アビシニアンの価格ってどれくらい?ブリーダーの相場は?

アビシニアンの価格ってどれくらい?ブリーダーの相場は?

アビシニアンは、猫の中では小型から中型くらいの大きさで、スリムで美しいシルエットが日本でも大人気の猫種です。今回はこのアビシニアンを飼う場合の値段の相場や入手方法、飼育費用などを紹介していきます。

アビシニアンの値段の相場ってどれくらい?

アビシニアンは、その姿が非常に美しいシルエットをしており、高貴で気高い印象を受けますが、性格は至って人懐っこくて犬のように遊び好きで人間に構ってほしいタイプの猫です。

そのため、日本でも猫ランキングでは常に上位に位置しているアビシニアンですが、実際の値段の相場は特段、他の純血種の値段と開きはなく大体平均して生後2ヶ月くらいの子猫で15~20万円前後のようです。

値段の違いは、個体によっても様々で、成猫に近づけば近づくほど値段は安価になりますし、アビシニアンの毛色などによっても価格は前後することはありますが、よほどスタンダードに近くない限りは20万円を超えることはあまりありません。

アビシニアンの3つの入手方法と価格の違いについてご紹介!

アビシニアンをいざ家に迎えたいとなった時、真っ先に思いつくのはペットショップだと思います。しかし、ペットショップ以外にもアビシニアンを入手する方法はあります。
それはブリーダーから直接買う方法と、里親になるという方法です。それぞれでの価格の違いや、メリット、デメリットを紹介します。

ペットショップからの入手

まず、猫を飼いたいと思ったらペットショップへ行くというのが誰しも思いつく一般的な入手方法です。アビシニアンは、日本でも人気が高い猫種なのでショップで見かけないという事は基本的には少ないです。

仮に、見に行った時にいなくてもショップの店員に聞けば仕入れてくれる場合もあるので諦めるのは早いかもしれませんね。

ショップで入手する最大のメリットは、猫を迎えるにあたっての一連のアイテムがその場で同時に入手できる点にあります。例えば、猫のトイレやエサ、エサの容器といった必需品から、遊び道具の猫じゃらしや猫のベッド、はたまたキャットタワーまでもが一度に揃います。

更には、ペット保険にも同時に加入することができるショップも今は多いため、本当に一度で全て済ませることができてしまいます。利便性においては、ペットショップにかなうところはありません。

また、会計の際にクレジットカードを使えるのも非常に助かります。全て揃えるとなると金額も高額になりますので分割もできるクレジットカードは本当に便利です。

しかし、ペットショップで入手するのはメリットだけはなくデメリットもあります。まずは、生体そのものの価格が、仲介料も入るのでどうしても高くなってしまうという点です。価格にすると大体18万円前後になります。

次に考えられるデメリットは、どのような環境で子猫たちが暮らしているかが不透明であるという事です。中には利益重視で劣悪な環境で飼育されている場合もあります。

生体の価格は、若ければ若いほどに高値で取引されているので、母猫の元で充分な愛情を受ける前に引き離されているケースもあります。そうなると免疫力がついていなかったり社会性が身についていなかったりと様々な問題に発展しかねません。

社会性をきちんと身につけておかないと、成猫になってから性格の面で問題行動が起こってしまいます。また、免疫力がないと虚弱体質になってしまい健康で丈夫な猫に育たない可能性すらでてきますので、注意が必要になります。

ブリーダーからの直接入手

ブリーダーから直接入手した場合のメリットは、仲介業者を通さないので価格がショップより安価で購入することができます。価格は大体ですが10万円前後となります。

更に、ブリーダーと直接会うことになるのでどういった環境下で育てているかもよくわかりますし、猫のことをよく勉強されている方がほとんどなので、買ったらそれで終わりではなくその後もいろいろな相談に乗ってくれるという事もあるでしょう。

このように、自分の目で見て確かめられるという点がブリーダーから買う最大のメリットだと思われます。

デメリットは、その他日常品を自分で探して買いに行かなければならないという点です。ペットの保険も同様にいろいろある中から自分で探す手間は意外と大変かもしれません。

里親募集からの入手

今はネットで里親募集のサイトがたくさんあります。そういうところから入手した際は生体の代金がほとんどかからないというメリットがあります。

当然、今まで育てていた人に会うこともできるのでどんな環境で育ったかを確認することも可能なので比較的安心です。

デメリットは、アビシニアンのような人気のある純血種の場合はそもそも里親募集に載っていない場合があります。それが子猫であれば皆無と言っても過言ではありません。

アビシニアンがやっと見つかったとしても、それは成猫のアビシニアンであることが大半です。子猫から自分で育てていきたいと考えている人には中々難しいのが現状です。

しかし、成猫を迎え入れるメリットは実はたくさんあるのです。一番はしつけがすでに終わっていて自分でしつける必要がほとんどないという事です。

アビシニアンはとにかく活発で敏捷に走り回る遊び好きで、いたずらも日常茶飯事ですが成猫のアビシニアンになっていれば、子猫の時よりは少し落ち着くのでいたずらもそんなに心配するほどではありません。

人と暮らすという環境にも慣れているので非常に飼いやすい状態で迎えられるのは、十分にメリットと考えてよいでしょう。

アビシニアンを譲り受けて里親になる方法は?注意点は?

アビシニアンを譲り受けて里親になる方法は?注意点は?

2019年3月1日
アビシニアンのミックス猫の里親になるには?性格も解説!

アビシニアンのミックス猫の里親になるには?性格も解説!

2019年2月1日

アビシニアンの種類ごとの価格は?人気のブルーやフォーンは?

アビシニアンの被毛の色の種類は、大きく分けると4種類あります。アビシニアンの中で一番オーソドックスな毛色がルディと呼ばれる淡いオレンジブラウンの下地に黒のティッキングが入るものです。

このルディと呼ばれる毛色がアビシニアンの中では一番多いため、価格はルディを基準として見ていきます。この毛色ですと、大体アビシニアンの相場の平均値で10~15万円あたりになります。

次に多い毛色は、レッドと呼ばれる毛色でアプリコットベージュの下地にレッドブラウンのティッキングが入っているものになります。この毛色もアビシニアンの中ではルディの価格とほぼ同様で、やはり10~15万円ほどです。

少し珍しい毛色で、フォーンと呼ばれる暖かみのあるベージュに近い茶色にココアブラウンのティッキングが入っているものがあります。このフォーンの価格は、少し珍しいということで高値かと思いきや実際はルディやレッドとあまり変わりません。

最後に紹介するのは、今現在でアビシニアンの毛色で人気が急上昇なのがブルーです。このブルーのアビシニアンに出会うのは簡単ではありません。ショップに聞いて仕入れてもらうかネットで探すのがいいかもしれません。

このブルーの毛色は、暖かみのあるブルーが下地になっており、そこに灰色のストレートブルーのティッキングが入り全体が非常に神秘的で美しいです。

希少価値もありそこまで人気色なら価格も高騰しそうなものですが、実際の価格は他の毛色のアビシニアンより1~2万円高いくらいなのです。

アビシニアンはブルーが大人気?4種類の値段や性格の違いは?

アビシニアンはブルーが大人気?4種類の値段や性格の違いは?

2019年3月4日
よって、アビシニアンの価格は毛色の違いではそんなに価格の開きがないと言えます。やはり価格に大きな違いが出るのは、キャットショーの審査基準でもあるスタンダードにより近いか否かと、月齢の違いの2つになります。

アビシニアンの年間飼育費用はどのくらいかかる?

アビシニアンを迎えたら、年間の飼育費用がどれほどになるのか調べてみました。まず言えることは迎えた最初の年だけは環境づくりや猫の生活必需品を購入するため高くなります。

しかし、2年目からですと消耗品の補充がメインになりますので、最初の年ほど費用は掛かりません。よって、年間飼育費用は2年目以降の金額を見ていけば良いと思われます。

飼い始めの年にかかる費用

まずは、生体の代金がかかりますのでアビシニアンの平均生体価格で15万円とします。次に、エサと水の容器が必要になりますので2つで1,000円とします。次にトイレですが、ここではどんなトイレを選ぶかで価格は変わります。

システムトイレを選ぶと大体2,000~3,000円しますが、ただ砂を入れるたらいのようなトイレですと800円前後になります。そこに、猫砂の代金がプラスされます。猫砂もピンキリですが、大体は8ℓで500円前後になります。

その8ℓの砂で1ヶ月もつと計算すると、1年で6,000円です。次に必要なのは動物病院などに連れて行くときに必要になるキャリーケースですが、これもまたピンキリで5,000~1万円ほどになります。

また、環境づくりとしては、アビシニアンは非常に活発で運動大好きな性格の猫なのでキャットタワーの設置をおすすめします。このキャットタワーも何段にするかで値段は変わりますが、大体1万円とします。

最後に大事なのが、去勢と避妊手術代金です。これは飼い主さんの考え方一つですが後に交配を考えているのであれば必要はありませんが、そういうことを考えていないのであればメスの場合は避妊手術を受けることはおすすめします。

オスの場合は、去勢しないとスプレー行為というマーキングを行って部屋中におしっこをする可能性があるので、そういった場合は去勢をした方がいいですが、中には大人になってもマーキングしない子もいるので、そこも飼い主さんの考え方一つですね。

去勢手術の場合は、値段は大体2~4万円前後でメスの避妊手術の場合ですと4~8万円あたりになりますが、動物病院によって価格には開きがあるので注意してくださいね。

それと合わせて、年に1度の予防接種の費用もかかります。生後1年未満の子猫を飼った場合は最初の年だけ予防接種を二回受ける必要があります。価格は一回につき4000~5000円あたりです。

最後にエサの代金です。これもドライフードとウェットフードを与えるかによって価格は違ってきます。ドライフードですと、1袋で大体2,000~3,000円で2ヶ月はもちます。ウェットフードですと1缶で50~100円あたりですが、それを一日に2回と考えたら1日200円という計算になります。

2年目以降かかる年間費用

2年目以降にかかる費用は、エサ代と猫砂と予防接種や健康診断など動物病院でかかる費用なものです。まずエサから見ていきますとドライフードの場合は1年で大体2万円前後になります。ウェットフードですと7万円前後にもなります。

この結果を見ると、ドライフードの方が経済的ですね。フードは猫の様子を見ながら使い分けているのが一般的と言えます。基本はドライフードにして、その状況に応じてウェットフードを与えるのが良いかもしれません。

猫砂代金は、年間で大体6,000円前後となります。そして、予防接種などの動物病院にかかる費用が病気をしなければ年に一度の予防接種で済むので5,000円とします。

これらすべてを合わせると年間飼育費用は概算で、5万円もかからない計算になります。ただし、これは猫が健康体だったらの話で、病気になればその分医療費が含まれてきますのでシニアに入ってきたら気を付けて見てあげてくださいね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


アビシニアンの価格ってどれくらい?ブリーダーの相場は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA