マンチカンの餌やキャットフードでおすすめは?

マンチカンは北アメリカ原産の品種で、可愛らしい短い足がチャームポイントです。ここではマンチカンにおすすめなキャットフードの選び方や、餌代について紹介しています。もちろん子猫や成猫に必要な餌の量や回数についても、解説しています。猫好きなオーナーに役立つ内容をまとめてみました。

マンチカンの餌代はどのくらい?

マンチカンを飼う場合、餌に関する疑問がたくさん出てくることでしょう。マンチカンは、猫の中でも小型の種類です。

大きめの種類であれば成猫のサイズが8kg程度になることもありますが、マンチカンのサイズは3kg〜5kgほどです。

そのため、餌代が他の猫に比べてかかるということはありません。

普通のキャットフードを購入していれば、餌代は1ヶ月に5000円前後でしょう。もちろんキャットフードにはドライフードやウェットフードなど、いろいろな種類があります。

ちょっとしたおやつなどもありますし、子猫と成猫、シニアでは必要なキャットフードも変わるため多めに見積もっておくようにしましょう。

マンチカンの適切な餌の量や回数は?

マンチカンの子猫は、成長度合いにもよりますが1日5〜7回ほど食事を与えることになります。成猫になれば、2〜3回が妥当でしょう。

他の種類の猫と差はありませんので、それほどマンチカンだからと気にする必要はありません。

餌を与える回数は、飼い主がコントロールすることが大切です。特に成猫は子猫に比べて適切な餌の回数も減ります。食事の回数を減らすことで、肥満を防ぐことにもつながります。

餌の量は、キャットフードを食べるようになった子猫であれば1日170〜200キロカロリー程度です。成猫の餌の量は体重によって変わります。

獣医師広報などでも適切なカロリーを知ることができますが、だいたい体重1kgに対して80キロカロリー前後が適正な餌の量といわれます。

猫に必要な栄養は人間とは違うので、キャットフードを中心に安全性の高い商品を選んでいきましょう。

マンチカンにおすすめのキャットフードとは?

キャットフードを選ぶ時には、添加物や安全性にこだわることも必要です。また、成分表示などもチェックしておきましょう。

添加物のない無添加製品なども販売されているので、猫の食事にこだわりたい場合は無添加を選ぶのも良いでしょう。

マンチカンは短い足で体重を支えなければならないので、太りやすい食事を避けることが大切です。また栄養面ではタンパク質が豊富で、炭水化物などの成分が抑えられたキャットフードが適しています。

子猫用ドライフードのおすすめ

子猫用ドライフードは、ドライフードが食べられるようになった子猫のための食事です。成猫に比べて多くの栄養を必要とする成長期の子猫にぴったりのアイテムです。

中でもおすすめのメーカー・商品を紹介しましょう。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンは、数多くのドライフードやウェットフードを販売しています。猫の種類や年齢に応じた商品が選べるので、おすすめのメーカーです。もちろん安全性の高い成分のキャットフードで、子猫も安心して食べられます。

マンチカンの子猫におすすめの製品は、以下のものです。

・キトン
子猫用ドライフードとしてスタンダードな商品です。
子猫の消化器官に合わせた成分が配合されているので、ドライフードを食べられるようになった子猫にぴったりです。

オリゴ糖やサイリウムが含まれており、タンパク質もしっかり摂取できます。
ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類、ルテインとタウリンが含まれているので免疫力の維持にも最適です。

・キトンウェット
子猫用にはドライフードだけでなくウェットタイプもあります。

授乳期を終えたばかりの子猫には、ウェットタイプの方が向いているケースもあります。消化や排便の様子などを見て、ドライフードと混ぜることもできます。

ナチュラルチョイス

ナチュラルチョイスも、子猫用フードを扱っています。栄養バランスも整っていますので、おすすめのキャットフードです。

・室内猫用 キトン チキン
チキンを主原料とした子猫用ドライフードです。
ペットフード公正取引協議会が行っている試験により、総合栄養食として認められた製品です。

ドライフードですがふやけやすくなっているので、離乳後の子猫が安心して食べられます。
栄養バランスも整っていて、添加物などの心配もありません。

チキン以外にも腸内環境を整えるための玄米やオートミールが含まれているほか、品質のよいオイルが摂取できます。

成猫用ドライフード・ウェットフードのおすすめ

成長期の子猫とは違い、成猫にはまた違った栄養やカロリーが必要となります。毛玉ケアや味へのこだわりなど、個体にあった餌を選びましょう。

それでは、特にマンチカンに適したキャットフードを紹介します。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンの成猫用ドライフード・ウェットフードには食事にこだわる猫にぴったりのアイテムがあります。

アロマ エクシジェント/セイバー エクシジェント/プロテイン エクシジェントの3種類です。
香りで食事を楽しむ猫にはアロマ、味わいや食感を気にする猫にはセイバー、高タンパクな食事が好きな猫にはプロテインが向いています。

マンチカンという品種だけでなく、自分の飼っている猫にぴったりな商品を見つけることができます。

ナチュラルチョイス

・毛玉トータルケア アダルト チキン
成猫用ドライフードです。
マンチカンは長毛種であることから、毛玉のケアも大切になります。

成猫向けの商品の中でも栄養バランスが整っており、毛を排出するための食物繊維がたっぷり含まれていることが魅力です。

カナガン

ドライフードもウェットフードも、穀物が使用されていないグレインフリーであることからイギリスでも人気のキャットフードです。

マンチカンは炭水化物が少なめの食事が合っている品種でもありますから、カナガンのキャットフードはぴったりです。
もちろん安全性や成分、美味しさにもこだわっています。

マンチカンに必要な栄養素をキャットフードで

人間が食べるものは猫にとって合わないものもあるため、できるだけ安全性の高いキャットフードを与えるのがポイントです。

ロイヤルカナンやナチュラルチョイス、カナガンなどのメーカーではマンチカンにも適したフードがたくさんあります。

取り扱っている種類が多いロイヤルカナンは、状態や年齢に合わせた商品が選択できるので利便性も高くなっています。

まずは愛猫の好みに応じた製品を見つけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA