耳折れマンチカンがとってもかわいい!耳折れの原因はなぜ??

耳折れマンチカンがとってもかわいい!耳折れの原因はなぜ??

耳折れマンチカンの耳はなぜ折れているのは遺伝?病気?

見た目が可愛い耳折れマンチカンですが、実はこれは遺伝性疾患によるものです。この耳折れの原因は「骨軟骨異形成症」と言い、生まれつき耳の軟骨が完全に発達していないのです。

つまり遺伝性疾患によって耳折れになっている病気とも言えます。とはいえ、この疾患はマンチカン同士の交配によって偶然誕生したものではありません。

それは、知識のない無責任な繁殖や可愛さだけを重視した交配をおこなった結果とも言えるでしょう。その誕生は、次のような理由からでした。

耳折れマンチカンはなぜ誕生したの?

耳折れの「骨軟骨異形成症」を持った猫種と言えばスコティッシュフォールドやアメリカンカールですが、耳折れマンチカンはスコティッシュフォールドと交配したことによって誕生しました。

もともと短足の遺伝子を持っているマンチカンは、掛け合わせによっては他の猫種と比べて健康上に問題のある子が生まれやすくなっています。なのでマンチカンは他の猫種との掛け合わせを推奨されていません。

繁殖者としては健康な子猫を輩出することを望み、健康上に問題のある猫は減らしていきたいという思いがあるからです。

そのためマンチカンを純血種として登録できるのは、マンチカン同士の掛け合わせかマンチカンとの混血種との掛け合わせのみとなっています。

ですがこの取り組みが施されたのはごく最近のことで、それまではマンチカンと純血種の猫を交配させていた例もあります。

この耳折れマンチカンは違う純血種同士の交配で生まれた猫だったため、耳折れのマンチカンは‘マンチカン’として認められていないのが現状です。遺伝子疾患とほぼ断定される耳折れマンチカンがマンチカンとして認められるのは今後も難しいでしょう。

耳折れマンチカンは珍しいの?値段は高い?

マンチカンはスコティッシュフォールドなどの純血種と掛け合わせるのを禁じらているため、耳折れマンチカン自体は珍しい猫ですが、まだまだ存在はしています。

遺伝子疾患とはいえその見た目の愛らしさから人気も高く、価格も通常のマンチカンに比べて高騰しています。さらに足長のマンチカンより短足のマンチカンの方が値段が高い傾向があります。

足長のマンチカンだとあまり人気が無いため10万前後で手に入れることができますが、短足だと20万前後、さらに耳折れだと25万円前後の場合が多いです。

耳折れマンチカンを飼う上での注意点をご紹介!

耳折れマンチカンは遺伝子疾患によるものなので未然に防ぐことが難しいです。耳の軟骨に症状が現れている骨軟骨異形成症ですが、これが耳の軟骨だけでなく全身の軟骨に引き起こる場合があります。

四肢の関節に現れたり鼻に患うケースもあり、これらを発症しているということは生まれてすぐに確実な判断が出来ません。なので、生後半年以内にマンチカンを飼う場合にはそういったハンディを背負っているかもしれないということを念頭に置いておかなければなりません。

また、耳折れの場合は風の通りが悪く、耳内が蒸されて不衛生になってしまう可能性があります。すると外耳炎や中耳炎にもなりやすくなってしまうため、定期的に耳の中をきれいにしておく必要があります。

猫用のウエットティッシュなどで耳の中をきれいに拭いてあげると良いでしょう。

その他にも耳ダニ感染症にかかった場合、耳が折れていると耳の中があまり見えないため飼い主が気付かない場合があります。マンチカンがしきりに耳を掻いたり気にしたりするようであれば、一度動物病院で診てもらうのをおすすめします。

耳折れマンチカンは可愛い分リスクも多いことを覚えておきましょう

ぺたんと折れた耳と短足が人気を博している耳折れマンチカンですが、健康上のリスクを背負っていることも飼う前に十分理解しておかなければなりません。

飼う際にはただ単に可愛がるだけでなく、日頃の体調チェックなどもしっかりしてあげることが大切です。

そうすることでハンディを持ったマンチカンも早い段階で治療に臨むことができ、いつまでも元気に暮らすことができるでしょう。

耳折れマンチカンがとってもかわいい!耳折れの原因はなぜ??