スコティッシュフォールドの骨瘤とは?関節が変形する?

スコティッシュフォールドの骨瘤とは?関節が変形する?

スコティッシュフォールドは耳が垂れているのが特徴の猫種です。しかしこの可愛い見た目の裏に「骨軟骨異形成症」という病気が隠れていることがあります。ここでは、骨軟骨異形成症とは何か、主な症状である骨瘤についてや予防法、治療法、また治療にかかる費用などについて紹介します。

スコティッシュフォールドの病気、骨軟骨異形成症とは?骨瘤って何?

世間には様々な猫種がいますが、垂れ耳で丸顔が可愛いスコティッシュフォールドが人気に火がつき、この猫種を飼う人が増えてきました。それにともなって、骨軟骨異形成症という病名を聞く機会が増えているようです。

骨軟骨異形成とは、遺伝子異常によって起こる骨と軟骨の成長異常をさします。この成長異常によって様々な症状が引き起こされている状態を骨軟骨異形成症と呼びます。

軟骨は主に骨と骨の間(関節)や柔軟性が必要な部分(例えば耳)に多く存在しています。この軟骨によって骨同士の滑らかな動きが可能となっているのです。

骨軟骨異形成の遺伝的素因をもつ動物では、軟骨の成長が遅いかほとんど成長しません。そのため、ほとんど軟骨でできている耳はちぢれたような形になり、そして関節では動くたびにうまく作られていない軟骨がすり減ります。

軟骨がすり減ってしまった関節では、骨同士が直接ぶつかるようになります。骨同士はぶつかることで炎症が起き、この炎症から自らを守るために骨が異常に成長します。異常に成長した骨は正常な成長とは異なるため、形もいびつです。

軟骨が成長しない、それによって骨同士がぶつかり炎症を起こす、そして炎症のせいで骨が異常に成長する、最終的に関節が変形する、といったサイクルで起きているのです。

この関節の骨の変形によって、飼い主さんが関節部分を触ったときにゴツゴツとした感触が感じられるようになります。これを「骨瘤(こつりゅう)」と呼びます。

骨瘤について飼い主さんがよく気付くのは後ろ足で、人のかかとに当たる部分を触った時に腫れているように感じます。また前足の指の付け根や人の手首に当たる部分が腫れてきたり、触ると怒るようになってきます。

骨軟骨異形成症の症状とは?関節が変形する?

症状としては痛みと関節の変形が主な症状です。またスコティッシュフォールドの耳が垂れているのも、この骨軟骨異形成症で見られる特徴です。

最近寝ていることが多くなった、高いところに登らない、座り方や寝相が変わった、というのが飼い主さんが気づく主な症状です。またいつも通りに撫でていたはずなのに、撫でられるのを嫌がったり、怒ったり、シャーと鳴いたりすることもあります。

これは力が加わることで骨(関節)が痛むので、痛いことを避けるようになるため見られる症状です。座り方の変化も、関節の可動域(動かせる範囲)が変わってしまうために起こります。

もう一つよくある症状で、爪を研がなくなったり、爪を切ろうと飼い主さんが足先を触っただけで激怒したりすることがあります。これは指の関節が変形することで、爪の出し入れが痛みを伴うようになるせいだと考えられます。

ではなぜ関節が変形するのでしょうか。

骨は通常、成長期に伸びます。この時、骨の端っこ部分(つまり関節部分)では骨の破壊と再生が繰り返されていて、このサイクルを繰り返すことで少しずつ骨が伸びていきます。

しかし骨軟骨異形成症の動物では、この時に骨の土台となる軟骨がうまく作られない体であるため、軟骨だけでなく骨の成長がスムーズにいかなくなっています。

骨自体は軟骨を土台とする成長以外にも成長するメカニズムがあるため、体は成長して子猫の時よりも大きくなることは可能です。しかし主に関節部分など、軟骨が骨の成長に関わっている部分では成長が異常となっています。

関節部分の軟骨が異常で骨の成長がスムーズにいかなくても、体は成長します。そのため成長に伴って増える体重を、異常をきたしている骨と関節で支えなくてはいけなくなるのです。

骨の成長がうまくいかず、軟骨もほぼない関節部分に体重がかかると関節内で骨と骨が直接ぶつかります。これは本来起きることのない衝突で、痛みを伴います。また痛みだけでなく、骨同士の衝突の刺激で骨は間違った方向に成長(増生)してしまうのです。

これが関節の変形の原因です。

骨軟骨異形成症の原因とは?予防する方法はある?

骨軟骨異形成症の根本的な原因は遺伝子異常です。

スコティッシュフォールドの骨軟骨異形成症に関しては遺伝子的な説明がすでになされていて、関係するのはFd遺伝子として知られています。常染色体との上に存在するこの遺伝子の変異によって軟骨の成長異常が生じ、骨軟骨異形成症を発症するのです。

常染色体は1対2本で存在していて、人では22本対で計44本あると小学生の理科で習った記憶のある方もいらっしゃるかもしれません。猫ではこの常染色体は19対38本あります。そしてこの染色体上にFd遺伝子は存在しています。

この遺伝子の異常を説明するときには、垂れ耳(軟骨異常)を発現するのが「Fd」で、発現しないのが「fd」と表現します。

遺伝子の組み合わせによって軟骨の異常の程度が少しずつ異なります。「Fd/Fd」「Fd/fd」では耳も垂れ、骨軟骨異形成の特徴的な見た目となりますが「fd/fd」では耳は立ったままで見た目には普通の猫とかわりません。

つまり遺伝的な要因であるため、残念ながら骨軟骨異形成自体を予防することはできません。

病気の発症を予防することは残念ながらできませんが、症状を軽くしたり、症状がで始めることを遅らせたりすることはできるかも知れません。

この病気の症状は猫が感じる痛みです。そのため、猫の痛みを減らしてあげることが骨軟骨異形成症の予防であると言えるでしょう。

痛みが生じるのは、関節部分に力が加わる時です。ですので、猫の体に不要な力が加わらないようにします。つまり、体重管理が非常に重要になってきます。成長期から成猫になってからも適性体重を維持し、肥満にならないように注意します。

また、階段を登ったり降りたりといった生活習慣でも関節に負荷をかけてしまうことがあります。もちろん猫なのでキャットタワーに登ったりするのですが、その時に痛みを感じてうっかり落ちてしまうこともあります。

突発的な痛みによる落下事故を防ぐため、タワーの下にはクッション素材を敷いたり、症状がすでに出ているならばキャットタワーなどもなるべく置かないようにすることも予防になります。

骨軟骨異形成症の治療法、費用とは?

骨軟骨異形成症を発症した猫に対する治療は、痛みを緩和することです。そのため鎮痛薬を飲ませることが主な治療法として行われています。

猫は薬の代謝経路が人や犬と異なる部分が多くあります。一般的に人で使われる鎮痛薬(アスピリンやロキソニンなど)は使用するのに非常に危険性が高いです。また慢性的な痛みを緩和するには長期間飲ませなければいけません。

スコティッシュフォールドの骨軟骨異形成症で痛みを緩和するために使われる痛み止めは、ステロイドが一般的です。猫は犬よりもステロイドに対して強く、副作用が少ないため非常によく使われます。

しかしステロイドの長期利用によって糖尿病などを発症することがあるため、量をこまめに調整し、定期的な診察を受ける必要があります。

また鎮痛薬の補助として、関節軟骨の成分であるコンドロイチンやグルコサミン配合のサプリメントなどが有効であることもあります。これらの成分を含有したキャットフードも販売されているため治療の助けになるでしょう。

あまり一般的ではありませんが、痛みを緩和するだけの対症療法ではなく痛みの元となっている関節の変形を直接治療するため、変形した関節に放射線を照射する放射線治療についても検討が行われています。

放射線を変形した関節に照射することで、骨の増生を止めることができます。ただし、この治療は全身麻酔下でしかできず、またいずれはまた関節の増生と変形は進行してくるため、やはり根治的な治療とは言えないでしょう。

治療にかかる費用は、鎮痛薬とサプリメントを合わせて飲ませ続けた場合、猫の体重や動物病院にもよりますがおそらく一万円ほどかかるのが一般的です。

そして薬を継続するためには動物病院で定期的な診察と、副作用がないかをチェックするための血液検査なども受ける必要があります。それらを含めるとやはり一ヶ月で1万円は超えるでしょう。

これらの飲み薬による治療ではない場合、つまりまだ検討段階である放射線治療を選択した場合にはおそらく月に数十万円程度はかかります。そしてどこまで効果があるのかはまだわかっていないため、手探りの治療法であると考えておく必要があります。

骨軟骨異形成症になる確率とは?

症状の発生という観点では。Fd遺伝子の変異を持っている猫は100%の確率で骨軟骨異形成症を発症します。Fd/Fdの猫はもちろんですが、Fd/fdの遺伝子形質の猫でも垂れ耳になります。

繁殖する場合に考えなければいけない骨軟骨症の子猫が生まれる確率としては、この遺伝子変異が常染色体上にあるため、簡単にはいわゆる「メンデルの法則」でその発現確率が説明できます。

雄と雌の遺伝形質がFd/Fd同士だった場合は、子猫の100%がFd/Fdとなり骨軟骨異形成症を100%発症します。また、Fd/FdとFd/fd(見た目が垂れ耳同士)の交配の場合にはFd/FdとFd/fdが50%ずつ生まれます。これも100%骨軟骨異形成症の子猫です。

Fd/fd同士の交配では、Fd/Fdが25%、Fd/fdが50%、fd/fdが25%の確率で生まれることになります。つまり骨軟骨異形成症の子猫が25%の確率で生まれます。

見た目が同じ垂れ耳であっても、Fd/FdなのかFd/fdなのかは外からは判断がつきません。そのため、骨軟骨異形成症の子猫が高確率で生まれてしまう可能性のある垂れ耳同士の繁殖は海外では法律で禁止されています。

残念ながら日本ではこの組み合わせの繁殖を禁止する法律はありません。そのため高確率でスコティッシュフォールドらしい垂れ耳の子猫を産ませるために、垂れ耳同士の交配を平然と行う悪徳業者も横行しているようです。

スコティッシュフォールドの可愛さは誰もが認める事実ですが、可愛い見た目の裏には高い確率で発生しうる遺伝子異常があるということを理解しなければいけません。

スコティッシュフォールドの骨瘤とは?関節が変形する?