猫アレルギーだけど猫が飼いたい!飼っても大丈夫?原因と対策を教えて。

猫アレルギーだけど猫が飼いたい!飼っても大丈夫?原因と対策を教えて。

猫の写真展や猫が特集の番組。何気ないしぐさやその行動に、思わず顔がほころび幸せな気分にさせてくれます。街にあふれる猫グッズも、猫の為でなく人間のため。そんな癒しを与えてくれるがゆえに、アニマルセラピーとしての役割を期待して飼育している介護施設もあります。
動物は犬でも猫でも、人間にとっては癒し癒されの存在でよきパートナーです。
猫の場合は散歩の必要がない、トイレトレーニングがとても簡単、留守番ができる、とその手間のかからなさを魅力に感じている人も多いはず。
猫を飼いたいのだけれど、アレルギーがあるから飼えないという話も聞きますが、本当に絶対ダメなの?それとも大丈夫かなあ?
そんな心配をしている方のためにも、そこのところを少し調べてみましょう。

なぜ引き起こされるアレルギー

そもそもアレルギーは、特定の抗原(アレルゲン)に対し過剰に免疫反応が起こること。もとは病原体などから体を守るための防衛反応です。人間の体には、外からの異物(抗原)を見つけると、それに対抗する物質(抗体)を作り出し、体の中から排除しようとします。基本的には外から侵入する病原体などから体を守ろうとする、体にとっては大切な免疫反応で生態防御のシステム。ただ、それが害のない物質にまで過剰に反応してしまうことがあり、これがいわゆるアレルギーとよばれるものです。鼻水や涙、咳が出てしまうのも、体の中から異物を排除しようとしているからで、その要因になるものが花粉やハウスダスト、そして犬や猫だったりするのです。
もともと体質的にアレルギーが出やすいと分かっている人は、何が自分のアレルゲンになるのか血液検査をして知っていることでしょう。しかし、今まで特にアレルギー症状が出なかった人が、猫を飼っている友人の家に遊びに行ったら、鼻がズルズル目から涙が出るなどして気付くこともあります。
すでにハウスダストやダニなどでアレルギーが出る人は、猫や犬に対しても出やすいと言われていますので、何かしらのアレルギーを持っている人が猫を飼おうとするなら注意が必要です。

猫の何がアレルゲンになる?

アレルギーも個人差があり、猫の何にアレルギーが出てしまうのか、はっきりとした原因究明に至らないことも多いようですが、一般的には、猫の毛が問題視されています。猫の毛に付着する埃やフケ、ダニの死骸、時にはグルーミングによって付着する猫の唾液がアレルゲンになるともいわれています。
猫に舐められたら赤く腫れたりじんましんが出たというなら、猫の唾液がアレルゲンというのは明らかですね。
犬に限らず、猫でも比較的抜け毛の少ない種類であれば、アレルギー症状が出にくいとされているところをみると、やはり「毛」がアレルギーのキーポイントになるのでしょう。

アレルギーがあるけど、飼いたい!

もし、既にアレルギーがあるとわかっているなら、多頭飼いはやめておきましょう。猫の数だけ抜け毛は増えるわけですし、その上、普段以上に毛が抜ける換毛期が1年に2度あります。
家の中はこまめに掃除しいつも綺麗にしておきます。猫を飼っている家は、掃除機の中のゴミに占める猫の毛の割合はとても高く、ごみの中はほとんどが猫の毛と言ってもいいくらいの量があります。毛が付着しやすいカーペットならガムテープなどでこまめに毛を取り除き、フローリングや畳なら頻繁に掃除機をかけて猫の毛が残らないようにします。こまめな掃除に合わせて、空気清浄機も併用すると効果があるようです。
また、猫の毛が付きやすいものはできるだけ排除するか、毛が付きにくくする工夫も必要です。猫の毛は布製のものはつきやすく、よく外を眺める猫ならカーテンにもたくさん付きますので、猫の毛が付きにくい素材のものを選びましょう。
猫を週2回くらいシャンプーして洗い流すのも一つの方法です。ただ、グルーミングをして自分できれいにしたい猫ですから、ふろ場で頻繁に洗うことがストレスになることもありますので気を付けてください。
そして、必ず猫と寝室は分けます。猫は布団の上に乗るのが大好きですし、冬なら中にもぐりこんで寝たりもします。換毛期でなくても布団にはたくさんの毛が付くので、飼い主が寝る場所だけは猫が入らないようにしておかないと安眠は得られません。
もともと、親の代からアレルギーだという方は、これを機に体質改善をするという方法もあるでしょうが、これはなかなか難しいことかもしれません。
また、赤ちゃんは生まれたときから猫と一緒に生活するとアレルギーが出にくいという話もありますが、ご両親にアレルギーがあれば遺伝している率はかなり高いので間違いなく、乳児のころからアレルギー症状が出るでしょう。
いずれにせよ、猫を飼うことにはかなりの努力と覚悟が必要なので、ご自分のアレルギーの状態をよく理解し、十分に検討してから飼えるかどうかを判断するしかないですね。

無理は禁物

猫を飼育する人の数は年々増加傾向にあり、猫ブームの到来?の予感がありますが、残念なことに殺処分される数は犬よりはるかに多いのも現実。いくら、猫の駅長さん、店員さんが話題になっても、この数は激減することはありません。
猫思いのボランティアさんによって、野良猫と呼ばれるような猫は減り、その多くは地域猫として保護されたりしていますので、ボランティアで保護猫の一時預かりとして飼う、または、そういうところからトライアルしてから譲りうけるのというのも一つの方法かもしれません。
できれば、猫カフェに行かけたり猫を飼っている友人のところにお邪魔させてもらったりして、アレルギー症状がどのくらいでるのか、またアレルギーがあっても飼えそうかどうか試してみてください。いくらアレルギーの出にくい種類の猫だといわれても、飼えるかどうかの見極めはアレルギーがある本人にしかできません。
不幸にも、飼い始めて半年くらいしてからアレルギー症状が出ることもあります。どうしても飼えない状況に陥ってしまったら、里親探しをして終生可愛がってくれる新しい飼い主を見つけてあげてください。
いずれにせよ、猫も人も健康で幸せに暮らせることが一番です。

猫アレルギーだけど猫が飼いたい!飼っても大丈夫?原因と対策を教えて。