スコティッシュフォールドの餌やキャットフードでおすすめは?

スコティッシュフォールドは、折れた耳がチャームポイントの猫です。突然変異で生まれた個体から品種改良が行われ、関節や骨に問題が起きることが多いのも特徴です。餌選びにも気をつけてあげましょう。

スコティッシュフォールドの特徴とは

スコティッシュフォールドの特徴は、前に折れ曲がった耳です。

スコットランドの農場で生まれたスージーという猫が、スコティッシュフォールドの起源といわれています。この猫が産んだ子猫の中に何匹か折れ耳の猫がいて、遺伝性のものとして認知されました。

その後折れ耳猫の研究がアメリカで進められたこともあり、品種として認められるようになったのです。スコティッシュフォールドの折れ耳は優性遺伝によるものですが、骨の異常とも関わっています。

スコティッシュフォールドにおすすめな栄養と食事

スコティッシュフォールドは、骨や関節に異常が現れやすい品種です。また耳や内臓疾患などのトラブルも多めなので、いろいろな栄養を摂取しておきましょう。

特におすすめなのが、総合栄養食と呼ばれる商品を利用することです。総合栄養食は商品の袋などに記載があります。

ドライフード、または缶詰が対象になっています。

総合栄養食という表記をするためには、試験を行わなければなりません。猫に餌を与えたり、栄養成分を分析したりします。その分他の餌に比べて安全性も高いのです。

年齢や状態に応じた餌を選ぶこともできますし、猫に必要な成分が配合されています。

栄養バランスが整ったものを選ぶことで、スコティッシュフォールドが罹りやすい耳の病気を防ぎ骨や関節にも優しい食事をすることができます。

スコティッシュフォールドのアレルギーを防ぐには

猫にもアレルギーが存在します。もちろん、アレルギーはさまざまな要素が関わっているので餌や環境などを整えることが大事です。

免疫力が低下した場合や、病気によっても起こりやすくなるので気をつけましょう。またスコティッシュフォールドは耳が折れているので、定期的に耳のお掃除をしてあげる必要もあります。

耳を清潔にすることで、内耳の免疫力を高めることもできるでしょう。

愛猫の病気を防ぐために

愛猫の病気を防ぐためにできることは、いろいろあります。スコティッシュフォールドがなりやすい病気の傾向を知っておくことで適切に獣医に相談したりキャットフード選びもしやすくなります。

スコティッシュフォールドは、突然変異で生まれた猫です。耳が折れているということは、骨の形が普通の猫と違っているということにもなります。

耳だけが折れているなら問題はありませんが、他の関節や骨に異常が出るケースも他の猫より確率が高いのです。

スコティッシュフォールドが罹りやすい病気の中に、遺伝性骨形成異常症という病気があります。これは子猫のうちに起こりやすく、進行していく病気なので注意が必要です。

また外耳炎や内臓の病気、尿路結石症、肥大型心筋症なども抱えやすい種類でもあるので、キャットフードでサポートしてあげましょう。

子猫におすすめのキャットフード

スコティッシュフォールドの子猫には、一般の子猫と同じタイプの餌を与えていきましょう。活動的な子猫に必要なのは、子猫用フードやオールステージ対応のキャットフードです。

ロイヤルカナンのキトンや、添加物を使っていないシンプリーなど子猫の成長に最適な商品を使うのがポイントです。

成猫におすすめのドライフード

スコティッシュフォールドに適したドライフードは、病気やアレルギーを防ぐために栄養バランスが整ったタイプです。

その中でも特におすすめなドライフードを紹介しましょう。

ロイヤルカナン

・インドア
スコティッシュフォールドは家の中だけで飼っている人も多くなっています。外に出る猫とは餌も変えましょう。

ロイヤルカナンでは、室内猫のためのキャットフードが販売されています。
それがインドアです。また、インドアには成猫用の生後12ヶ月~7歳までの商品と、7歳以上の高齢猫向けの2種類があります。

関節が弱くなりやすい種類なので、カロリーコントロールをして肥満を防ぐことで痛みを緩和できます。また、肥大型心筋症を防ぐためのタウリン・魚の油などの成分も摂取できます。

・センシブル
胃腸などの内臓機能が弱い猫のためのドライフードです。スコティッシュフォールドは胃腸が弱いことも多いので、消化のよいキャットフードを与えたい場合にはこれを選択しましょう。少しの量でもエネルギーが高いので、食事の量を抑えることで胃腸の負担を軽減します。

胃腸の負担を軽減することで、全体的な免疫力もアップします。外耳炎などの予防にも適している商品です。

また粒の種類も3種あり、食欲増進効果もあります。

成猫におすすめのウェットフード

愛猫が偏食をする場合や栄養の吸収をよくしたい場合には、ウェットフードを利用するのも良いでしょう。添加物の入っていない、穀物フリーのウェットフードなら栄養バランスも抜群です。

どのようなウェットフードが適しているのか、まとめてみました。

ロイヤルカナン

・インスティンクティブ ウェット
健康的な猫が、美味しく栄養バランスを整えられるウェットフードです。泌尿器系のトラブルを防止するために最適な栄養素が含まれているため、尿路結石症の予防にも適しています。

ロイヤルカナンのウェットフードはいろいろな種類がありますが、タンパク質・炭水化物・脂質がバランス良く配合されているため猫が食べ飽きにくいというメリットがあります。

ナチュラルバランス

・ベニソン&グリーンピース
ナチュラルバランスは、アメリカ発のペットフードメーカーです。

ウェットフードの種類も豊富で、選択肢が多いことも魅力といえるでしょう。このベニソン&グリーンピースは、アレルギーを持つ猫にも最適です。

鹿肉のタンパク質と、アレルギーを抑制するのに最適なグリーンピースが配合されています。穀物などにアレルギーを起こしやすいタイプにも適していますが、特にアレルギーの有無に関わらず利用できます。

シシア

・サーモン
シシアは、イタリア発のメーカーです。添加物を使わず、人間と同じ品質の食事を愛猫に与えることができます。

魚の良質な油が摂取できるだけでなく、ゼリー&クッキングウォータータイプで水分摂取もスムーズになります。

添加物フリーにこだわっており、ウェットフードでも人気のあるメーカーです。

最適な餌の量を知っておこう

スコティッシュフォールドは普通の猫と同じようなサイズで、雄なら4kg、雌なら3kg台になることが多いようです。

そのため餌の量は、キャットフードのパッケージやホームページなどを参考に考えていくといいでしょう。体重別に最適な餌の量を案内してくれています。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA