お風呂後にドライヤーで猫を乾かした方がいい理由と注意点

お風呂後にドライヤーで猫を乾かした方がいい理由と注意点

猫のお風呂は大変です

猫をお風呂に入れたことがない、と言われる飼い主さんは多いですよね。
犬に美容室があるのに、猫の美容室は聞いたことがありません。
なぜでしょう?猫は基本自分でからだをナメナメして、キレイにお掃除してますよね。顔も前足で上手にフキフキして洗ってます。
あの小さな舌で、からだ全体を毎日お掃除してるのを見ていると、疲れないのかなとよく思います。舌がザラザラなのは、ブラッシング代わりになっているのだと思います。
猫は毛がとても抜けるので、舐めていれば結構自分の毛も一緒に飲み込んでしまってます。そのために猫の御飯には、毛玉を吐き出させるように考えられたフードもたくさんあります。
あれだけ毎日毛のお掃除をしていれば、お風呂は必要ないと考えられるのも仕方ないかもしれません。
それに犬でも、お風呂が嫌いな子がいるかもしれませんが、猫のお風呂嫌いは有名ですね。
そんな関係で、猫をお風呂に入れたことのない飼い主さんが多いのかもしれません。
しかし、所詮舌は舌唾液で舐めているので、キレイとは言えません。猫のお口は菌がいっぱいとも言われてるので、それで舐めていてはお風呂でキレイにするのとは、全く違います。

まずは水を怖がらせない

猫は、足に水が付くのを凄く嫌がります。肉球が敏感で、特に後ろ足に水がつくとパニックを起こすほどです。
前足は、案外平気で、前足で上手に水をすくって飲む姿はよく見られます。
ですが、やはりお風呂となるとそうは行きません。
うちの猫は、お風呂場には凄く興味があるらしく、誰か人が入っていると脱衣場で待っています。でもお風呂場に入らせようとすると、4本の足をドアにかけて入れないように必死で抵抗します。
1ヶ月半の時我が家に来たのですが、2ヶ月から3ヶ月にに1度お風呂に入れています。
もちろんとても嫌がります。最初は、ずっと鳴いて何とか逃げようとしていましたが、私達も一緒にお風呂に入って、まず私達がシャンプーや身体を洗ってる間、洗い場で気持ちを落ち着かせて、少しずつお湯をかけて慣れさせ、抱っこして赤ちゃんをお風呂に入れるように、私達の身体を密着させてあげると安心します。
最後は、猫が立っていられるぐらいのお湯の量にして、湯槽に入れてあげると、怖いけど気持ちが良いのか嫌がりません。
その代わり、毛の抜ける量が半端ないので、湯槽が毛まみれなります。

ドライヤーで乾かすには

お風呂場で、ある程度タオルでしっかり水気をとっておかないと、ドライヤーをかけてもなかなか乾きません。ましてや、極端にドライヤーを嫌がるので、時間もなるべく短縮しないと、暴れて大変です。
うちは、最初ドライヤーを部屋でかけていたら、暴れまくって格闘しながら乾かし終わった後、部屋中毛まみれになって、そのあとの掃除が大変でへきえきしました。
猫の毛は軽く、綿毛のようなので、ドライヤーで乾かすと直ぐ飛んで行ってしまうし、嫌がることをすると毛が逆立って余計毛が抜けるので、気をつけなければなりません。
それから我が家は部屋で乾かすのはやめて、お風呂場で乾かすことにしました。でも嫌がるのは同じです。ただ狭いので逃げ場がなく、あと湿気があるので毛が舞わないので、あとの掃除は楽です。
反対にドライヤーの音が怖いので、嫌がるのだと思うのですが、お風呂場は余計反響するので、猫の嫌さは倍増ですね笑
なかなか私達の都合の良いようには行きません。猫にも人にも1番良い方法はないのかもしれません。

最終手段は…

色んな方法を試みましたが、ドライヤーを嫌がらずに乾かすことは出来ませんでした。
猫の毛は、犬と違って、細かく短い毛が根元に生えていて、さらに毛足の長い毛が密集して生えているので、犬のように蚊に刺されることがありません。蚊が皮膚に到達出来ないから刺されることがないのです。
それだけ毛が密集しているので、ドライヤーでもそう簡単には乾きません。根元まで熱を入れないといけないので、余計嫌がるのかもしれないです。
うちの最終手段は、夏はもうほとんどドライヤーは使わない事にしました。その代わりタオルドライはしっかりします。それをしてからお風呂を嫌がらなくなりました。
そのせいかどうかは分かりませんが…
でも、寒い季節はそういうわけにはいかないので、少しはドライヤーを使いますが、あとは電気カーペットの上に毛布を置いてあげると、その中に入って自分で体を舐めて乾かして行きます。そうさせた方がストレスが溜まらないので、毛が抜けるのも防げて一石二鳥ですよ。
電気カーペットではなく、こたつや布団乾燥機でも良いと思います。ドライヤーも音がしなければ嫌がらないと思いますが、音のしないドライヤーなどないので、ストーブやファンヒーター暖炉、温かい場所や物なら猫が1番知ってますよね。そういった場所を用意してあげれば、ドライヤーは必要ないと思います。

お風呂後にドライヤーで猫を乾かした方がいい理由と注意点