理解している?猫ちゃんを飼うのに必要なお金の話

理解している?猫ちゃんを飼うのに必要なお金の話

可愛いだけじゃ暮らせない!

猫との同棲生活は大いなる癒しです。しかしお金はかかります。命を預かる以上、それは当然のことです。猫は自由気まま・ひとり遊び上手なコが多いこともあって、最近では猫との同棲生活を選択する人が増えていますね。ブリーダーやペットショップから譲り受ける場合、ちょっと前までは犬に比べると、割と金額は安かったです。最近では、犬とほぼ同じですね。平均20~30万円ぐらいのようです。そこで大金を使うことによって、後々かかる料金の計算をし忘れていませんか?野良猫を迎え入れる場合、「わ~家に入ってきてくれた!」と興奮して、色々とお金がかかること失念していませんか?「こんなはずじゃなかったのに・・・」を防ぐためにも、今後かかるであろう費用を計算することは大切です。

結構お金がかかるんです~生活編~

日常的な出費は月いくらぐらいでしょうか?ざっくりと計算します。購入商品の値段はピンキリであり、表示した金額はあくまで目安です。
食費:3000円
おやつ:1000円
トイレの砂(月1回交換):1000円
(猫の理想のトイレ数が「匹数+1」なので、ここではトイレ二個分で計算しています。)
爪とぎ・トイレシート等消耗品:1000円
トリミング:10000円
合計 16000円
ざっくり計算して、1年で10万円前後はかかるようです。

ちなみに、引き取り時は上記金額+での出費が生まれます。
例えば・・・
トイレセット:3000円
エサ入れ・水入れ:2000円
キャリーバック:3000円
爪切り:500円

最初の月は、最低でも2万円はかかると思われます。いかがですか?なんとなくイメージできましたか?

結構お金がかかるんです~医療編~

医療費は、命を預かるには必須です。最近ではペット保険もメジャーになってきましたが、医療にかかる費用はまだまだ高額です。例えば、猫に多い腎臓系の病気の治療は、一生続くことが多いです。その場合、毎月15000円ぐらいはかかると言われています。料金設定は病院が好きに設定していいので、はっきとした数字は出せませんが、だいたいの平均費用を紹介します。
ワクチン接種3種混合(1回):4000円~5000円
ワクチン接種5種混合(1回):7000円~8000円
ノミダニ予防:12000円
去勢手術(メス):20000円~30000円
去勢手術(オス):10000円~20000円

月に1度の健康診断を受ける場合、「基本は触診・体温測定等の通常診察のみで、心配がある場合だけ追加検査」というパターンが多いです。
例えば・・・
血液検査込み:診察料+5000円~6000円
心電図込み:診察料+2500円~3000円

理解している?猫ちゃんを飼うのに必要なお金の話