動物看護師って、毎日どんな1日を過ごしているの?

動物看護師って、毎日どんな1日を過ごしているの?

動物看護師とは、どのような仕事をしているか、毎日どのように働いているのか知っていますか?動物病院の、獣医師の手伝いや、動物病院の受付と思われがちですが、さまざまな仕事しています。

 

動物看護師の、1日の仕事の流れを説明します。
8:00

出勤して、洗濯をして、ペットホテルや入院中の犬、猫の、部屋を掃除します。
ごはんをあげたり、散歩へ連れて行ったりします。薬を飲ませた時間、おしっこ、うんちの状態や出た時間、ごはんをどれくらい食べたかなども記録します。
飼い主さんが、気持ちよく来院できるように、動物病院内の掃除もします。

 

8:30
ミーティングを始めます。今日来る予定の患者さんや、トリミングの担当や、手術の内容や1日の流れを、スタッフ全員で把握します。
入院中の犬、猫の変化も、スタッフ全員に報告します。

ミーティングが終わると、病院内の注射器やガーゼ、綿花や消毒液の補充を行います。

 

9:00
午前の診察が始まります。受付、診察の補助、薬を作ったり、検査をしたり、会計をしたりします。
トリミング担当になった場合は、トリミング室で犬のシャンプーやカットを行います。
診察と並行しながら、手術の準備をしたり、電話の応対をしたり、入院中やペットホテルの、犬や猫の様子を確認したり、忙しくなります。

 

12:30
午前中の診察の、飼い主さんや犬達が帰ると、病院内の掃除や消毒を行い、これで午前中の仕事は終わりです。このあと、お昼の休憩に入ります。
お昼の休憩中も、電話の応対をしたり、入院中の犬や猫の投薬、うんち、おしっこをしていないかや、点滴がきちんと流れているか、チューブを噛みちぎられていないかなどの確認も行います。
休憩中に急患の犬、猫が来て、診察や処置を行うこともあります。

 

14:00
手術が始まります。麻酔の管理や、手術の助手をすることもあります。
手術が終わると、片付けや、器具を洗ったり、消毒をしたりします。
トリミング担当になった場合は、手術には入らずに、トリミングを行います。
午後の診察が始まるまでの間に、配布物をコピーしたり、器具の滅菌や、病院内の掃除、ワクチンのダイレクトメールを作ったりします。

 

16:00
午後の診察が始まります。午前中の診察の時と同じように、色々な仕事をしながら、受付、会計を繰り返していきます。
午後の診察中は、お昼に手術を行った犬や猫は特に、様子に変化が無いか、気をつけて何度も確認してあげます。
18:00
診察と並行しながら、入院中やペットホテルの犬、猫に夜ご飯をあげたり、部屋の掃除や、散歩に連れて行ったりします。
冬の散歩は、外がとても暗くなっているので、盗み食いなどにも注意しながら散歩をします。

 

19:30
午後の診察の、飼い主さんや犬たちが帰ったら、動物病院内の掃除や消毒を行います。次の日に朝一で、入院やペットホテルなどの予定が入っている場合は、その子にあった広さの部屋を準備しておきます。
他に何もなければ、これで1日の仕事は終わりになります。
もし、緊急で夜の手術が入っている場合、診察が終わる前に、手術の準備を行い、診察が終わった後、交代で夜ご飯を急いで食べます。

 

20:00
夜の緊急手術が始まります。
緊急の準備は、子宮蓄のう症や、腸閉塞など、時間がかかったり、大変な手術のことがおおいので、終わる時間が遅くなることがあります。
23:00
夜の手術が終わると、器具を洗ったり、片付けを行います。
緊急手術が入ると、帰る時間がもっと遅くなってしまう日もあります。

 

こちらでは、9:00から12:00と、16:00から19:00に診察受付をしている動物病院を例にあげて、1日の流れを紹介しました。
動物病院によって、診察時間は違いますし、動物看護師の仕事の内容も全く違います。
急患が入ったり、診察が思うように進まなかったりすると、お昼の休憩がほとんどとれない事もあります。

 

受付や電話では、健康診断や、ダイエット、去勢手術や避妊手術について相談されることもありますし、お家でのしつけの仕方についても相談されることもあります。

 

犬や猫にあった、フードや、処方食の食べ方などを説明したりもします。
犬や猫について、色々な知識を身につけていないと、アドバイスすることが出来ないので、日々の勉強も大切です。
動物看護師は、犬や猫達のため、飼い主さん達のために、とてもやり甲斐のある仕事です。

動物看護師って、毎日どんな1日を過ごしているの?