ベンガル猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

ベンガル猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

1970年代にカルフォニアの大学で、ネコ白血病の研究のために、イエネコとベルガルヤマネコの交配が実験的に行われていました。この時に生まれたネコが後のベルガルの基礎となったと言われています。そんなベンガル猫のことについてご紹介していきます

ベンガル猫の歴史

1970年代にカルフォニアの大学で、ネコ白血病の研究のために、イエネコとベルガルヤマネコの交配が実験的に行われていました。この時に生まれたネコが後のベルガルの基礎となったと言われています。ヤマネコの他にも、インド、アメリカの短毛の土着ネコ、アビシニアン、アメリカン、ショートヘア、エジプシャン、マウ、シャムネコなとが交配に使われていました。ワクチンを作るために野生のヤマネコとイエネコとのハイブリッド種を育成していました。一方同時期に猫のブリーダーであるジーン、ミネは毛皮のために密漁されるヤマネコ達の存在に心を痛めていました。TlCAではすでに六万頭以上のベルガルを登録しています。イギリスの団体であるGCCAもベルガルを登録しています。しかし野生の猫の交雑を禁じているCFAでは、ベルガルの登録を認めていないのです。TlCAでは、3世代の中にアジアンレパードキャットがいる時はその子猫のショーへの出棟を禁じています。f1や、f2など祖先に近いほど野生味が強く、家庭で飼いやすくなるのは4世代以降と言われています。

ベンガル猫の性格

ベルガル猫の特徴はヒョウを思わせるその被毛です。ロゼットと呼ばれる模様をもつのはベルガル猫だけの特徴なのです。ロゼットとは2つの色合いをもつスポット、またはマーキングのことをいいます。手触りは非常に滑らかなのです。ボディは、筋肉質なロック&サブスタンシャルタイプになります。雰囲気は非常に野生的で小型のヒョウのようとまで言われているのです。ベルガル猫の目は、アーモンド形の大きな目で、アイラインが特徴的となっていて、やや釣りあがっています。耳は付け根が広く、先端は丸みをおびています。頭部はやや小さめで丸みのあるv字型になります。首はやや長めで、肉付きが良くガッシリとしています。前脚よりも、後ろ脚の方がやや長くなっています。筋肉がよく発達している脚になります。尾は、中程度の長さで先端には丸みがあります。太い根元から先端へと細くなっていっているのです。運動量や、食事量も多いのです。性格はとても活発で、鳴き声もうるさいです。毛の色はブラックになります。体重はだいたい、3.5〜5.0kgになります。ベルガル猫の模様は実は三種類あるのです。スポット、ロゼット、マーブルになります。

ベンガル猫の特徴

ベルガル猫はとてもいたずらをする猫になります。注目欲求が強いベルガル猫は人に対していたずらをする傾向にあるのです。ベルガルは非常に利口な猫でありして欲しくないことを敏感に察知します。そのして欲しくないことをあえてしてしまうような猫なのです。なぜそんなことをわざとするのかといいますと、嫌がられることをすれば、自分の事に注目してくれると分かっているからなのです。また、飼い主さんの注目を得られていないと感じてしまうと、問題行動を起こしてでも、飼い主さんの注目を引きつけようとするので、1人暮らしで日中家をあけるような人がベルガル猫を飼うのは難しいでしょう。ベルガルの祖先は、インドやタイなど東南アジアの森林地帯に暮らすアジアンレパードという野生の猫になります。ベルガル猫は、高温多湿な地域で暮らしていることもあってか、ベルガル猫は水遊びを好みます。そのため、シャワーやお風呂を嫌がられて暴れるということはないのです。ベルガル猫は、アジアンレオパードの血筋が混ざっている猫であるため、とても好奇心旺盛で遊び好きな猫になります。家の中を全速力で駆けたり、飛び跳ねたりするのも大好きなのです。性格が穏やかな猫に比べると、落ち着きがある猫ではないです。そのため、世話を焼ける性格なのです。また、ベルガル猫は人見知りをするタイプではなく、じっとして家族の一員になれる猫なのです。大好きな家族の愛情を求めて非常に活発に行動するのです。

ベンガル猫の飼い方のコツ

ベルガル猫は他の猫種に比べて運動量が多いので飼育には十分なスペース量が必要になります。上下運動のできる、キャットタワーやおもちゃを揃えて環境を整えてあげると運動不足解消に効果的になります。ベルガル猫は、特有の病気、遺伝性疾患は無い方と言えますが、性格的にはやや敏感なところがあるため、ストレス性の脱毛、膀胱炎などにも、かかりやすいので注意が必要になります。お手入れはほぼ必要ありませんが、1週間に一回は軽くブラッシングをするようにしましょう。スキンシップもとってあげるようにして、一緒に遊んであげるなど、なるべく構ってあげることでストレスを発散させてあげるのが大切になります。猫の1番の亡くなる原因としては、腎臓の病気にかかってしまい亡くなるのが、ほとんどになります。そのため、きれいな水を飲める環境を作りましょう。

他の猫種の特徴や性格、飼い方のコツを見る

ベンガル猫の特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!