オリジン(Orijen)って何?キャットフードで人気のオリジンを徹底解説!

オリジン(Orijen)って何?キャットフードで人気のオリジンを徹底解説!

猫の健康を維持するために最も重要なのは毎日の食事です。オリジンは高たんぱく質、高脂肪、低炭水化物で穀物不使用と愛猫の健康に最大限配慮したフードです。そこでオリジンの特徴と口コミ、購入場所について紹介します。

オリジンってどんなキャットフードなの?

肉食動物である猫は、体の機能を維持するために多くの動物性たんぱく質と脂肪を必要としています。

オリジンは新鮮な肉類、天然の魚、採れたての卵などの人間用の食材を贅沢に使い、高たんぱく質、高脂肪の栄養設計によって、猫の健康的な肉体を維持できるように配慮しています。

オリジンは穀物を一切使わないグレインフリーを実現したフードです。肉食動物である猫は穀物の消化が苦手であり、穀物を多く含む食事は猫の胃腸に負担をかけてしまいます。また穀物には糖質が多く含まれています。

ところが多くのフードには加工をしやすくし、コストダウンを行う目的で小麦粉やトウモロコシ粉などの穀物が混ぜものとして使われています。

オリジンは新鮮な肉と魚を中心とすることで、穀物不使用と低炭水化物、低糖質を実現し、猫の消化に配慮するとともに、肥満や高血糖のリスクを最小限に抑えました。

もちろん穀物アレルギーを持つ猫にも安心して与えることができます。

オリジンの成分、原材料は?

野生の猫はネズミや小鳥などの生きた獲物を丸ごと食べることで、体の機能を維持できる十分な栄養素を補っています。

そこでオリジンは原材料の90%に鶏と七面鳥の新鮮な肉とレバーを使い、40%以上の高たんぱく質を実現することで、野生の猫が摂る食事に出来るだけ近づけました。

さらに猫が好むおいしさにもこだわり、肉類の2/3は新鮮な生肉を、残りの1/3はフリーズドライの肉とレバーを使っています。

フリーズドライした肉類にはたんぱく質が凝縮されています。レバーには猫の視覚維持に欠かせないタウリンが豊富に含まれています。

肉類だけでなく新鮮なニシン、サーモン、サバ、カレイといった魚も贅沢に使っていますから、魚好きな日本の猫も大満足です。

体を激しく動かす肉食動物の猫は人間の1.5倍の脂肪を必要としています。脂肪は肝臓でブドウ糖に変わることでエネルギーになりますが、オリジンには20%以上の脂肪を配合しています。

もちろん脂肪の含有量だけでなく質にもこだわっています。人工油脂は一切使わず、新鮮な鶏肉と七面鳥肉、魚、卵に含まれる自然の動物性油脂のみを使っています。

多くのキャットフードはレンダリングと呼ばれる直接食用にすることができない油脂を熱処理して使っていますが、オリジンはレンダリングされていない脂肪のみを使っているので安心です。

カロリーは100gあたり406kcal含まれています。一般的なキャットフードに含まれるカロリーは100gあたり350kcal前後ですが、成猫の健康的な肉体を維持するためには多めのカロリーが必要です。

良質の素材から多くのカロリーを摂取して、しっかり運動させることで野生の猫と変わらない強靭な肉体が作られ、健康で長生きすることができます。

そしてオリジンの最大の特徴は穀物不使用にこだわったことです。オリジンは多くのキャットフードに使われている小麦粉やトウモロコシ粉は一切使わずに、炭水化物19%以下に抑えています。

また穀物の代わりに糖質の少ないレンズ豆やヒヨコ豆を使用することで、糖質の含有量を一般的なキャットフードの半分以下に抑えました。

ほかにも内臓と筋肉の維持に欠かせないビタミン、ミネラル、アミノ酸、骨の健康を保つグルコサミンとコンドロイチン、抗酸化作用があるオメガ6脂肪酸、DHAとEPAを豊富に配合しています。

もちろん人工着色料や香料、人工の酸化防止剤、保存料などを一切使用しない無添加のフードですから安心して与えることができます。

オリジンのいいところ・悪いところ

オリジンのいいところは肉食動物である猫に最適な高たんぱく質、高脂肪、低炭水化物の栄養設計と、消化に悪く体に負担をかける穀物を一切使っていない点です。

鶏肉と七面鳥肉を中心に、天然のニシンやサーモンなどの魚類、採れたての卵とどれも新鮮で良質な食材を贅沢に使っていますから、グルメな猫ちゃんでも満足できる味わいに仕上がっています。

40%以上のたんぱく質、20%以上の脂肪、カロリーは100gあたり406kcalと、成猫の健康的な肉体を維持するのに十分な栄養素が配合されています。

人工着色料や香料、人工由来の酸化防止剤、保存料などは一切使用しない無添加のフードである点も嬉しいです。

悪いところは内容量の種類の少なさと価格の高さです。オリジンは内容量ごとに340g、1.8kg、5.45kgの3つに分かれています。

340gではお試しにしても少なすぎますし、1.8kgは「試しに買ってみよう」という内容量ではありません。5.45kgは明らかに多頭飼い向けでしょう。

猫はわがままな生き物で好き嫌いが多いため、「良かれと思って買ったけど食べてくれなかった」ということがあります。どんなに良いフードでも猫が気に入るかどうかは食べさせてみないと分かりません。

いくら贅沢な食材を使っているとはいえ価格の高さはやはり気になります。定期購入することで割引が受けられますが、それでも1,8kgで5000円以上、一般的なフードの5倍以上の価格です。

オリジンの口コミは?

オリジンが猫の健康に配慮したフードであることは分かりましたが、実際に使っている人はどんな感想を持ったのでしょうか? ほんの一部ですが紹介します。

★★★★★

愛猫の便通の悪さが気になっていましたが、フードをオリジンに変えてからだいぶ解消されたと思います。やはり人間も含めて動物は食べ物によって体が作られているんだなーということを実感しました。

★★★★☆

子猫を保護したのでとにかく栄養価の高いフードをと思って購入しました。食いつきが良く毎日完食しますし、保護したときよりも毛並みが良くなったので、高いだけのことはあると思います。

★★★★☆

必要な栄養素をきちんと摂ることができますし、野菜や果物も入っているおかげで猫の体調が良くなりました。これからもオリジンを使いたいです。

★★★★☆

シニア用を食べさせていますが、良質な肉と抗酸化作用のある果物と野菜のおかげで体調が良く毎日健康に過ごせています。少しでも長生きして欲しいので与え続けたいと思います。

★★★★☆

なかなか愛猫に合うフードが見つからなくて困っていましたが、オリジンを購入して食べさせてみるとすごく喜んでくれました。

オリジンってどこで買えるの?

オリジンはインターネットで購入することができます。正規販売店では通常価格から20%OFFの割引価格で購入することができてお得です。

ほかにも大手通販サイトでも購入することができますが、正規販売店よりも割高で在庫がないこともありますから、確実に購入したい方は正規販売店を利用することをおすすめします。

まとめ

オリジンは新鮮な鶏肉と七面鳥肉を原材料の90%、天然のニシンやサーモンなどの魚類、採れたての卵など人間用の食材を贅沢に使ったキャットフードです。

肉食動物である猫に最適な高たんぱく質、高脂肪、低炭水化物の栄養設計、全て天然由来のビタミン、ミネラル、アミノ酸、タウリンなどを豊富に配合して猫の健康に配慮しています。

さらに穀物を一切使用しないことで猫の消化に配慮し、糖質を抑えることで肥満や高血糖のリスクを最小限に抑えました。

もちろん人工着色料や保存料などは一切使用しない無添加のフードですから安心して与えることができます。

口コミでは「便通の悪さが解消された」「食いつきが良い」「体調が良くなった」と好評の声が多くを占めています。

そんなオリジンはインターネットで購入することができます。正規販売店では通常価格の20%OFFの割引価格で購入することができてお得です。

オリジン(Orijen)って何?キャットフードで人気のオリジンを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA