猫のご飯に関する疑問を解消!猫の食事に役立つ情報を大公開!

猫のご飯に関する疑問を解消!猫の食事に役立つ情報を大公開!

猫の毎日のご飯は健康に暮らす上でとても重要です。ここでは猫は何を食べるのか、猫の1日のご飯の回数や量、猫がご飯を食べなくて困っている時どうすれば良いのかについて述べていきたいと思います。

猫って何を食べるの?

前述した通り、猫にとって毎日のご飯は、健康を保ち、楽しく毎日を過ごすために欠かせないものです。

ところで猫は一体何を食べるのでしょうか。
以下では猫が好きなものや嫌いなもの、また、猫に必要な栄養素、などについて述べていきます。

猫が好きなもの

かつおぶし

ペットショップやドラッグストアなどで、キャットフードのひとつとして販売されています。
ただし人間が食べるために販売されているかつおぶしには、ミネラルが多く含まれており、猫にとってあまり良くないので注意が必要です。

刺身

魚好きが多い猫にとって、刺身は人間と同様ごちそうです。

ただし与えすぎるとビタミンB1不足になったり、特に青魚類は「イエローファット」と呼ばれる、脂肪を酸化し炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。

猫に与える場合はおやつ程度に少量与えましょう。

チーズ

チーズはカルシウムや脂質、たんぱく質、ビタミンやミネラルなど、栄養素が多く含まれた食材です。

ただし人間用のチーズには塩分が多く含まれていて、腎臓に負担がかかり猫にとってあまり良くありません。

与える時は猫用のチーズを与えましょう。もちろん、与えすぎは厳禁です。

猫が嫌いなもの

柑橘系の果物

猫はミカンやグレープフルーツ、レモンなど、酸味のある食材が苦手です。

食べるのが駄目、というより臭いそのものが苦手なようです。

きゅうり

猫はきゅうりなどのように青臭い食材が苦手です。これもやはり臭いて好き嫌いを判断していると思われます。

きゅうりは猫の天敵である蛇に似ているので、形そのものが駄目という説もあるようです。

生肉

生肉は寄生虫や食中毒、または感染症になる可能性が高い食材です。

野生の猫は生肉食べたりすることもあるようですが、家飼いの猫に与える必要はありません。

猫に必要な栄養素

炭水化物

炭水化物に含まれる糖質や繊維質にはそれぞれ役割があります。
糖質はエネルギーや熱を生み出し、毎日の生活には欠かせないものです。

また繊維質は腸内環境を整え、血糖値の常時を抑えたりコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

たんぱく質

猫はたんぱく質を分解する酵素の活性化が極めて高く、たんぱく質からエネルギーを多く摂取します。

猫の体内においてたんぱく質は恒に分解されやすくなっており、不足しがちになるので、常に必要な量のたんぱく質を摂取する必要があります。

脂肪

猫の身体にとって脂肪は重要な栄養素であり、相対的に人間より多く摂取する必要があります。

特にリノール酸やアラキドン酸などの脂肪酸は猫の体内で作ることができないので、毎日のご飯から摂取する必要があります。

猫の食事の量はどれくらい?1日何回食べるのが普通?

猫の食事の量はどれくらい?

猫の食事の量はキャットフードに記載されている量を参考にして決めると良いようです。

子猫の場合はだいたい50gから55g、成猫は体重3kgまでは60gから80g、体重5kgまでは80gから100g、体重7kgまでは120gから140gです。

ただ与え過ぎは肥満の原因にもなるので、飼い主様が猫の個性をよく見極めて与えるようにしましょう。

1日何回食べるの?

猫の食事は一度に食べるのではなく、2、3回に分けると良いと言われています。

ただ老猫などの場合は内蔵や歯、顎の機能が衰えて来るので、なるべく身体への負担が軽くなるよう、食事の回数を3から4回に増やし、一度に食べる量を減らしてあげましょう。

猫がご飯を食べてくれないのはなぜ?

ご飯が気に入らない

猫はとてもデリケートな動物ですので、新しいご飯が気に入らなかったり、また今までのご飯に飽きてしまうと食べなくなる可能性があります。

新しいご飯が気に入らない場合は、今までのご飯に少しづつ与えて慣れさせる、逆に今までのご飯に飽きてしまった場合は、新しいご飯に少しづつ変えていくなど工夫してみましょう。

食器が深すぎる、または汚れている

猫は食器がヒゲに当たるのを嫌がります。
猫にご飯を与える時の食器は、浅くて広いお皿で、食べている時に動きにくいタイプを選びましょう。

また猫は食器が汚れているのを嫌がります。
食後は毎日洗ってあげましょう。

体調不良

猫は夏バテや膀胱炎などよく体調不良になることがあります。
原因は季節の変化やストレスなどさまざまな要因が考えられます。

ご飯を食べないからと行ってすぐ病院に連れていく必要はありませんが、明らかにいつもと違う様子が見られる場合は、早目に病院に連れて行きましょう。

猫のご飯に関する疑問を解消!猫の食事に役立つ情報を大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA