アビシニアンはブルーが大人気?4種類の値段や性格の違いは?

アビシニアンはブルーが大人気?4種類の値段や性格の違いは?

すらりと長い脚に細身の体のアビシニアン。最近人気のブルー以外にアビシニアンは主に4種類いるのをご存知ですか?4種類って何が違うの?性格は?どんな目の色をしているの?そんな疑問にお応えするとともに、値段についてもご紹介していきます。

アビシニアンには4種類いる?

細身ながら筋肉の良く発達したしなやかな体を持つアビシニアンは、なだらかな曲線を描いたボディラインも美しく、優雅な印象を与えます。

その特徴の一つとしてあげられるのが、まるで絵筆で毛先に色を付けたような「ティッキング」と呼ばれる毛色です。

アビシニアンの「ティッキング」は1本1本の毛が濃い色と薄い色との交互になっていて、毛をかき分けると下毛が薄いことが分かります。体全体では4つの虹のような帯状になり、独特の色合いとつややかな光沢とを見せてくれます。

また「アビシニアンタビー」とも言われる額や四肢にわずかに見られる縞模様も印象的です。

ティッキングの毛を持つことからアビシニアンがタビーと呼ばれる縞猫であることがわかりますが、子猫の頃に薄く浮かび上がっていた縞模様も成猫になると薄くになります。そのためレッドのアビシニアンはソルティ(単色)と間違われることもある様です。

アメリカの血統書発行機関であるCFA(THE CAT FANCIERS’ ASSOCIATION, INC.)で公認されているアビシニアンの毛色は「ルディ」「レッド」「フォーン」「ブルー」の4種類です。

他にもシルバーやチョコレート、ライラックなどの毛色や、変わったところではトーティシェルと呼ばれるサビ猫のアビシニアンもいますが、血統種として認定されないことからペットショップやブリーダーが扱うことはまずありません。

したがって、一般的に販売されているのは「ルディ」「レッド」「フォーン」「ブルー」の4種類となります。

ルディ

アビシニアンで最も多い毛色がこのルディです。

全体の色は暖かみのあるアプリコット色から赤褐色が主で、黒褐色または黒色の濃淡のティッキングがあり、ティッキングは濃い色ほど望ましいとされているようです。

また、体の内側である胸元から下腹部にかけては主な色の赤褐色に調和した色合いになり、血統書発行機関の多くが四肢に縞模様がない事を条件にしています。

尻尾の先や肉球は黒かダークブラウン、鼻先は赤レンガ色です。口元から喉の上部に白い毛を持つ猫もいて表情を柔らかく見せてくれるでしょう。

目の周りの明るく薄い毛色はアーモンド形の目を引き立ててくれ、目の下の黒くキリリとしたラインがまるでクレオパトラのアイラインの様な美しさです。

レッド

一見すると「ルディ」と見間違われることもよくありますが、黒褐色または黒色の濃淡のティッキングがなく、ルディよりも明るい印象です。

体全体の毛色はレッドと呼ばれる鮮やかな赤茶色もしくは栗色が主で、チョコレートブラウンやシナモン色の濃淡のティッキングがあります。

最近では主な毛色である栗色にちなんで、栗色を意味する「ソレル」と呼ばれることも多くなってきました。

胸元から下腹部にかけては主な色であるレッドや栗色に調和しており、毛をかき分けると現れる下毛もレッドです。タビーの証である額に残るMの文字似た模様以外縞模様は見当たりません。

肉球や唇はピンク色で、ルディよりも柔らかな印象を与えてくれます。

フォーン

フォーンは「小鹿」の意味で、その名前の通り柔らかなベージュ色が主体です。

全体の主な毛色は暖かいピンクベージュで、より濃いピンクベージュや薄いココアブラウンの濃淡のティッキングがあります。

肉球や鼻先は暗いピンクのモーブピンク色で、毛をかき分けると現れる下毛はアイボリー、体の下側や胸元はグレーがかったイエローになっていて、全体的にミルクティーの様な色合いです。

ブルー

主に淡いブルーグレーの毛色で全体を覆われていて、セメントの瓦屋根のような色であるスレートブルーの濃淡のティッキングがあり、背骨に沿って濃い色が出ています。

下腹部など体の内側は暖かみのあるクリーム色やベージュに近く、背中側から尾先にかけては濃いブルーグレーの濃淡の色調で、その配色が神秘的な姿を際立たせています。

また、肉球や鼻先は紫がかった赤色のブルーモーブで、毛をかき分けると見える下毛はピンクベージュです。

目の周りもピンクベージュの毛色で縁取られ、アイラインのあるアーモンド形の目をより引き立てています。

アビシニアンの4種類で人気なのはどれ?その理由とは?

アビシニアンの原種に最も近く、エジプトをイメージさせる「クレオパトラライン」が強く出ている「ルディ」が1番数多く販売されていますが、近年では「ブルー」が人気です。

他のカラーに比べて、ブルーとピンクベージュのクールな配色がアビシニアンの持つ神秘性をより際立たせています。それと同時にその数の少なさも相まって人気が高まっています。

多くの猫種で茶系や赤系、白、黒の猫が多い中、最近ではロシアンブルーやブリティッシュショートヘアー、シャルトリューなどのブルーグレーの猫が人気なのもアビシニアンのブルー人気に拍車をかけていると言えるでしょう。

本来アビシニアンは甘えたで遊び好きな性格ですが、その可愛い仕草とブルーの持つクールな見た目の印象とのギャップに多くの方がハートを掴まれてしまうようです。

アビシニアンの4種類の性格の違いは?

猫の性格は毛色よりも猫種による違いが大きく、アビシニアンも4種類の毛色で性格が大きく変わることはないようです。

また猫は個体差が大きい動物のため、個々の成育環境や親猫の性格により強く影響されると言われています。

アビシニアンはとても人懐っこい性格ですが、反面独立心も強く飼い主さんと対等に接しようとします。

ですがその分甘えに来る時の姿はとても可愛らしく、体をすり寄せたり、内緒話をするように顔をスリスリこすりつけ耳元でクルクルと鈴を鳴らすような小さな声で鳴いて甘えてきます。

運動能力が高く遊び好きで、走ったり跳んだりととても活発です。ボール投げ遊びを覚えたり、飼い主さんと追っかけっこをしたりとまるで犬のような遊び方が出来るため、愛猫と一緒に遊びたい方にはピッタリの猫と言えるでしょう。

好奇心旺盛でたまにいたずらもしてしまいますが、賢い猫種なのでしつけをすることも可能です。

アビシニアンは他のペットや子供とも仲良くできるフレンドリーな猫で、多頭飼いに向いているとされています。

ですが、シルバー系の毛色の猫に神経質な面を持つ猫が多くいるように、アビシニアンのブルーの中にも神経質な性格の猫がいます。その場合には多頭飼いや他のペットとの生活を避けるのが望ましいでしょう。

アビシニアンは飼いにくい?狂暴化する原因と対処法とは?

アビシニアンは飼いにくい?狂暴化する原因と対処法とは?

2019年2月26日

アビシニアンの4種類は目の色も違う?

アイラインに囲まれたアーモンド形の大きな目はアビシニアンの魅力の一つと言えます。また、しっかりと相手を見据える視線には知的な印象を受けるでしょう。

そんな美しい瞳には「ゴールド」「カッパー」「グリーン」「ヘーゼル」の4色があり、その中のいずれかが現れるため、毛色による違いはありません。

しかし、TICA(The International Cat Association.)では4色すべてを認定しているのに対し、CFA(THE CAT FANCIERS’ ASSOCIATION, INC.)ではゴールドとグリーンの2色だけをアビシニアンの血統種として認定するなど、公認団体で違いがあるようです。

血統種としてキャットショーなどへの参加を考える場合は考慮が必要ですが、ペットとして可愛がる分には好きな色の猫を選んで良いでしょう。

ゴールド

英語で琥珀を意味する「アンバー」と呼ばれることもある黄色い単色の瞳の事を言います。

CFAで公認されていることもあり、アビシニアンではよく見られる瞳で、クレオパトララインがより強調されて見える美しい瞳です。

カッパー

カッパーは銅色のことで、他の色よりもメラニン色素が多いため濃い色になったとされています。

見る角度によって茶色に近い色からより赤身の強い色まで変化して見えます。

カッパーの瞳と言えばブリティッシュショートヘアーのブルーを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

アビシニアンでもブルーや、毛色と瞳の色が近いレッドが良く似合いそうです。濃い瞳の色がアビシニアンの持つ意志の強さと賢さを際立たせてくれるでしょう。

グリーン

ピスタチオナッツの様なグリーンの瞳はアビシニアンのアーモンド形の目をより神秘的に見せてくれます。

グリーンの瞳は寒い地域の猫に多く、日光を取り込みにくかったためにメラニン色素が薄くなったと言われています。そのわずかなメラニン色素が「レイリー散乱」という光を拡散する作用によってグリーンに見えます。

ヘーゼル

瞳の中心から外側へ向けてグリーンから茶色へグラデーションがかかったような瞳をしています。

暗い場所ではグリーンの部分は少なく見えるためよりゴールドに近い瞳に見え、逆に明るい場所ではグリーンの部分が増え、グリーンとゴールドの2層の美しい瞳になります。

ヘーゼルの瞳は、毛色の薄いフォーンでは可愛らしく、クレオパトララインの強調されたルディでは品の良さを感じさせ、同じ瞳の色ながら違う印象を与えてくれます。

アビシニアンの4種類の値段は違う?

アビシニアンを家族に迎える方法としてまず考えられるのが「ペットショップでの購入」「ブリーダーから直接購入」「里親になる」ではないでしょうか。

里親に応募する場合は、猫自体に価格がついてないため、ワクチン代や避妊・去勢手術代金など少額の出費で抑えられます。

しかし里親募集をしている猫は成猫が多く、アビシニアンを子猫から迎えたいとなるとその機会を根気よく待つしかありません。

そのため、費用はかかりますがやはりペットショップやブリーダーから購入するのが最短ではないでしょうか。

気になる価格についてですが、ブリーダーから直接購入で約80,000~200,000円、ペットショップでの購入は約70,000~300,000円と、ペットショップでの購入では価格に幅が大きくありました。ペットショップでは展示スペースに限りがあるため、月齢が増すほど大きく価格を下げていく様です。

また、アビシニアンのブルーは人気が高く数も少ないため、少し高めに価格設定されているます。

ブリーダー紹介サイトやペットショップでの価格をカラーごとにまとめてみましたので参考にしてください。

ルディ

  • 生後3ヵ月半オス 110,000円 父猫トリプルチャンピオン母猫ベビーチャンピオン
  • 生後2ヵ月半オス 180,000円
  • 生後2ヵ月半メス 185,000円 父猫CFAのグランドチャンピオン

レッド

  • 生後2ヵ月半オス 150,000円
  • 生後3ヵ月メス 170,000円 父猫はCFAのグランドチャンピオン
  • 生後2ヵ月半メス 180,000円

フォーン

  • 生後3ヵ月メス 162,000円
  • 生後4ヵ月メス 250,000円

ブルー

  • 生後4ヵ月オス 110,000円
  • 生後1ヵ月オス 200,000円
  • 生後1ヵ月メス 200,000円
  • 生後2ヵ月半メス 213,840円

アビシニアンは四猫四色?!

四肢がすらりと長く細身の体のアビシニアン。つま先立ちして歩く姿はまるでバレリーナの様です。

けれど同じシルエットのはずが、アビシニアンの印象は毛色の違いで十人十色ならぬ四猫四色と言えましたね。

野性的で賢そうな「ルディ」暖かで大らかな「レッド」柔らかく可愛らしい「フォーン」クールで神秘的な「ブルー」と、毛色によって見た目の印象が違うようです。他に口元に白い毛があるだけでも違った表情に見えます。

その印象の違いもアビシニアンの魅力の一つかもしれませんね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


アビシニアンはブルーが大人気?4種類の値段や性格の違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA