子猫の餌って何を与えればいいの?子猫の餌に関する情報まとめ

子猫の餌って何を与えればいいの?子猫の餌に関する情報まとめ

子猫を飼う人の中には「餌は何をあげればいいのかわからない」「子猫の餌の与え方は決まっているの?」など、わからないことばかりで不安な人もいるでしょう。今回は子猫の月齢別による餌のあげ方や、おすすめの餌ベスト3をご紹介します。

子猫ってどんな餌を食べるの?

子猫の餌は月齢によって変わってきます。

生後0日から生後3週間まで

生後0日から約生後3週間まではミルクのみで育ちます。母猫がいる場合には母乳ですが、母猫がいない場合は市販の子猫用ミルクを与えます。
牛乳は与えないようにしてください。牛乳には乳糖が含まれていますが、猫は乳糖を分解することがあまりできないので、消化不良や下痢を起こす危険性があります。
また牛乳には、子猫に必要な栄養素が揃っていないため、栄養失調になることもあります。ミルクを与えて育てる場合には、必ず子猫用ミルクを使用してください。

生後3週間から生後5週間まで

約生後3週間後からミルクをメインに離乳食も始めていきます。ウェットフードの場合はウェットフードの中でも柔らかいものを選びましょう。
ドライフードの場合は、温かいミルクにフードを浸してドロドロの状態にします。
この時期の子猫はまだ皿から直に食べることができないので、飼い主がフードを指につけて子猫に舐めさせます。フードを与える頻度は1日2回ほどです。
また、離乳食を始めたら飲み水を用意します。フードに水分が多く含まれているので、この時期の子猫は飲み水を用意してもあまりたくさんは飲みません。しかし今後のために水を飲む練習としても飲み水は必要です。

生後5週間から生後2か月まで

ウェットフードの場合は、生後5週間まで食べていたフードよりやや固めのものに変えます。ドライフードの場合は引き続き温かいミルクでフードを浸しますが、ミルクの量は減らしフードはペースト状になるようにします。
ミルクで浸したフードを問題なく食べられるようであれば、フードをふやかす水分をお湯に変えます。そして約1か月かけお湯の量やふやかす時間をだんだん減らし、フードを固めに調整していきます。

生後2か月から

生後2か月を過ぎたら子猫用のフードに移行します。しかし、一切ふやかさない固いフードはまだ食べられない猫もいます。その場合は、ウェットフードとドライフードを混ぜドライフードを湿らせて与えましょう。

子猫と成猫の餌の違いって何?

子猫と成猫の餌は、カロリーの量や餌に含まれる栄養素が違います。子猫には特に生後3か月ころまでは成長するためにカロリーや栄養素が多く必要です。
しかし一度に食べられる量が少ないので、子猫の餌は少量で成長に必要な栄養素が摂取できるようになっています。そのためカロリーも高くなるのです。
また子猫の餌は、子猫でも食べやすいようにウェットフードの身やドライフードの粒は小さめになっています。小さめにすることは消化しやすいというメリットもあります。

子猫には1日どれくらいの餌を与えればよいの?

子猫に与える餌の量や頻度も、子猫の月齢によって変わります。

生後0日から生後15日

この時期は1日に10~12gのミルクを5回~6回に分けて与えます。

生後16日から生後20日

この時期は1日に16g~20gのミルクを5~6回に分けて与えます。

生後16日から生後20日

この時期は1日に24g~30gのミルクを1日5~6回に分けて与えます。

生後3週間から生後2か月まで

この時期からはミルクと離乳食に移行しますが、カロリー計算をしながら餌の量を決めて与えるようにしていきます。
生後6か月までは、1日に必要な摂取カロリー数は「体重(kg)×200kcal」で計算します。つまり、体重500gの子猫であれば0.5×200kcal=100kcal なので1日に100kcal必要だということです。
そして餌を与える頻度は生後4か月までは1日5~6回です。つまり、生後4か月までは一回に与える餌が17kcal~20kcalになるようにします。
ここで気を付けなければならないのは、餌を作り置きしてはいけないということです。朝1日分作ってそれを数回に分けて与えるのは衛生上良くありません。その都度餌を作って新鮮なものを与えるようにしましょう。

生後2か月から生後12か月まで

生後2か月になると子猫用フードに移行しますので、カロリー計算もしやすくなります。

体重が1kgであれば、1日に200kcal必要です。子猫用フードが100g当たり400kcalであれば、フードは1日に50g与えます。

生後4か月までは餌を与える頻度は1日3~4回なので、1回につき12.5g~16.6gまで与えるということになります。生後6か月からも同じように計算しますが、餌を与える頻度は1日2~3回に減らします。

なお、生後3か月までは計算した量の餌を与えてもまだ子猫が食べ足りない様子であれば、基本的には食べられるだけ与えて構いません。

生後4か月後からは成長の速度が落ち着いてくるので、規定量以上は餌をあげないようにしてください。

子猫の餌は何歳まで与えるべき?

子猫の成長期は、猫の種類にもよりますが基本的に12か月までとなっています。そのため子猫の餌も12か月まで与え、1歳を過ぎたら成猫用の餌に変えましょう。

子猫の餌おすすめベスト3!

子猫の餌はいろいろな種類があり、何を買っていいのか迷ってしまいます。そこでおすすめの子猫の餌ベスト3をご紹介します。

第3位 モグニャン

モグニャンの主な原料は白身魚で、原料全体の63%を占めています。タンパク質は30%です。
その他にもバナナ、リンゴ、カボチャ、ひよこ豆など食物繊維を豊富に含む食材を使っており、お腹に優しいフードになっています。
猫にとって消化に悪く、アレルギー発症の危険があるとされる穀物は一切使っておらず、炭水化物はサツマイモやバナナ、豆類で摂取できます。粒が小さく食べやすいのも特徴です。

第2位 シンプリー

シンプリーはサーモンが40%以上含まれるためサーモンの匂いが強く、猫の食欲をそそります。
加えて乾燥ニシンが12%、乾燥白身魚が6.5%、生マス(4.65%)と魚が多く含まれタンパク質が37.00%あることが特徴です。

また、シンプリーも穀物を一切使っていません。
その他にも、尿路結石の防止に効果的なクランベリー、また関節に良いグルコサミン、コンドロイチンを含むなど、猫の健康を考えた成分を配合しているのがシンプリーの特徴です。

第1位 カナガン

カナガンは乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%とチキンベースのフードで、タンパク質は37.00%です。カナガンも、モグニャン、シンプリーと同じく穀物を使用せず消化やアレルギー対策ができています。
また様々な野菜や3種のハーブに加え、海草やアルファルファなどの植物も複数含まれており、バランス良い栄養とリラックス効果が期待できるフードになっています。
このカナガンはリピーターが多く人気ランキングで1位になることも多いことから、飼い主さんの間では満足度が高いフードであると言えます。
なお、今回ご紹介した3商品は一般のキャットフードより栄養価が高いため、子猫に与える際は商品のパッケージに明記された目安の量を与えることをおすすめします


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家での猫ちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


子猫の餌って何を与えればいいの?子猫の餌に関する情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA