メインクーンに生肉の餌は与えても大丈夫?

メインクーンに生肉の餌は与えても大丈夫?

たくさんの栄養が必要なメインクーンにとって生肉は有効なのか、飼い主さんの中で気になっている形も多いようです。実際、生肉は栄養価の高く良い食材なのか、危険性はないのかを調べてみました。

猫に生肉は危険ではないの?

メインクーンは大型の猫であるため、体重も一般の猫より多く、たくさんの栄養が必要となります。栄養のある動物の生肉をキャットフードの代わりに餌として与えることでより多くの栄養を摂取できると考えている飼い主さんも多いようです。

猫は肉食なので、生肉を食べる行為は本来の姿に近いですし、栄養成分の必須アミノ酸も豊富な為、良い点もありますが、難点もあります。

生肉の感染リスク

生の豚肉には、トキソプラズマに感染してしまうリスクが特に高く、免疫力が低下している方や乳児、幼児などが感染してしまうと重篤になってしまい死亡してしまうこともある恐ろしい寄生虫です。

人間も猫も健康体なら若干体調が悪くなるくらいで、すぐに回復するケースが多いですが、特に子猫や、若い成猫、免疫力の弱い猫などの場合はトキソプラズマに悪化する可能性が高いです。

猫がトキソプラズマに感染してしまうと、食欲不振や嘔吐、下痢、運動障害、血便などのさまざまな症状があり、腸管粘膜へのダメージで、栄養をうまく吸収できなくなり、衰弱し亡くなってしまうケースもあります。

豚肉以外にも、鶏肉や牛肉にもトキソプラズマや他の病原菌の危険性は少なからずありますので、生肉を餌の代わりに与える際は、よく考慮してから与えてください。

市販されているドライフードのほとんどは総合栄養食です

生肉を与えるタイミングとしては、ドライフードの代わりに餌として与えるなどがありますが、そもそもドライフードというものは総合栄養食なので、それだけで必要な栄養が賄えるものです。

生肉も栄養豊富ですがバランス面を考えるとドライフードの方が勝ります。大型の猫であるメインクーンにとっても栄養的にはドライフードの方が良いので、生肉などを追加で与えるのではなく、体重などをみてドライフードの量をコントロールし、栄養のバランスをとることが理想です。

生肉は成猫にとっては栄養面の偏りが心配ですし、特に子猫の時期は充分に栄養を与えないと体重が増え成猫になったとき、骨格などが発達せずに病気になる恐れもあるので、栄養面では、やはり子猫には専用の子猫用キャットフードが一番おすすめです。

手作り食のおやつなら無添加で安全

猫用に手作り食を作成する方も多いようですが、やはりキャットフードの栄養価から比べると偏りがちですし、たくさんの栄養を必要とするメインクーンには充分な栄養を摂取させてあげられません。

ですがキャットフードの栄養価が理解できても、自分の飼っている猫ちゃんがおいしいと喜んでもらいたいというのは、どの飼い主さんにも当てはまるのでないでしょうか。

そんなときは、まぐろのお刺身を加熱してツナを作り、そこに鳥のささみを茹でたものを加えればお手製猫缶のようなものが簡単にできます。このような手作りご飯などをおやつとして少量与える分には問題ないでしょう。

キャットフードよりは栄養面で劣りますが、手作りご飯の良い所もあります。手作り食は、添加物や調味料を入れずに作ることができるのでとても安全です。

その際おすすめなのは、生肉は加熱し手作り食で使用すれば、病原菌などの感染リスクも下がるでしょう。特に子猫用の手作りご飯には、生肉のままで与える調理法は感染リスクが高いため加熱したものが良いです。

おすすめの生肉は牛肉

生肉の危険性は若干ありますが、食べても問題なく元気な猫ちゃんもたくさんいます。生肉の中特におすすめなのは牛肉です。実は牛肉には他の肉よりも猫が必要とする必須アミノ酸が多く含まれているので良いとされています。

ですが、脂身はお腹をこわす場合もあるので赤身の部分だけ与えてください。また、生の牛肉の栄養価が高くても、やはり子猫や免疫力の低い猫には与えない方が無難ですので与えるのは控えた方が良いでしょう。

メインクーンに生肉の餌は与えても大丈夫?