シャム猫の餌やキャットフードでおすすめは?

すらっとした体に吸い込まれるような青い目の気品あふれる姿に憧れてシャム猫を飼い始めた人も多いのではないでしょうか。シャム猫を飼うにあたって重要なのが、シャム猫に一番あったキャットフードを選ぶこと。ここではシャム猫の健康を一番に考えたキャットフードをご紹介します。

シャム猫の特徴

シャム猫はそのスリムな体からも想像できるように、とても活発で好奇心旺盛な性格をしています。また、遊んでもらうことや抱っこされるのが大好きなど、甘えん坊なところもあります。
そんな活発な性格をサポートできるように、高たんぱくで栄養バランスが取れた食事が必要となります。

平均体重

シャム猫の平均体重はオス猫で3.0kg ~4.0kg、メス猫で 2.2kg~3.6kgとなり、小柄な猫です。
食も細いタイプのために、少量でも必要なカロリーが摂取できるキャットフードを選ぶことも重要になります。

平均寿命

シャム猫の平均寿命は10歳から13歳となっており、一般の猫の平均寿命が15歳であるので短めと言えます。
あくまで平均寿命なので、もちろん長生きするシャム猫もいますが、プレミアムキャットフードを与えると平均で寿命が2年延びると言われています。

かかりやすい病気

シャム猫がかかりやすい病気として難聴、糖尿病、慢性肝不全、泌尿器疾患、角膜黒色壊死症などがあげられます。
糖尿病や肝不全は食事を気を付けることによってリスクを減らすことができるので、高たんぱく、低カロリーの食事を選ぶことが大切です。

シャム猫におすすめのキャットフードとその特徴は?

キャットフードの種類はたくさんあり、どうやって選んで良いのかわからないという人も多いと思います。
そこでおすすめなのがプレミアムキャットフードです。プレミアムキャットフードはペットショップや獣医さんなどで購入が可能な高品質のキャットフードです。
確かにスーパーなどで販売しているキャットフードと比べると値段は高めですが、その分栄養バランスも取れており、少量でも必要な栄養分やカロリーが摂取できるようになっています。
上記でも述べたように、プレミアムフードを与えた場合には寿命が平均2年延びると言われており、獣医師も多くのプレミアムフードを勧めています。

ドライフード?ウェットフード?

餌のタイプにはビスケットのようなドライフードと缶詰などのウェットフードがありますが、お勧めなのは断然ドライフードです。
ドライフードを噛むことによって歯垢が溜まるのを防ぎ、歯周病を防ぐことができます。ロイヤルカナンのシャム猫用ドライフードは、餌の形までがシャム猫にとって一番良いように作られています。
ウェットフードを与える際にはウェットフードのみを与えるのではなく、ドライフードと交互に与えるなどして歯垢が溜まるのを防ぐことが肝心です。

グレインフリーが勧められる理由

キャットフードでは成分に穀物を使用していないグレインフリーを特徴としているものも多々あります。
グレインフリーを勧める理由として挙げられるのが、猫は本来肉食動物であることからです。
肉食な猫とって一番重要な栄養は高品質な動物性たんぱく質であり、本来穀物を食べない猫にとっては、穀物は消化の負担が大きくなるのです。

ここでシャム猫におすすめのプレミアムキャットフードを3種類ご紹介します。

CANAGAN(カナガン)

カナガンのキャットフードは鶏肉を主な成分に使用しています。良質な動物性たんぱく質を多く含んだ、高たんぱくでグレインフリーなキャットフードです。

そして子猫からシニアまで通して与えられる、すべての猫種とライフステージに対応したキャットフードです。
合成保存料、着色料、人工調味料などの人工添加物は一切不使用。餌代は1.5kgで 3960円です。

Simply (シンプリー)

シンプリーはサーモンが主な成分のキャットフードです。こちらも高品質な動物性たんぱく質を使用した、高たんぱく、グレインフリーのキャットフードです。
サーモンの香り高く、食いつきが良いことでも有名です。その他にもシンプリーは猫に多い尿路結石やヘアボールにも考慮した食事となっており、すべての猫種とライフステージに対応したキャットフードです。
また、合成保存料や合成着色料、添加物は一切使っていません。
餌代は1.5kgで3960円です。

Royal Caninロイヤルカナン

ロイヤルカナンは鶏肉を主な成分に使用した高たんぱくのキャットフードです。
ロイヤルカナンはグレインフリーではありませんが、シャム猫の体質に一番合うように作られた、シャム猫専用のドライフードがあります。

ドライフードの形も、吐き戻しが多いシャム猫を考慮したうえで試行錯誤したうえに作られた特別な形をしていて、シャム猫がゆっくり噛んで食べ、吐き戻しが少なくなるように作られています。

ロイヤルカナンには酸化防止剤(合成保存料)のBHA、没食子酸プロピルなどの添加物が含まれます。BHAは発ガン性物質として知られていますが、その量は微量であり、2日で体内から排出させるため、蓄積はされないとされています。

没食子酸プロピルも酸化防止剤ですが、バターなどの人間の食品にも使われており、基準内であれば摂取しても比較的安全だと言われています。

シャム猫専用のドライフードは成猫用なので、子猫の時には子猫用の餌から始める必要があります。子猫用のドライフードには生後から4か月まで、4か月から12か月までとがあります。

生後4か月までのドライフードは、母猫も妊娠後期から授乳期まで一緒に食べられるように高カロリーの食事となっています。

生後4か月からのドライフードは子猫のみであれば生後から摂取可能です。

餌代は子猫用のドライフードとシャム猫用ドライフード、どちらも2kg で3748円となっています。

まとめ

以上、シャム猫におすすめのプレミアムフードを3種類紹介しました。どのキャットフードも良質な動物性たんぱく質を使用した、高たんぱくで低カロリーのものとなっています。

シンプリーとカナガンはどちらもすべてのライフステージに対応した商品で、合成保存料や添加物は一切不使用な自然食品タイプ。ロイヤルカナンはシャム猫の性格と健康を考えた、シャム猫専用のドライフードがあるのが特徴です。

どの商品も猫の健康を一番に考えてつくられたプレミアムフードなので、栄養面ではどの商品も優れています。あとはそれぞれの猫の好みにもよるので、あなたの猫に一番合った商品が見つかると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA