マンチカンの名前ランキング、良い付け方とは?

マンチカンがかかるかもしれない病気とその原因・予防方法とは?

マンチカンは「猫界のダックスフント」と言われるほど足の短い猫であり、そのユーモラスで可愛い動きから人気が急上昇しています。猫は名前を付ければ覚えてくれるので、どんな名前が好まれているのか現在の傾向と、芸能人のような有名人が飼っているマンチカンの名前についても紹介しましょう。

そもそもマンチカンという名前の由来とは?

マンチカンという種類の猫が誕生したのは北アメリカであり、その名前の由来は英語から来ています。

北アメリカではマンチカンのことを「マンチキン」とも言います。

この「マンチキン」というのは、英語では「短縮」という意味になります。

この「短縮」は見た目通り四肢の短さにあり、そのためにマンチカンの名前の由来は「短い足」から来ているのは間違いないでしょう。

ただ「マンチキン」という言葉には、他にも意味があります。

「オズの魔法使い」で登場する小人の一族も「マンチキン」であり、そこから「おチビちゃん」という意味も持っています。

マンチカンは足が短いので、一般的な猫に比べても体の大きさが小さいという印象があるようです。

マンチカンは「munch」(マンチ)という英語の意味が「むしゃむしゃ食べる」という意味も含んでいます。

「オズの魔法使い」の小人のように小さいのに、よく食べるという意味も由来の一つです。

マンチカンは本当に食欲旺盛で大食漢ですが、成猫になってもオスは4kg以下で、メスは3kg程度しかありません。

大人になっても子猫のような風貌を持っているので、「おチビちゃん」と言われても納得できます。

マンチカンの名前はどう付ける?

猫は犬ほど知能は高くないと言われています。

ただし、名前を付けてそれを繰り返すと、自分が呼ばれているのだと認識してくれます。

しかし、あまりに長い名前になると自分の名前とは気が付かなくなります。

そのため、短く2~3文字程度が最適だと言えるでしょう。

また、猫の場合は言葉そのもので覚えるというよりも、響きや母音で判断するようになります。

多頭飼いをしているのであれば、発音が異なる名前をつけるのが最適です。

同じ言葉を続ける

マンチカンが覚えやすい名前には、同じ言葉を続ける言葉もいいでしょう。

「ココ」や「モモ」、「キキ」などです。

マンチカンはオスでも全体的な雰囲気から、メスにつけるような名前も多くつけられています。

このような言葉はマンチカンも覚えやすい上に、飼い主では無い人でもマンチカンの名前だと気付くでしょう。

食べ物の名前

食べ物は響きが可愛いという意味のほか、飼い主の好きなものを名前にしています。

ただし、食べ物でもお菓子やスイーツ関係が多く、一般的な食事で食べるものはあまり無いようです。

食べ物の名前をつけるのは女性の割合が高く、名前も女性が好む食べ物の傾向が強くなっています。

「チョコ」「プリン」「クッキー」「パイン」などです。

使いやすく短い言葉を選んでいて、言葉の印象が可愛いものが好まれます。

人間の名前

人間につける名前も人気があります。

オスでは「タロウ」が定番に近くなっていて、メスはバリエーションが豊富です。

自分の好きな異性や芸能人の名前をつける場合もあります。

実際には呼べない人の場合に、疑似体験をする意味もあるようです。

人間の名前をつける時は、自分の周囲に同じ名前の人がいると避ける場合が強くなっています。

鳴き声

鳴き声をだすペットでは、その鳴き声を基本にして名前をつける場合もあります。

マンチカンは猫なので「にゃあ」や「みー」とそのままつけたり、少し変化させることもあります。

猫などの鳴き声を出す動物は、鳴き声が代名詞になっていることが少なくありません。

これは子供の頃に親が犬は「わんわん」、猫は「にゃんにゃん」と呼ぶことが多いからでしょう。

犬の場合は飼い主が「わん」という言葉からは、あまり名前はつけていません。

猫の場合は「にゃん」や「にゃあ」の響きが可愛いので、好んでつけています。

マンチカンに人気の名前ランキング!

人間でも子供の名前はその時の流行があるように、それはペットでも同じだと言えます。

飼い主からすると特別な思いがあるからですが、そこには時代背景が少なからず関係するでしょう。

猫の場合は一般的に短い洋式の名前が多くなる傾向がありますが、マンチカンではどうでしょうか。

最近の流行の名前

マンチカンの名前は性別に関係なく2~3文字が圧倒的で、簡単なものが多くなっています。

2017年ではオスは「まめ」「テト」「トト」が上位で、メスは「ココ」「くるみ」「きなこ」となっています。

特徴ではオスは2文字で、人間の名前が多くなっているところでしょう。

メスの場合は食べ物関係が多くなっていて、洋風よりも和風のスイーツがランキングされています。

「あずき」も定番に近くなっていて、年代に関係なく名前の上位によく見かけます。

2017年以前のランキング

2017年以前では2文字よりも3文字が多くなっていて、オスでは人物の名前が多くなっています。

洋風では「レオン」の割合が高くなりますが、これはライオンから来ているものでしょう。

和風では「こてつ」が年代が変わってもランクインをしていて、人気の高い名前です。

メスの場合はやはり食べ物の名前が多く、「モカ」や「モモ」がよく名付けられています。

そして「きなこ」と「あずき」もよく見かける名前で、年代を問わずランクインしています。

このメスの食べ物関係の名前は、体毛の色も大きく影響しているでしょう。

マンチカンでは茶色やクリーム色の入っているため、見た目と言葉の響きの可愛さが理由のようです。

よく付けられている名前でも独特な名前でも、名前を呼んで反応があると嬉しいものです。

マンチカンに名前のトレンドはある?

マンチカンはその動きの愛くるしさから、人気が急上昇している種類です。

名前というのは人間でもその時代背景から、流行というものが生じています。

猫というのはある程度は相応しい名前があり、飼い主の自由でも突飛過ぎるものは好まれません。

では人気があるで注目度が高いマンチカンですが、そこにはトレンドがあるのでしょうか。

マンチカンの名前のトレンドとは

マンチカンの名前はよく使われている定番のものが多く、その年代によって流行する名前が出てきますが、ネットで流行している言葉やアニメのキャラクターがトレンドになっています。

特にマンチカンだけでなく猫のキャラクターや関係していなくても、2文字程度で可愛らしい響きを持つ名前がピックアップされやすくなっています。

2017年に流行したオスの名前の「テト」はそのままの意味ではベトナム語で2月のことですが、そのような意味で使ってはおらず、言葉の響きで使われています。

トレンドというのは流行語ではなくても広く使われている言葉は耳にしやすく、ネットで検索しても上位にランキングされているので、マンチカンの名前につけやすくなっているようです。

ただマンチカンの場合は無理にトレンドを重視するよりも、以前よりよく使われている名前を使うのもいい付け方だと言えるでしょう。

マンチカンが聞き取りやすい名前とは?

人間の言葉をマンチカンは正確に判断しているわけではありません。

言葉の母音や響きで認識しているので、名前にするにはわかりやすいものがいいでしょう。

それからすると同じ言葉を続ける名前は最適であり、マンチカンも覚えやすいやようです。

また同じ言葉でなくても、小さな子供でも簡単に覚えられるような名前は、マンチカンも覚えてくれます。

猫は人間でいうと、幼稚園に通うくらいの知能があると言われています。

その年齢の子供がすぐに理解できる言葉であれば、すぐに覚えてくれる名前になります。

芸能人が飼っているマンチカンの名前とは?

マンチカンは小さくておとなしく、飼い主がいなくても留守番をしっかりとしてくれます。

そのため自宅にいないことが多い芸能人でも、飼っている人が多くいます。

好きな芸能人であれば、その人が付けたマンチカンの名前も興味があるでしょう。

では、芸能人でマンチカンを飼っている人は、どのような名前を付けているのでしょうか。

芸能人でマンチカンを飼っている人がつけた名前

芸能人で猫を飼っている人はとても多く、タモリさんや爆笑問題の田中裕二さんは有名です。

そこで猫の種類をマンチカンに限定すると、女性の芸能人が多くなっています。

女性芸能人で有名なのは指原莉乃さんで、名前は仮称ですが「マンチ・カン太郎」です。

仮称なのは本当の名前はファンの幼い女の子だけに教えていて、他の人にはナイショらしいです。

AKBで総監督を務めた高橋みなみさんも、大変な猫好きの一人になっています。

高橋みなみさんは「にゃーちゃん」というメスのマンチカンを飼っています。

名前はよく鳴くからだそうで、相当に溺愛しているらしく、SNSで頻繁に「にゃーちゃん」の写真を公開しています。

男性でマンチカンの飼い主で有名なのは、関ジャニ∞の村上信五さんで名前は「ちーちゃん」と言います。

村上信五さんは動物嫌いだったそうですが、マンチカンを飼って動物好きになりました。

飼うきっかけは関ジャニ∞のメンバーから、村上信五さんが短気なのを治すのに動物を飼うといいと言われたからです。

芸能人の人だからと変わった名前はつけず、印象や雰囲気で名前を付けているようです。

マンチカンがかかるかもしれない病気とその原因・予防方法とは?