子猫の里親になりたいと思った方は、一度お住まいの地域の保健所動物愛護センターに問い合わせをする事をおすすめします。

    最近では、保護した猫と触れ合いながらカフェをする「保護猫カフェ」なども人気が高く、保健所や保護猫カフェなどは実際に猫と対面する事ができるので、性格や飼い主との相性を確かめる事ができます。

    また、動物病院でも猫を保護して里親を募集している事もありますので、問い合わせをしてみても良いでしょう。

    家族のアレルギーや子猫が産まれたなどの様々な事情により、猫を飼えなくなってしまった人がインターネットで里親を募集している場合もあります。

    インターネットでは、里親の募集をする専用の掲示板や、TwitterなどのSNSなどで里親の募集をしています。

    その場合は、実際に猫と対面をする事ができず、相手も誰か知らない人なので、里親の詐欺など様々なリスクがあります。

    その子の性格や性別、特徴、病気の有無、里親となる条件などが書かれている場合はよく読み、書かれていない場合は確認をして理解をしてから譲り受けましょう。

    その他にも、友人や親戚、近所などに呼びかけて里親になる方法もあります。友人や親戚、近所の場合は知人なので安心できるメリットもあります。

    知人がマンチカンの子猫を拾った、マンチカンの子猫が産まれたなどのケースもありますので、マンチカンの子猫を飼いたいという事を伝えて呼びかけるのも一つです。

    お住まいの地域の里親募集サイトに登録をし、マンチカンの子猫とカテゴリーを選んで検索をすると見つけやすいので、サイトの登録もおすすめです。

    里親になる条件がある場合は、条件が整っているか、整える事ができるかどうかその条件を理解しましょう。

    年齢の条件や、多頭飼い、県外に住んでいる、家を空ける人が多い家庭は譲渡禁止など様々な条件があります。

    譲渡する前に一度、自宅の訪問があったり、飼い主となる人の身分証明を提示しなければならない事が多くあります。

    里親を募集している相手も納得をしているかどうかなども確認をしてから譲り受けなければ、トラブルの元になります。

    どのような方法でも、マンチカンの子猫の里親となる場合は、その子の特徴や性格、病気の有無など、注意点を理解してから迎え入れるようにしましょう。

    マンチカンの子猫の里親になるときの心構えは?

    可愛いマンチカンの子猫の里親となり、猫と暮らすという事はとても癒され、楽しい生活になるでしょう。

    しかし、ただ楽しいだけではありません。マンチカンの子猫に限らず「猫を飼う」という事は「命を預かる」事になります。

    マンチカンの小柄で丸みのある愛くるしい見た目や子猫の可愛さに惹かれ「飼いたい」というその時の感情だけで飼う事はおすすめしません。

    猫を飼うという事は様々な問題が出てくる事があります。特に、マンチカンという猫種は遺伝疾患により手足が短いと言われており、遺伝疾患が原因で様々な病気や怪我になるリスクもあります。

    マンチカンに限らず、子猫はより手が掛かる事もあります。子猫は非常に活発なので、たくさん運動をさせてあげなければいけません。

    マンチカンの子猫の里親になるにあたり、心構えが必要となります。ここでは、どのような心構えをしなければいけないのかについて解説いたします。

    最後まで責任を持って飼うこと

    猫を飼うという事は命を預かるという事です。飼い主が風邪などで体調が悪い時があっても、毎日のお世話は怠ってはいけません。

    食事やトイレの掃除、ブラッシング、遊んであげる時間など毎日お世話をしなければなりません。旅行だからと何泊も家を空ける事もできません。

    一人暮らしで家を空ける事が多い場合は、猫自身が孤独を感じストレスとなってしまう事もあります。

    飼い主のライフスタイルや飼育に掛かる費用、動物病院へ連れて行く事など様々な事を考え、最後まで責任を持って飼う事ができるどうかを確かめましょう。

    猫可の住宅なのかどうかを確認する

    猫を迎え入れる前に、住んでいる家が猫を飼って良いのかどうか確認しましょう。

    マンションや賃貸の場合、管理人に確認しなければ、管理人や近隣とのトラブルになってしまいます。

    「ペット可」となっていても「2匹まで」など飼育数に制限があったり「犬は可、猫は不可」などペットの種類に決まりがある場合もあります。

    管理人に内緒で飼ってしまうと、後々トラブルとなり転居や猫を手離さないといけない事となる可能性があります。

    里親になる場合は、ペット可の家なのかどうかを確認してから譲渡というルールがあります。規約や契約書をきちんと読み、管理人に最終確認を取るようにしましょう。

    また、今後の引っ越しや結婚、出産など様々なライフスタイルも考え、猫を最後まで責任を持って飼う事ができるかどうかを確かめてから飼いましょう。

    猫は爪とぎをする動物である事を理解すること

    猫は爪を研ぐ動物です。部屋の柱やカーテン、ソファなどを引っ掻いてボロボロにする事はよくあります。布団の上などで粗相をする事もあります。

    飼い主や家族の大切にしているものを壊してしまう可能性もあります。しつけができる猫もいますが、しつけをしてもなかなか覚えない子もいます。

    そのような猫の行動を理解できない場合は、猫と暮らす事は向きません。そのような事が理由で、猫を捨ててしまったり、里親に出すという人がいる事も現実です。

    猫にとって、飼い主と離れるという事はとてもストレスになり、不幸となってしまいます。

    特に子猫はやんちゃで部屋を散らかす事があります。子猫の時期はたくさん運動させてあげる必要もあるので理解が必要です。

    中にはしつけをしたら覚える事ができる賢い猫もいますが、元々猫はそのような行動をするという事を頭に入れておき、マンチカンの特徴をしっかり理解をしてから飼いましょう。

    お金が掛かること

    猫を飼育するのに生涯掛かる費用は約150~300万円と言われています。なぜ、そのような大きな差があるかというと、病気や怪我、寿命により異なるからです。

    最近の猫の平均寿命は延びている傾向にあり、、約15年生きると言われています。マンチカンの平均寿命が約12~13年と言われていますが、15年以上生きる長寿のマンチカンもいます。

    子猫から飼育する場合は、成猫から飼うよりも費用が掛かると言えます。特に、マンチカンは遺伝疾患により様々な病気や怪我になりやすい猫種でもあるので、医療費が掛かる事も考えられます。

    マンチカンの子猫を飼うにあたり、餌代などの生活必需品以外にも医療費も掛かる事を理解しましょう。万が一に備えて、ペット保険に加入する事もおすすめです。

    猫を飼うという事はお金が掛かる事は覚悟して飼いましょう。

    家族全員が猫を飼う事に賛成していること

    飼い主となる自身以外の一緒に暮らす家族全員が、猫を飼う事に賛成しているかどうかも確認をしましょう。

    里親として譲り受ける場合は、家族全員の同意があるかどうかを確認してから譲渡というルールなどもあります。

    猫アレルギーの家族がいる場合、一緒に暮らす事が困難になる事もあります。「子どもができて子どもがアレルギーになった」という理由で里親に出す事も多くあります。

    様々なリスクを考え、猫が不幸にならないように、家族全員が納得しているかどうかが大切です。

    家族全員が賛成していて、問題が無ければ上記のような心構えをして、環境を整えてからマンチカンの子猫を迎え入れましょう。

    マンチカンを保健所からもらうには?

    保健所にいるマンチカンの里親になりたいとお考えの方は、どのように譲り受けるのか、条件があるのかどうかなど不安な方もいるかもしれません。

    ここでは、保健所からマンチカンの里親となる方法や条件などについて解説いたします。

    保健所(動物愛護センター)とは?

    それぞれの地域にある保健衛生行政機関を保健所と言います。保健所の中でも医療に関わる指導や、飲食店の営業許可を出す部署など様々な公衆衛生に関する業務があります。

    その中で、野良猫の去勢・避妊手術や動物の保護をしている「動物愛護」があります。

    しかし、野良猫や迷子猫の数は非常に多く、保護する期間が設けられてしまいます。その期間を過ぎてしまうと殺処分となってしまうのです。

    そのため、最近では殺処分ゼロを目指して保護された動物を引き取るボランティア団体が存在し、殺処分を減らすために里親を探す活動をしている人もいます。

    それでも、保護猫の数は非常に多く、殺処分が無くならないのが現状です。

    ペットショップで猫を飼う事がダメな事ではありません。様々な場所で猫との縁があると思いますので、保健所にその縁があるかもしれません。

    選択肢の一つとして、保健所から里親になる事も検討してみてはいかがでしょうか?その中に、かわいいマンチカンが待っているかもしれませんよ。

    保健所(動物愛護センター)から里親になるには?

    実際に、保健所から譲り受けてマンチカンの里親となる場合は、まず条件をクリアしなければなりません。

    お住まいの地域の保健所により条件は異なる場合があるので、問い合わせをして確認をしましょう。

    どの地域でもよくある条件の例をご紹介いたします。

  • 住んでいる地域の保健所(動物愛護センター)なのかどうか
  • 一緒に暮らす家族全員の同意があるかどうか
  • ペット(猫)飼育可の住宅なのかどうか(証明書が必要となる事もある)
  • 年齢制限(65歳までなど年齢の上限、成人しているかどうかなど)
  • 動物(猫)を飼うにあたり時間や金銭的余裕があるかどうか
  • 主に上記のような条件が多くあります。地域の保健所により条件は異なる事もありますが、既に先住の動物を飼っている家庭には譲渡できない場合もあります。

    また、自宅に訪問をして家庭環境などの調査が必要となります。上記のような条件以外にも、講習会の参加や自宅訪問、審査、相性確認など全ての条件をクリアしなければ、里親になる事ができません。

    譲渡後の訪問や電話による調査なども多くあります。

    それらの条件や審査があるのは「猫を飼う事ができる環境なのかどうか」「動物(猫)を飼うのに相応し人かどうか」を判断するためです。

    お住まいの地域の保健所の条件を確認し、条件をクリアし猫との相性が合う場合は、最後まで責任を持ってマンチカンの里親として迎え入れましょう。

    人間と同じように、猫も病気や怪我をする事があります。ずっと健康とは限らないので、何があっても最後まで猫に寄り添い、マンチカンとの楽しい生活を送ってくださいね。

    マンチカンの値段は?耳折れのマンチカンは値段が高い?

    ペットショップで販売されている猫を見ていると、マンチカンはとても人気が高く、値段も他の品種の猫と比較して高い傾向があります。

    特に、手足の長さが短ければ短い程値段が高い事が多くあります。耳が折れているマンチカンも高い値段で販売されています。

    特徴でもある手足や耳以外にも、親猫がキャットショーで賞を受賞していたり、顔つきや年齢によっても値段が異なります。

    子猫の方が値段が高く、成猫となり売れ残ってしまった場合はだんだん値段が安くなる事が多いようです。

    保健所でも殺処分があるとご説明いたしましたが、実はペットショップで売れ残ってしまった動物の殺処分がある事も現実です。

    売れ残ってしまった場合、なるべく飼い主をみつけるためにも値段が半額以下になる事もあります。

    ペットショップのマンチカンの価格は約10~50万円と言われています。年齢や見た目により大きな価格の差があります。

    短足や耳折れのマンチカンは非常に希少のため、約20万円以上と高い値段で販売されている事が多くあり、それでも人気が高いため早くに飼い主が決まると言われています。

    しかし、中にはなかなか飼い主との縁が無いマンチカンもいますので、一度ペットショップに行ってみてもいいかもしれません。

    高くても安くてもペットショップで購入する場合は、マンチカン自体にお金が掛かかります。しかし、保健所から里親になる場合は猫自体にはお金は掛かりません。

    マンチカンは他の品種の猫と比較してやや高い値段で販売されていますが、保健所から里親になると0円です。

    ワクチン接種や去勢・避妊手術の費用は負担する事が多いですが、マンチカン自体にはお金が掛からないので「マンチカンを飼いたいけど値段が高く悩んでいる」という方は、里親も検討してみてくださいね。

    保健所にいるマンチカンが人気の高い折れ耳や短足の可能性もあります。見た目も魅力の一つですが、見た目だけで無く縁や相性、性格などそれぞれの個性や魅力があるでしょう。

    どのようなマンチカン、どのような方法でマンチカンを飼育するとなっても、猫を飼うにあたって必要な心構えをして、最後まで責任を持って可愛がってくださいね。


    当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

    ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

    アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


    マンチカンを保健所から譲り受けて里親になる方法、注意点とは?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA