心配?!猫が食事をあまり噛まないのは大丈夫なの?

心配?!猫が食事をあまり噛まないのは大丈夫なの?

飼い猫があんなに慌ててがつがつ食べて、ちゃんと噛んでいるのかしら?と心配になることってありませんか?きちんと食べ物を噛めているのだろうか、体の中でちゃんと消化できているのか不思議に思いますが、実はあれは猫にとって普通の食べ方であり、ちゃんとした理由があるのです。猫があまり食べ物を噛んで食べない理由と、注意しなくてはならない点についてご紹介していきましょう。

猫が食事をあまり噛まない

猫って、なんだかとっても急いでえさを食べますよね。そこまで早食いしなくても…というぐらい、せかせか食べて、体に悪いんじゃないかと飼い主さんは不安になってしまうほどです。あんなに慌ててがつがつ食べて、ちゃんと噛んでいるのかしら?と心配になることってありませんか?あれだけ早く食べていると、きちんと食べ物を噛めているのだろうか、体の中でちゃんと消化できているのか不思議に思いますが、実はあれは猫にとって普通の食べ方であり、ちゃんとした理由があるのです。猫があまり食べ物を噛んで食べない理由と、注意しなくてはならない点についてご紹介していきましょう。

猫があまり噛んで食べない理由とは

猫があまり食事をゆっくり噛んで食べない、それには大きな理由がありました。猫はもともと、野生で狩猟をして暮らしてきた肉食動物です。肉食動物には、その狩猟本能により、他の動物に採った獲物をとられない為に急いで丸のみしていた名残りがあるのです。そのため、理由はなくとも食べ物を出されると、他の動物に取れられるまいと同じように急いで食べる習慣がついてしまっている訳です。これは、近くに他の飼い猫やペットの動物が周りにいなくてもやってしまう、いわば猫のクセのようなものです。また、猫の歯の形状は人間のそれとはだいぶ違っており、食べ物の丸呑みや早食いができるようになっているんです。猫には、人間にあるような臼歯は存在しません。そのため、食べ物を噛んで、すりつぶして食べるということがほとんどないのです。猫の奥歯はとてもシャープに尖っているため、あまり噛まなくても食べ物を細かくできるような形になっているのです。そのため、人の目には丸呑みしているかのようにうつってしまいがちですが、奥歯ではしっかり噛んでいるという訳です。人間のように前歯や横の歯で噛んでいないので、なんだか急いで丸呑みしているように見えてしまう理由がそれなのです。ドライフードのキャットフードを食べている時はカリッ、カリッと音がしますが、よく口元を観察していると猫はあまり噛み砕いたりすりつぶしたりして食べておらず、フードが歯に当たっているだけということがわかりますよ。

あまり噛まない事は健康に悪くないの?

猫が急いで食べる理由を説明してきましたが、では、あまり噛まない早食いを続けていて体には何か悪影響はないのでしょうか?人間からするとちょっとお行儀が悪くみえる早食い。あんなに慌てて食べて、栄養はちゃんと取れているのか心配になりますが、大丈夫です。きちんと体内に栄養は吸収されています。また、猫が丸呑みしたものが、ちゃんと体内で細かくなって吸収されているのかも心配されますが、通常猫はほとんど食事を丸呑みし、その後ゆっくりとお腹の中で消化をしていくようにできているのです。健康な猫の胃腸は丸呑みしてもぐんぐん消化できるような強い消化液をきちんと持ち合わせています。猫の胃腸はその歯の形状と同じように、丸呑みや早食いに対する形状と消化吸収する働きをもっているから安心という訳です。本来の内蔵の消化吸収機能がしっかりと働いているので、あわて食いでも飼い主さんは何も心配する必要はありませんよ。

それでも、気を付けなくてはいけない時もある?

一般的に、健康な猫が習性として行う早食いや丸呑みには、体には悪い影響がないということがわかりました。それでも、しっかり噛まない事はやはり時には健康をおびやかす場合も稀にあることは覚えておかなくてはなりませ。その具体的な例として、まず猫の歯につく歯石の問題があります。歯石とは、食べ物を食べた時に歯につく歯垢が徐々に溜まり続け、固まってできたものです。歯石は悪臭や歯茎を弱らせる原因にもなるため、特に高齢猫には注意が必要なのです。動物の歯石は、通常固いものを噛むことで徐々に取れていくのですが、あまり噛まないまま歯垢が溜まり続けると、歯石になってしまうのです。飼い猫にやわらかいキャットフードばかり与えている方は要注意です。そこで、猫のキャットフードを選ぶときには一工夫。できるだけ固く、噛んでもらう形状を選ぶことで歯石をつかなくさせることができます。ボール状のものより、平らな物のほうが噛んでくれる可能性が高いようです。また、消化器官が未熟な子猫には、食べ方によっては健康に影響を与えるケースもあります。早くエサを口の中にかき込み、飲もうすることによって、結果的に吐き戻してしまったり、うまく体内で消化できず下痢になってしまうことがあるのです。子猫と高齢猫に関しては、できるだけその年齢に適したキャットフードを購入し与えることが大切です。どの年齢にどんなキャットフードが適しているかはインターネットでもある程度調べられますが、ペットショップやペット用品のお店、動物病院などでも情報を得ることができますので、一度訪ねてみるといいでしょう。

心配?!猫が食事をあまり噛まないのは大丈夫なの?