白いマンチカンがいるって本当?白猫マンチカンのもつ特徴とは?

白いマンチカンがいるって本当?白猫マンチカンのもつ特徴とは?

白いマンチカンがいるって本当??

猫はキジ柄や黒一色の毛色などが、それぞれの猫種の条件とされることがありますが、マンチカンの場合、決まった模様や色がありません。そのため白のマンチカンも実在します。

ですが白一色のマンチカンは珍しいため、ペットショップなどではあまり見かけないかもしれません。どちらかというとクリーム&ホワイトなどの他の色がかかっているマンチカンの方が多いようです。

もしどうしても飼いたい、白色のマンチカンに会ってみたいようならマンチカンのブリーダーに直接問い合わせた方が確実です。

白いマンチカンはどうやって生まれたの?

白一色の毛で覆われたマンチカンが生まれる理由は2つあります。

1つ目は突然変異で「アルビノ」と言われています。これは毛に色素を持っていない先天的な遺伝子疾患です。

アルビノの場合は瞳が赤いことがが特徴的なのですぐ分かりますが、皮膚疾患にもなりやすく自然界でも弱いため、あまり見かけないのが実際のところです。

2つ目は白色遺伝子や白斑遺伝子などの遺伝子を持って生まれたからです。これらはどんな毛色に対しても白が優性で、模様も柄も白に染め上げる遺伝子です。

このように親の毛色がどうであれ、突然変異や白色遺伝子、白斑遺伝子が原因で白いマンチカンが偶然誕生しました。

白いマンチカンがかかりやすい病気は?

白のマンチカンだけに限らず、白猫で以下の特徴を持っている猫は聴覚障害を持っている場合があります。

・白色遺伝子か白斑遺伝子
・目が青、あるいはオッドアイ

この条件を満たしている全ての猫が聴覚障害を持つわけではありませんが、他の毛色の猫に比べて発症が多い傾向があります。

ちなみに、どのマンチカンでもなりやすい病気は椎間板ヘルニアや変形性関節症などが挙げられます。これらにかかりやすいのは他の猫と違う足の短さや胴体の長さが関係しています。

マンチカンをこの病気から守るには、他の猫種と体の構造が少し違うことを飼い主が理解し、部屋環境で、高低差などがあるところをなるべく作らないなどの工夫が大切です。

白いマンチカンを飼うことはできる?値段は?

白いマンチカンは探せば飼うことができますが、ペットショップではなかなか見つかりません。そのためブリーダーに直接問い合わせるか、ペットショップで仕入れを頼むのが早いでしょう。

また価格はマンチカンの足の短さや月齢によっても変わってきますし、親がキャットショーなどのチャンピオンである場合は高額になります。

ですが白いマンチカンが希少性があるからと言って格別に高いわけではないようで、だいたい20万円前後の生体価格です。

先天性のリスクを持っている場合もあるので、あまり高い価格はつけられないのかもしれません。

白いマンチカンを飼ってみたい方へ

神秘的で美しく白いマンチカンを一度は飼ってみたいと思う愛猫家も多いでしょう。
しかし先天性の聴覚障害を持っているかもしれないということは頭に入れておいた方が良いです。

ですが、実際は聴覚に問題があっても普段の生活に支障のない猫がほとんどです。何があっても最期までお世話をする覚悟を持った人なら、障害を気にせず白いマンチカンといつまでも仲良く暮らせるでしょう。

白いマンチカンがいるって本当?白猫マンチカンのもつ特徴とは?