初めて猫を飼うのにおすすめの本ありますか?

初めて猫を飼うのにおすすめの本ありますか?

初めて猫を飼う方におすすめの本

ネコノミクスだ、猫ブームだと言われても、世の中にはまだまだ捨てられることの多い猫。
そんなつもりはなかったのに、突然猫を飼うようになった人も多くいるのが実情です。特別な動物というわけでもないので、何となく飼い始めて、何となく飼っている・・・。
そんな飼い方ができるのも猫だからなのでしょうか。
インターネットも発達して情報化社会になり、多くの人がスマホやパソコンを使うようになったので、猫を飼う上で気になることは簡単に調べることができます。ただ、情報があまりにも多すぎて、開いたタブもたくさん!さっき見たのはどれだっけ?そんなこともないわけではありません。
以前に比べ、情報を得るために図書館に行って本を探すということは減りました。でも、パラパラとページをめくることができる本の方が、多くの情報に触れることもでき、付箋をうまく活用すれば、案外便利だったりします。また、いつでも手に取って読みたい、見たい、参考にしたい、そんな本なら手元にずっと置いておきたいものです。
猫に関する本も、猫の情報と同じくらい沢山あります。なので、初めて猫を飼う方におすすめの本を紹介します。

初めて猫を飼うのにおすすめ本5選

はじめてのネコ 飼い方・しつけ方―食事・運動・睡眠・トイレ…あらゆる不安を解消します! (実用BEST BOOKS) 兼島孝監修  日本文芸社

猫を迎える準備から、飼育の基本、しつけ、介護や別れまで、広く浅く情報が得られます。写真も多くて見やすく、わかりやすく書いてあるので、本当に猫を飼うのが初めてという方にはお勧めです。猫飼いビギナーさんのバイブル的な1冊で、手元に置いていつでも見たい本です。
猫の急病対応マニュアル 佐藤貴紀  鉄人社
猫を飼っていると、猫の体の不調やこれは病気ではないかと心配になる出来事に遭遇します。そういう場合に備えて、病気に関する本は1冊持っておくと安心です。フローチャート式になっていて、猫の症状でどんな病気の可能性があるのか、飼い主として何をしたらいいのかがわかりやすく書いてあります。猫用の家庭の医学書的な本としてお勧めします。もちろん、最後は動物病院に行って診てもらってくださいね。

猫との暮らしが変わる遊びのレシピ: 楽しく仲良く役に立つ!科学的トレーニング 坂崎清歌・青木愛弓  誠文堂新光社

猫と飼い主との良好な関係を作るクリッカートレーニングを、ハードルを低くして、わかりやすくしたような本です。猫と飼い主が共に快適に暮らす方法を、遊びを通してお互いが楽しく学ぶというもので、その遊びをレシピとして提案してくれています。猫のしつけを考えている方にも、ぜひ読んで参考にしてほしい本です。
愛猫のための症状・目的別栄養事典   須崎恭彦  講談社
題名に事典とついていますが、手作りご飯を考えている方への入門書的な本です。飼い猫が持病を持っていたりすると、フード選びも大変です。猫の病気の症状によって必要な栄養素や食材やレシピが載っていて、ハードルの高そうな手作りご飯を気軽に始めてみようかな、と思えるようになる本です。

子ねこのきもち (はじめて子猫がウチに来たらすぐ役立つ育て方) (ベネッセ・ムック ねこのきもちブックス)  Benesse

月刊誌「ねこのきもち」で有名なベネッセの子猫の飼育に特化した飼育書です。子猫から飼いたい、買いたいという飼い主さんには、この本をお勧めします。いろいろ手がかかって難しい子猫の育て方を、カラーの写真と絵をうまく使ってわかりやすくしてあります。ちなみに、魅力的な付録もついてくる月刊誌も、猫を飼い始めて1年くらいは定期購読した飼い主さんは多いです。

マンガでわかる猫のきもち   ねこまき(絵)  今泉忠明

ほんのタイトル通り、猫の気持ちがよくわかる本です。右ページにねこまきさんのほのぼのとしたタッチのまんが、左ページにその解説が書いてあります。猫を飼っていない人でも楽しめる本なので、これから猫を飼いたいと思っているプレ飼い主さんにもおすすめです。これを読むと猫の気持ちだけでなく行動もよくわかり、猫を見る目が変わってきます。

猫の學校  南里秀子 ポプラ新書

「猫と人の快適生活レッスン」という副題通りの内容の本です。猫の目線に立って書かれた内容になっていて、飼い主という呼び方も上から目線であるとたしなめられます。この一冊で、猫と人との生活がすべてわかるような本です。パートナーとしての猫との暮らしの中から、人の生き方や死に方を学ぶという猫の學校なのです。何気なく猫を飼い始めた方には、是非読んでほしい本です。

是非、書店にも足を運んでみてください

うっかりすると全部手元に置きたくなってしまいそうなくらい、猫に関する本も、写真集から漫画まで本当に多岐にわたります。また、インターネットで得られる情報は、情報量としては多いものの、自分が本当に必要とする情報に当たることは案外少ないのです。
今は中古の本もそれなりに出回っていますので、安価で手に入れることもできますが、できるだけ実物を見て、ご自分に必要なものかどうかを判断できる環境で探してみてください。
手元に置きたい一冊が見つかった時は、その本はきっとあなたと猫との生活を支える宝物になるでしょう。

初めて猫を飼うのにおすすめの本ありますか?