マンチカンはでぶりやすい?対策は必要?

マンチカンはでぶりやすい?対策は必要?

マンチカンはアメリカを原産とする、短い手足が魅力的な猫です。日本でも人気の高いマンチカンは太りやすいのか?病気・健康面での注意すべき事やダイエット方法等を紹介していきます。

マンチカンがでぶになる原因とは?太りやすい猫種なの?

短い手足がなんとも愛らしく、毛の色もバリエーション豊かなマンチカン。可愛い容姿はもちろんの事、その仕草・動作に思わず笑みがこぼれてしまいます。

手足が短いと言っても走るのが早く活発で運動も好きです。動き回る事が好きだからでぶには無縁かというとそうではありません。そう、実はマンチカンは太りやすいのです。

それでは何故マンチカンはおでぶになってしまうのか?その原因はどうやらマンチカンの体質にあるようです。

マンチカンは食欲が旺盛で、年齢と共に太りやすい体質になります。成猫になっても、子猫の頃と変わらない高カロリーの食事を食べ続けていると、おでぶ猫さんになってしまうのです。

でぶのマンチカンに病気の可能性はある?

肥満は人間だけでなく猫ちゃんにとっても健康上良くないですよね。
体重が増える。体が重い。動きが鈍くなる。まさに悪循環です。

特に手足が短いマンチカンにとって、体重が増加する事は手足の骨や間接に大きな負担がかかると考えられます。

太りすぎが原因でかかる病気のひとつが、椎間板ヘルニアです。重い体重を支えきれなくなると、背骨の間の椎間板がつぶれ変形してしまい、正常な歩行が困難になってしまう事もあります。

他にも、糖尿病や変形性関節症又心臓に負担をかけてしまう等、肥満には病気のリスクが高いですからでぶにはならないように気をつけてあげる事が大切です。

太ったマンチカンはダイエット、対策が必要?

可愛い猫ちゃんに健康でいてもらいたい。長生きしてもらいたい。一緒に暮らす家族ならそう思うのは当たり前の事でしょう。

一般的に猫の平均寿命は、室内猫の場合15歳といわれています。成猫のマンチカンの平均寿命は11~13歳といわれていますので、他の猫ちゃんに比べて若干短めのようです。

あくまでも平均ですが健康で長生きしてもらう事を考えると、やはり太らないように気をつけてあげる必要があります。

マンチカンのダイエット方法を解説!

成猫のマンチカンの平均体重は男の子が3.0~4.5kg、女の子が2.5~3.5kgですから、これ以上になった場合は食事を見直す事が必要でしょう。

今のフードは年齢に合っていますか?カロリーや与える量はどうでしょうか?

太りやすいマンチカンには低カロリーのフードを、体重に合わせた分量を与えるようにした方が良いでしょう。とはいっても、食事の急な変化はストレスになる事もありますから、少しずつ様子を見ながら与える事も大事です。

フードは年齢だけでなく健康状態に合わせて選ぶ事が大切です。子猫の頃からの掛かりつけの獣医さんと相談して決めると安心も出来て良いでしょう。

適度な運動も大切です。元々活発なマンチカンですが、他の猫同様に年齢と共に体を動かさなくなります。つまり寝ている事が多くなるのです。

健康な体の事を考えて、手足の短いマンチカンの体の負担にならないように、猫じゃらしやレーザーポインター等おもちゃをうまく使って遊んであげましょう。ただしジャンプ等の上下運動は負担が掛かりますので、低めの段差を利用した方が良いでしょう。

マンチカンの健康面で気をつけるべきこととは?

愛猫が健康で過ごせる様に気を配るのも、飼い主としての大切な役割です。

マンチカンは穏やかで人懐っこく甘えん坊。好奇心旺盛で活発な性格ですが太りやすい体質でもありますから食事・栄養管理はとても大事です。

体の負担にならない適度な遊びや、ストレスにならない清潔な住環境にも気をつけてあげたいですね。

そしてやはり動物病院での健康診断も大切です。室内飼いだから大丈夫と過信せずに、一年に一回は血液検査をしてワクチンも接種するようにしましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


マンチカンはでぶりやすい?対策は必要?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA