猫の留守番におすすめ!一人でも遊べるおもちゃベスト3

猫の留守番におすすめ!一人でも遊べるおもちゃベスト3

どんなに猫が大好きであっても、飼い主さんが家を留守にしてしまうことはありますよね。自分の猫が、自分のいない間に遊び相手がいなくてさびしがらないように、おもちゃを与えてあげたい!そんな優しい飼い主さんが留守中のときに、猫が安全に楽しく一人で遊べるおもちゃをご紹介します!

留守番中の猫のおもちゃ

いくつになっても遊ぶことが大好きな猫。猫が毛糸玉を転がしている絵は鉄板と言っていいほど古くからある絵面です。爪の引っかかりや転がるのが楽しいのでしょうね。また、紐の先に蝶々やトンボが付いたおもちゃを振れば、目の色を変えて飛んできます。狩りをしていた本能が呼び覚まされるのでしょうか?
猫は動くものが大好きで、動体視力も高く、中には両手で挟んで虫を捕まえることができる猫もいます。人から見れば明らかな遊びですが、猫は遊びだと意識することもなく、本能的に体が動いているようなところが見受けられます。
そんな楽しいおもちゃも、飼い主がいない留守中だとどうでしょうか?ほぐれた毛糸が体に巻き付いてしまったり、動かない蝶々を噛んでぐちゃぐちゃにしてしまったり。猫の大好きな猫じゃらし系のおもちゃも、噛みちぎって飲み込んでしまったりすることもあります。
飼い主がいない留守中でも、安全で楽しく一人で遊べるおもちゃってないですか?
できれば、電池とか電気とか消耗するエネルギーを必要としない、エコなおもちゃがいいですよね?

留守番中のおもちゃ3選

1:猫と言えばネズミ

ネズミのおもちゃは安価で数多く売られています。猫は本能的に動くものが好きなので、紐でもついていて動かすことができれば一番良いのですが、自動で動かなくても自分の爪で引っかけて、飛ばしたり転がしたりしながら遊びます。
おもちゃのネズミの中には本物の動物の毛でできたものがありますので、多頭飼いなら取り合いしながら家の中を走り回っているかもしれません。キャットタワーのような高いところから、紐でぶら下げておくのもお勧めです。
ただ、本物の毛でできたものは、噛み砕いてすぐにダメにしてしまうことも多く、あまりに小さいものなどは、猫によっては誤飲してしまうことがあるので、一度、飼い主がいる時に一緒に遊んで様子をみましょう。噛み癖があって誤飲が心配なら、空き箱に入れ、取れそうで取れないような工夫をするのも一つの方法です。
また、ケージのような丸いボールに入ったものや、布や紐でできたものなどもありますので、いろいろな種類の中からご自分の猫が安心して遊べるネズミを探してみてください。

2:プレイサーキット

 チューブの中のボールを猫が触ることで転がっていくおもちゃです。光るボールとそうでないのとがありますが、どちらも付属のボールは1つなので、追加でボールを購入しておくと良いでしょう。
また、ジョイントして大きく広げたり、ジョイントの仕方で形を自由に変えることができるので、多頭飼いならみんなで遊べる優れもの。とれそうで取れないボールがコースの中を転がっていく様子が、猫の本能をくすぐるようで、割と長く遊べるうえに電気代もかかりません。おもちゃとしては価格が高めですが、長く使えるならコストパフォーマンスは悪くないでしょう。
スピードサーキットも同様のおもちゃですが、ところどころに傾斜が付いているので、プレイサーキットよりボールの動き方がユニークです。
このシリーズはさらにバージョンアップした商品もありますが、猫のおもちゃにしては少し高額です。それでも、気に入ってたくさん遊ぶ猫だったら、元は取れるかもしれませんね。

3:エッグササイザー

卵の形をしていて、中に餌(ドライフード)が入れられるようになっています。猫が転がすと穴から餌が出てくる仕組みになっていて、遊びながらおやつを食べる感じでしょうか。穴の数や大きさの調節がきくところが良いですね。
多頭飼いの場合は、頭数分用意しても、留守中だとそれぞれの猫に与えることは難しいので、単頭飼い向きなおもちゃかもしれません。
卵の形の中にドライフードを入れるので、一日のドライフードの総量を超えないように気を付けてください。
同様な猫の知育おもちゃで、同じメーカーのトリートボールという球状のタイプもありますが、エッグササイザーの卵の形状の方が転がり過ぎることなく、良い感じで転がってくれるようです。
これを一回分の給餌器として使っている飼い主さんもいるようですが、一応おもちゃの分類に入ります。

意外と安上がりな猫

猫のおもちゃも販売されているものにはいろいろあり、猫の性格や猫の持つ狩猟本能から、ネズミやトンボなどの小さなおもちゃは噛み切られたりして壊され、あまり長くは持たないことがあります。
また、お金をかけて買ったおもちゃよりも、包装紙や包装用の紐などで遊ぶこともあります。貧乏おもちゃなんて呼ぶ飼い主もいますが、それでもいいのかもしれません。
もし、キャットニップやマタタビが手に入れば、それで猫のけりぐるみ(キッカー)を作ってもいいですね。裁縫が出来なくても、軍手の中に詰め込んで輪ゴムできつく縛るだけでもキッカーとしての役割は果たせます。中に詰める綿もブラッシングした時に出る猫の毛で十分です。
猫のおもちゃも、それぞれの性格により、必ず気にいって遊んでくれるとは限りません。留守中におもちゃを置いていくのですから、安全であれば何でもいいのです。新聞紙などおもちゃじゃないものを、おもちゃ代わりにして遊ぶこともありますから、なにが猫の遊びのツボにはまるかわかりません。
どうぞ、いろいろ試してみて、飼い主のいない留守中の生活を充実させてあげてください。

猫の留守番におすすめ!一人でも遊べるおもちゃベスト3