アメリカンショートヘアの値段ってどれくらい?価格の違いはなぜ?

アメリカンショートヘアの値段ってどれくらい?価格の違いはなぜ?

アメリカンショートヘアは、常に人気が上位の猫種でその毛色も様々です。実際、飼うとなった場合値段はどれほどなのか、また年齢や毛色でも価格の違いはあるのかなど紹介します。併せて飼育費用なども参考にしてみてください。

アメリカンショートヘアの値段の相場ってどれくらい?

アメリカンショートヘアの値段の相場は、大体平均して10~20万円前後と言われていますが、実はどこで購入するかによっても値段は大きく変動しますし、子猫の月齢でも相当な変動があるのです。

まずは、ショップで購入するときの値段ですが仲介料や保険料が加算されますのでどうしてもブリーダーから直接購入するよりも値段が上がります。

例えば、ショップ側がブリーダーから10万円で購入した子猫がいたとしても実際店頭では15万円~20万円に値を上げて販売されることがほとんどです。

それならば、ショップで買うより断然ブリーダーから買う方が良いのではないかと思うかもしれませんが、ショップで買うメリットもあります。

まず、一番に挙げられるのは面倒な手続きなどが不要でそれなりにアフターフォローがきちんとあるという点です。
例えば、買ってから一定期間の間に先天的な病気が見つかったり急死してしまった場合は保証制度により、代金が全額返金になり新しい子と交換できたりします。

ショップによりその保障の形態は様々ではありますが、どこのショップでも何かしらの保障はついてきますのでそういった点では安心と言えますね。

次に良い点は、保険です。今はペットも保険に入る時代ですが、実際に自分で探して申し込むというのは事のほか手間がかかります。どこの保険に入ったらよいのかもわからなくなったりします。

しかし、ショップで購入すると併せて保険の紹介もしてくれてその場で保険に契約することも可能です。中には、ショップで特典を付けてくれて保険の費用が安くなる場合もあります。

また、ショップで購入すると家に連れて帰る際に必要なものが、同時に買えてしまうのも良い点の一つで、エサやトイレや猫砂など最低限必要なものが二度手間にならずその場で揃えることができます。

こういった点を考えると、購入した時に一度で全て必要なことが済んでしまうのはとても便利ですね。

ブリーダーから直接購入した時の相場

次に、直接ブリーダーさんから購入した時のアメリカンショートヘアの値段の相場ですが、おおまかに10万円前後となります。

ブリーダーとの直接のやり取りになるので、仲介手数料がかからない分ショップで購入するよりは安価になります。

そして何より、ブリーダーから直接買うことの利点は値段だけだはなく買う前に実際にに子猫が生活している環境を見ることができることです。

母猫からの愛情をたっぷり受けているのか、兄弟猫ともよく遊び社会性が身についているのかどうか、ブリーダーさんがどんな人でどんな環境で育てているのかなどをじっくり見ることができるのはとても大事です。

母猫としっかり一緒に過ごして、母乳もきちんと摂れている子は免疫力もつくので病気にもなりにくく健康でコロコロと丸っこい体型です。

大体、生後60日前後まで母猫や兄弟猫と過ごすことで後の問題行動のほとんどを無くすことができるのです。

ショップですぐに買えるような手軽さはないですし、自分でネットなどで良いブリーダーを探さなければいけませんし、すぐに家に連れて帰れるわけでもなく何かと手間はかかりますが、後々のことを考えるとおすすめです。

アメリカンショートヘアの子猫をブリーダーから譲り受けるには?

アメリカンショートヘアの子猫をブリーダーから譲り受けるには?

2019年2月22日

アメリカンショートヘアを里親募集サイトで探す場合

最後に、里親募集サイトなどで探すということもできます。この方法ですと、生体にかかる費用はありませんが、アメリカンショートヘアは純血種なので探しても見つからないのではとの懸念もあるかと思います。

しかし、アメリカンショートヘアはとても人気の猫種で量産されていることは確かですので、他の純血種を探すよりかはハードルは低めですので試しに探してみるのもいいですね。

アメリカンショートヘアの子猫の里親になる方法、注意点とは?

アメリカンショートヘアの子猫の里親になる方法、注意点とは?

2019年1月1日

アメリカンショートヘアの値段はどうやって決まるの?

ここ数年は、空前の猫ブーム到来で15~20年前から比べると猫の品種関わらずに価格は高騰しているのが現状です。

その中でも、大人気のアメリカンショートヘアを筆頭に純血種になると余計に価格は高くなっていますが、実際に同じ品種でも価格が違うことがよくあります。

そもそも、猫の値段はどうやって決まっていくのか疑問に感じることがあるかと思います。実は、猫には品種ごとにスタンダードと呼ばれる基準が存在します。

スタンダードとは、品種ごとの理想の形のことを言います。猫の美しさを審査するキャットショーでは全てこのスタンダードを基準として、そこに近ければ近いほど高評価を受けることができます。

例えば、毛色や毛並み、毛の長さ、目の形、肉球、手足の長さなど細かな判断基準が定められています。

アメリカンショートヘアの場合を例にあげると、代表的なところでクラシカルタビーと呼ばれるアメリカンショートヘアならではの縞模様があります。

その模様の特徴として脇腹にある渦巻模様と肩から背中にかけてのバタフライと呼ばれる模様、そして額にはMのような模様が入っているのですが、クラシカルタビーと呼ばれていても渦巻がなかったり模様がはっきりしていない場合もあります。

そうなってくると、スタンダードのクラシカルタビーから少し離れますので価格が下がってしまうこともあります。

アメリカンショートヘアの人気毛色とは?茶色、黒、カメオタビー?

アメリカンショートヘアの人気毛色とは?茶色、黒、カメオタビー?

2019年1月5日

また、おおまかなスタンダードを基準として最終的にはショップ側の見た目で判断して値段をあげたりしている場合も少なくないようですので、最終的な値段設定は実はあってないようなものなのかもしれませんね。

アメリカンショートヘアの年齢別の値段は?

猫の価格は、スタンダードを基準としての変動以外にもあります。それは、猫の月齢で値段にかなりの差が出ます。

成猫に近づけば近づくほど、価格は下がっていきます。やはり、子猫の方が人気が高いのと自分で育ててしつけしていく楽しみもありますから、どうしても性格が出来上がってしまっている成猫より子猫の方が価格は高いです。

例えば、生後2ヶ月のアメリカンショートヘアの場合ですと価格は15~20万円ですが1ヶ月過ぎるごとに価格は下がっていき、3ヶ月になると12~17万円になります。

それが生後6ヶ月までになってしまうと、価格は10万円を切るほどまでになりますし生後1年にもなると、ショップではほとんど見かけなくなりブリーダーさんから直接買うことになることがほとんどで5万円前後にまで下がります。

完全な成猫になってしまうと、子猫の時に比べて価格は半値以下にまで下がってしまうのです。

アメリカンショートヘアの総飼育費用は?

では実際に、猫と生涯暮らすにあたりどれほどのお金がかかるのでしょうか。アメリカンショートヘア1匹と暮らした場合においての必要な経費などをまとめてみます。

まずは、生体にかかる費用として多く見積もり20万円とします。その時にペット保険に加入したとすると、保険は大体年間3万円前後かかっていきます。

動物病院での費用について

次に、動物病院にて年に1度の予防接種があります。これは任意ですが、なるべく病気にかかるリスクを減らすためにもこの予防接種は受けておくことをおすすめします。

最初に、初診料で大体2,000~3,000円ほどかかります。次に猫の予防接種のワクチンですが、大まかに5種混合ワクチンと3種混合ワクチンの2種類あります。他にも単独や4種なども存在しますが大体は3種か5種で医師から紹介されるのが一般的です。

3種混合ワクチンの内容は、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つの疾病に対してのもので、5種はそれにプラスして猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症が加わります。

完全に室内飼いで、飼い主さんも他の猫との接触が一切ないのであればワクチン接種の必要はないのかもしれませんが、長い年月の中で絶対に接触しないとは言い切れないので万が一のためにも例え室内飼いでも3種混合ワクチンの接種はおすすめです。

室内外を自由に放し飼いにしている場合は5種混合がおすすめですが、もし野良との接触も可能性としてある場合は5種混合に入っていない、猫エイズウイルス感染症のワクチンもプラスすることも視野に入れておくといいですね。

値段は動物病院でそれぞれ値段の違いは多少出てきますが、大体3種混合ワクチンで4,000~5,000円ほどで5種混合ワクチンは6,000円あたりの金額になります。

基本的にワクチンの接種は年に1度ですが、最初の年だけは2度受けることになりますので留意しておいてくださいね。

また、猫は病気になっていてもそれを隠し平然を装う習性がありますのでどうしても発見が遅れがちになります。そのため、予防接種の時に併せて血液検査をしておくとあらゆる病気を発見しやすくなるのでお勧めです。

血液検査の値段は1回につき、大体5,000~6,000円ほどになります。決して安い金額とは言えないですが、健康で元気に長生きしてもらうためにはやらないよりかはやっておいた方がいいかと思います。

次に大事になってくるのは去勢や避妊です。オスの場合は成猫になると、縄張り主張のためにありとあらゆるところにスプレー行為と呼ばれるおしっこをかけて回るようになります。

このスプレー行為でされるおしっこは通常のおしっこよりも匂いがきつく、それが部屋のあちこちにとなると大変なことになってしまいますので、ブリーディングの予定がないのであれば、生後6ヶ月までには去勢しておくといいです。

オスの去勢の場合ですと、値段は2~5万円の範囲で手術可能です。ただ、オス猫の中にはスプレー行為をずっと行わない場合もありますので、そこの兼ね合いは生活をしていく中での飼い主さんの判断になります。

というのも、去勢にはデメリットもあり太りやすくなってしまいます。人間と同じで肥満は万病のもとですし、アメリカンショートヘアは比較的太りやすい傾向もありますので注意が必要です。

アメリカンショートヘアの適正体重、大きさとは?

アメリカンショートヘアの適正体重、大きさとは?

2018年12月1日

生活していく上で飼い主さんが何も問題がないと思うのであれば、去勢をしないという選択肢もありだと思います。

ただ、メス猫の場合はそうも言ってられない現実があります。避妊をすることによって望まない妊娠を避けることができることはもちろんのこと、さかりがついた時期には鳴き声もひどくなりメス猫自身もストレスが相当にかかります。

ストレスも病気のもとになりますし、なるべく軽減させてあげるためにもメス猫の場合は避妊は必要不可欠です。

メス猫の避妊手術の値段は、オス猫の去勢手術よりも少し値段が高くなり6~8万円前後になります。

猫を飼う上での必要最低限、動物病院でかかる費用を紹介しましたが病気になった場合も都度動物病院にはお世話になることになりますので、なるべく自宅から行きやすく信頼できる所を選ぶ事をお勧めします。

毎回違う病院に行くより、室内飼いの猫にとっては違う場所に行くだけでもストレスになりますので同じ獣医師に見てもらった方が慣れてもきますのでストレスの軽減に繋がります。

日々の生活必需品にかかる費用について

猫を自宅に迎え入れたら、生活必需品として必要になってくるものがいくつかありますので費用と併せて紹介していきます。

エサの費用

最初は、エサです。猫の餌と一言で言っても色々な種類がありますし、年齢別でも食べさせるエサは違いますので値段も当然変わってきます。

まず、成猫になるまでの子猫の期間は子猫用と書かれたものや、キトンと書かれたものを選び、成猫になるとアダルト、8歳以降ですとシニアと書かれたものを選ぶ必要があります。また、ドライタイプとウェットタイプに分かれています。

基本的には、ドライタイプのエサを食べさせる方が経済的にも、口臭や歯周病予防のためにも良いとされています。大体の値段は一袋で2,000~3,000円で2~3ヶ月くらいもちます。エサによっては一袋1,000円前後の安価なものもあります。

ウェットタイプのエサは、缶や袋に1回分入っているものがほとんどで1日にそれを2~3個使うことになります。大体、1回分の値段は60~100円あたりとなります。

1ヶ月で換算すると、大体4,000~6,000円となりドライタイプよりも遥かに高額となります。水分をあまり摂ってくれない冬場などにはよいのですが、習慣づいてしまうのも少々問題があります。

ウェットタイプから与えてしまうと、ほとんどの猫はドライタイプを全く食べなくなります。そうなると、口臭がきつくなったり歯周病などを発症するリスクが高まります。

エサの与え方としては、基本をドライタイプにしておやつのような感覚で並行してウェットタイプを与えるのがベストだと言えます。

猫は水分をあまり摂らない性質があるのでどうしても下部尿路に問題が起こりやすいのでそれを軽減するためにもウェットタイプも必要なのです。

次に必要なのは、エサを入れる容器と水を入れる容器です。これらは1度買ったらそう何度も取り替える必要はないので、最初だけかかる費用です。1つの容器で大体500円前後と考えておくとよいでしょう。

アメリカンショートヘア用ロイヤルカナンの口コミ評価は?

アメリカンショートヘア用ロイヤルカナンの口コミ評価は?

2018年12月31日

トイレの費用

次に忘れてはいけない大事なものはトイレです。猫は砂場で排泄をしますので猫砂と砂を入れる容器が必要になるのですが、これがまた色々な種類があって値段も様々なので紹介していきます。

砂を入れる入れ物に関しては、最初に買ったら数年は使えますし猫にとっても自分の匂いがついているものを使用した方が安心するのでそうそう取り替えたりしません。

値段は大体、安いものですと1,000円で収まるものから容器がドーム状になっていて匂いがあまりしないような物ですと2,000円ほどです。

猫砂にも色々な種類がありまして、これは飼い主さんが何に重きを置くかで選ぶ砂が変わってくるかと思います。おしっこがしっかりと固まって脱臭にもそれなりに優れている砂ですと1袋300~500円あたりです。

この砂の良いところは、おしっこが泥団子のようにしっかり固まるので回数と量を見ることができるので尿路系統の病気に気づきやすい事です。

次にシリカゲル状の砂があります。これは非常に脱臭に優れていることと、おしっこの色がよくわかるようになっています。値段は500~600円あたりとなります。

また、紙でできている猫砂もあります。これは、おしっこした部分だけを取り除いて自宅のトイレに流せてしまうので手間があまりかからないことが利点です。値段は、大体500円前後となります。

どの砂も1袋あたり1ヶ月以上はもちますが、猫はとてもきれい好きなのでトイレはいつも清潔に保つように心がけてくださいね。

ケア用品の費用

次に必要なものは、爪切りとブラシです。猫の爪はかぎ爪のような形状をしており定期的にお手入れの一環として爪を切らなければなりません。猫用の爪切りの値段は大体1,000円前後となります。

人間が使っている爪切りでも使用することは可能ですが、慣れていないと大けがをするもとになりますので猫の爪切りが慣れないうちは、猫用のものを使うことをお勧めします。

また、猫は爪とぎをよくしますので爪とぎも併せて必要になります。最初に爪とぎを与えてそこでするということを教えておくと、後々ソファーやカーペットに爪とぎをされてぼろぼろになるのを防ぐことができます。

爪とぎにも段ボールでできたものですと値段は300~1,000円以内ですが、少し高級なものになってきますと縄でできたものやカーペットの素材で作られた爪とぎもあり、それらは2,000円前後します。

ブラシやコームは、猫の被毛をブラッシングするときに使います。猫は自分でもグルーミングを行い毛をなめとりますが、きちんとブラッシングしてあげないと毛玉が体内で詰まってしまう毛球症を誘発するので定期的なブラッシングを心がけてくださいね。

アメリカンショートヘアは、短毛種なので長毛種よりは神経質にならなくてもいいかもしれませんが、換毛期には抜け毛も多くなりますのでブラシはやはり必要になってきます。値段は大体800~1,000円あたりとなります。

キャリーケースの費用

次に必要なものは、移動する際に必要になるキャリーケースです。動物病院に連れて行ったり、車に乗せたりするときに使用します。

室内飼いの猫は特に外の世界に恐怖心を抱いたりしますので、キャリーケースは移動先でも自分の匂いのついた安心できるスペースの役割も果たしてくれます。

このキャリーケースの値段は非常に幅広くて、安価なものですと3,000円程度ですがブランド品などの高価なキャリーケースになると1万円を超えてくる物もあります。

子猫のうちからキャリーケースは必要になりますが、気を付けるべき点は大きめの物を買っておくということです。子猫サイズに合わせて買ってしまうと後に体が大きくなってしまいキャリーケースに入らなくなってしまう場合がありますので注意してくださいね。

おもちゃ類やキャットタワーなどの費用

最後に必要なものは、おもちゃ類とキャットタワー、ケージです。これらの物は、猫を飼うにあたり必要不可欠というわけではないですが、ないよりかはあった方がいいとされるものになります。

ケージの費用

まずケージですが、最初に家に迎える際に慣れない環境ではしゃいで遊びすぎて体調を崩してしまい、食欲不振や下痢をしてしまう子がよくいます。

それを防ぐためにトイレとエサと水を入れておける大きめのケージで7日間ほど過ごすことがベターとされています。当然、用意しなかったからと言って絶対に体調を崩すとは限りませんのであったほうがいいというレベルです。

ケージの値段も様々で、大きさや段差によるところが大きいですが6,000~15,000円ほどかかります。安いとは言えませんが、猫自身の落ち着く場所を最初に作ってあげるという点では非常に良いですね。

おもちゃ類やキャットタワーの費用

次におもちゃ類です。アメリカンショートヘアは性格も陽気でとても遊び好きな猫です。遊んで体を動かすことは猫にとってストレス発散にもなりますので何かしらのおもちゃはあった方が良いでしょう。

代表的な猫じゃらしは、値段も安価で200~500円で買うことができます。最初のうちはこの猫じゃらしで遊んであげてその猫の性格や特性を見ていくことをおすすめします。

猫も個体差で、子猫のうちは動くものによく飛びついて遊んでいたのに大人になると全く興味を示さなくなったという場合もあります。アメリカンショートヘアの場合はそういったことは少ないですが、個々それぞれ性格は違います。

猫じゃらしで遊んでいくうちに、その子がどういった動きをしたときに興奮してより遊びに夢中になるかわかってきます。上下にジャンプするのが好きなのか、走るのが好きなのかなどがわかれば、他のおもちゃも選びやすくなります。

走るのが好きならば、モーターで動くネズミのおもちゃなどがいいですね。値段は1,000~2,000円ほどで買うことができます。

また、高いところにあるものに向かってよくジャンプする子ならばレーザーポインターなどもおすすめですが値段は3,000円あたりとなり少々高価なおもちゃとなりますが、猫じゃらしで遊ぶより飼い主さんは楽かもしれませんね。

おもちゃをホームセンターなどで選んでいると、目についてしまうのがキャットタワーです。キャットタワーもまた、絶対に必要というわけではありません。

理由は、飼い主さんの家の構造によっては、キャットタワーの役割を果たしてくれるような適度な高い段差やそこに猫が昇ったり下りたりできる環境があるのであれば必要はないです。

ただ、そういう構造ではない場合は、絶対ではないですがあった方がいいと考えます。アメリカンショートヘアは先ほども言いましたが、とても遊び好きで好奇心も旺盛な猫種です。

猫にとっては、走ることよりも上下運動の方がカロリーを消費することもできますし肥満防止にも繋がります。そして高い場所から周りを見渡したりすることも大好きですので設置できる十分なスペースがあるならば用意した方がいいですね。

値段は、安いものでも最低3,000~5,000円はします。その場合ですとそんなに高さもなく段差も1段程度になります。マンチカンのような短足の猫には向いていますが、アメリカンショートヘアには少々物足りないかもしれませんね。

値段が上がるにつれて、高さも高くなっていきます。突っ張り棒形式になると高さは天井までになり段差も4段から5段にまで増えてハンモックなどがついたりもします。こうなってくると値段は1~2万円となります。

最終的な総飼育費用は?費用

ここまでは、猫を飼った際にお金がかかる可能性のあるものを紹介してきましたが、生涯にかかる総費用は一体いくらになるのか計算してみました。

初期費用として、まず子猫の代金ですが多く見積もり20万円とします。次に飼育環境の整備として、エサの容器、トイレ、ケージ、キャットタワー、おもちゃ類、キャリーケースなど全て揃えた場合でざっとおおまかに計算すると、3~4万円とします。

次に年間飼育する際にかかる費用として、エサ代、猫砂代、動物病院でのワクチン及び健康チェック、ケア用品などを計算すると、大体10万円前後になります。

寿命も当然、総飼育費用に欠かせない数字になります。今は、平均的なアメリカンショートヘアの寿命で15年とします。

年間飼育費用10万円に寿命15年をかけると150万円になり、そこに初期費用を足すと173万円という結果になりました。

ただし、この数字は全く病気をしなかった場合においての話ですのでこの結果の数字から更に増えることもあると想定しておいてくださいね。

アメリカンショートヘアの病気の症状、治療や予防法とは?

アメリカンショートヘアの病気の症状、治療や予防法とは?

2019年1月12日

当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


アメリカンショートヘアの値段ってどれくらい?価格の違いはなぜ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA