ペルシャの餌やキャットフードでおすすめは?

ペルシャの餌キャットフードでおすすめは?

ペルシャ猫の特徴や餌の選び方を知る

ペルシャ猫はふわふわとした美しい毛が特徴の猫です。ホワイトのペルシャがよく知られていますが、ブラックやブルーの毛色もあります。

かなり毛が密集しており更に柔らかいため絡まりやすく、自分で完璧に毛づくろいをすることは難しくなります。

可能な限り毎日お手入れを行うことで、毛玉によるトラブルを防ぐことができます。性格は大人しく、落ち着いた雰囲気の個体が多くなっています。

比較的従順で鳴くことも少ないので、飼いやすい品種です。餌を選ぶ場合には、ペルシャ猫に特有な疾患を防げるものを選ぶことが大切です。

ペルシャ猫の遺伝的疾患には、多発性嚢胞腎があります。歯肉炎も猫に多い病気です。腎臓病などに気を使える餌を選び、歯肉炎予防のために専用の餌を選択したり、歯磨きをするなどの対策も考えていきましょう。

ペルシャ猫に適した餌の量や餌代は?

ペルシャ猫は室内で飼うことも多く、また品種の特徴から運動量も少ないため比較的餌の量も落ち着いています。

ペルシャ猫は雄雌共に大体3kg~6kg程度の体重になることが多く、若干雌猫のほうが小さいものの体重差はそれほどありません。性別によって餌の量を変えることは、あまり考えなくてもいいでしょう。

餌代に関しては、それほど大きな猫ではなく室内猫として飼われることが多いので少し控えめに考えても問題ありません。

ただし起伏のない顔や被毛ケアのことを考えれば、食べやすく栄養バランスの整ったキャットフードを選択するのが最適です。餌代の目安としては、5000円~7000円程度が目安です。

食べやすさを考えればウェットフードや猫缶などを併用する必要もありますし、多少多めに餌代を見積もっておくことが大切です。

子猫に最適なキャットフード

子猫向けフードを使うことで、小粒タイプの食べやすい餌が与えられます。子猫のうちは一度に食べられる量も少ないので食事の回数を多めに設定しましょう。

だいたい1日3〜6回程度が目安です。栄養をこまめに摂取させることを心がけましょう。

ロイヤルカナン

キトン ウェット

ドライフードを食べるのが下手な子や、食欲をそそるためにはウェットフードを活用することも大切です。

ドライフードのほうが総合的な栄養素が多めに設定されているものが多いため、ドライフードと併用することも考えましょう。

ロイヤルカナンのウェットフードは、他のメーカーの製品に比べて栄養バランスも考えられています。タンパク質は10%以上で、ビタミン類や食物繊維も含まれます。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン専用フード 子猫用

ロイヤルカナンでは、ペルシャやチンチラ、ヒマラヤンの特徴を捉えた子猫専用フードが販売されています。ルビー型の粒になっているため、ペルシャの子猫でも噛みやすく仕上がっています。

またマンナンオリゴ糖などの成分が含まれており、消化力を高めることで免疫力アップも期待できます。

シンプリー

シンプリーのキャットフードはオールステージ対応のため、子猫にも与えることができます。

添加物もなく基本的な栄養素はしっかり摂取できますし、グレインフリーにこだわっているので消化もよく猫に負担がかかりにくいのが特徴です。

子猫のうちから与えておくことでキャットフードの変更に伴うストレスも回避することができ、利用者も多いドライフードです。

成猫に最適なキャットフード

ペルシャ猫の成猫には、猫種に応じたドライフードも用意されています。腎臓病などのなりやすい疾患やトラブルなどを防ぐためにも、猫種に合った栄養成分を意識することがポイントです。

室内で飼っているなら運動量が少ないので、体重コントロールも大切になります。

ロイヤルカナン

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン専用フード 成猫用

ペルシャ猫は、長毛種であり被毛のお手入れもかなり大切なポイントになってきます。このドライフードは、栄養素をペルシャ猫などの長毛種向けにブレンドしています。

EPAやDHAなどの成分をバランスよく配合しているため、皮膚や毛の状態をベストに保つことができるのです。もちろんヘアボールケアとしての機能も兼ね備えており、毛玉の排出を高めるために食物繊維が配合されています。

消化機能に関しても配慮し、オリゴ糖を複数含んでいます。また舌裏を使って餌を捉える猫種が食べやすいよう、アーモンド形の粒になっていることも特徴です。

カナガン

カナガンのキャットフードは、ペルシャ猫の筋肉質な体型を支えるタンパク質などの成分が豊富に含まれます。しっかり栄養を摂取したい猫におすすめです。

また芋などの食物繊維が豊富な食材も配合されており、毛玉を飲み込みやすいペルシャ猫にとって最適です。

添加物不使用でグレインフリーのため消化にも優しく、オリゴ糖を含むなど栄養バランスも配慮されています。尿の酸性度をコントロールできると言われるクランベリーも配合されているため、腎臓病予防にも最適です。

カナガンには缶タイプのウェットフードもあるので、味にうるさい猫にもぴったりです。

グリニーズ

グリルフィッシュ味

メインのキャットフードではありませんが、歯磨きが苦手な猫でも食べることで歯垢を落とす手助けができるスナックです。味の種類も豊富ですし、他の猫と同様に歯肉炎になりやすいペルシャ猫にとってはおすすめできるアイテムです。

もちろん自然の成分を活かして添加物なども少ないので、安心して食べられます。

ペルシャ猫を飼うときのポイント

ペルシャ猫は性格も大人しく飼いやすい猫種ですが、毛のお手入れが大変なのでしっかりお世話ができる飼い主に適しています。特に子猫のうちからグルーミングに慣らしておくことは、重要なポイントになります。

自分でも毛づくろいはしますが、かなり毛も多いので日々のブラッシングができるようにしつけておきましょう。もちろん毛が密集しているので抜け毛も多くなります。

猫の毛が気にならない人やお部屋の掃除がきちんとできる人が向いているでしょう。病気の予防に気をつけておけば短命ではないので、餌などは無添加にこだわっても良いでしょう。

毛色の種類がたくさんあるため、ブリーダーによって複数の色が扱われていることもあります。ペルシャ猫を飼うときは、色合いなども気にしてみましょう。

ペルシャの餌キャットフードでおすすめは?