シャルトリューの餌やキャットフードでおすすめは?

シャルトリューの餌やキャットフードでおすすめは?

シャルトリューは中世のフランス王家でも愛された猫で、ブルーの美しい毛並みの品種です。筋肉質で骨格もしっかりしており、丸みのあるフォルムが特徴です。餌の量やキャットフードの見極めも大切になってきます。

シャルトリューの特徴と餌の選び方

シャトルリューは短毛種の猫で、毛色は銀灰とも言われるブルーです。美しい毛並みからフランスで貴族や王族に愛された猫として、一時期はかなりの高値で売買されていました。

性格は忍耐強く、比較的大人しいため家で飼うにも適した品種といえます。

品種改良を重ねて家猫として適した性質を獲得しており、鳴き声も小さく人間や他の猫とのコミュニケーション力も高い個体が多くなっています。顔の骨格や丸いフォルムで微笑んだような表情に見えるため、微笑み猫とも呼ばれます。

日本ではペットショップで扱われることが少ない猫種でもあるので、ブリーダーから直接購入することが多くなるでしょう。

キャットフードの種類としては、タンパク質が豊富な商品を選ぶのが最適です。シャルトリューはそれほど大きなサイズではありませんが、筋肉が豊富でしっかりした体つきをしているため餌から摂取する栄養素にこだわる必要があります。

シャルトリューの餌代や餌の量を考える

シャルトリューの餌代は、筋肉維持のために少し高タンパクな栄養を意識しなければいけないので一般の猫より高めに見積もっておくようにしましょう。

もちろん毛並みの美しさにも定評がある猫なので、ビタミンやタウリン、良質な魚の油で被毛のケアをすることも大切です。餌代は1ヶ月あたり5000円から1万円程度です。

キャットフードの質にこだわったり、ウェットフードを併用する場合には1万円程度を上限として意識するようにしましょう。一般的な添加物フリーのキャットフードは1ヶ月5000円以下に収まるものも多いため、ウェットフードやおやつの量が少なければ餌代も落ち着きます。

餌の量は雄猫と雌猫で大きく異なります。というのも、シャルトリューは雄と雌でかなりサイズが異なってくるからです。

雌であれば2kg台後半というサイズも珍しくありませんし、成長しても4kg程度で収まることがほとんどです。対して雄猫になると、小さくても4kg台~6kg以上に成長することもあります。

餌の量は体重に応じて変化するため雌猫であればそこまで多くの餌を与える必要はありませんが、雄猫は子猫のうちから成長のことを考えてカロリーや餌の量も少し多めに意識しましょう。

具体的な餌の量に関しては、健康を意識するならキャットフードメーカーごとの推奨量や獣医師広報の基準である体重1kgあたり70~80キロカロリーを与えるようにしましょう。子猫の場合は活動量が成猫に比べて多くなるので、体重1kgあたりのカロリーは少し多めに計算しましょう。

子猫におすすめのキャットフードとは

子猫におすすめのキャットフードはいろいろありますが、授乳期からの切り替えの時期はウェットフードを使います。
ドライフードを混ぜながら与えていくことで、小さな子猫でも食事がしやすくなります。

とはいえブリーダーやペットショップから購入する猫であれば、ドライフードが食べられる月齢になっていることがほとんどです。お迎えをする時には子猫の月齢や、今まで与えられていた餌を確認してドライフードかウェットフードかを決めるようにしましょう。

ロイヤルカナン

キトン

ロイヤルカナンのキトンは、どの猫種でも利用できます。タンパク質が豊富でその他の成分もバランスよく配合されているため、どんな品種の猫にも対応することができます。

成猫向けドライフードに比べて粒も小さく、カロリーも高めに設定されているので使いやすいことが特徴です。

シンプリー

シンプリーのキャットフードは100gあたりのカロリーが380キロカロリーと栄養豊富で、サーモンやニシンをメインとしているため栄養バランスも優れています。

2ヶ月未満の子猫であれば1日20g~30g程度でしっかり栄養が摂取できますし、体重や月齢によって徐々に増やしていくことになります。オリゴ糖や野菜なども含んでいますし、猫の病気予防に最適なクランベリーが配合されており子猫から成猫まで利用しやすい商品です。

シンプリーは添加物が使われていないことも魅力で、良質な成分を取り入れることができます。

成猫におすすめのキャットフードとは

シャルトリューの成猫におすすめのキャットフードは、被毛の美しさをキープできる栄養素と筋肉を維持できるタンパク質がどちらも含まれているものです。

また添加物などが少ないものを選ぶことで、人間と同じように健康に気を使うこともできます。

カナガン

カナガンキャットフードは、チキンを主原料としています。そのため筋肉を作るために必要なタンパク質もしっかり摂取できます。

また腹もちのよいサツマイモやミネラル成分たっぷりの海藻類、マリーゴールドやクランベリーなどのハーブもバランスよく配合されています。ハーブは猫の健康状態をよくするためにも役立つ成分で、免疫力アップやビタミン補給にもぴったりです。

カナガンのドライフードは食いつきがよいことも魅力で、好き嫌いが多い猫でも美味しく食べられる商品に仕上がっています。

オリジン

キャット&キティ

比較的高カロリーのキャットフードです。チキンをメイン原料としているため、タンパク質が豊富であることが魅力です。

またカナダでは有名な無添加キャットフードで、プレミアムフードとしての評価も高くなっています。肥満気味や高齢でなければ十分な栄養素を摂取するために、オリジンのキャットフードを活用してもよいでしょう。

ウェットフードもおすすめのアイテム

ウェットフードはドライフードに比べて栄養素は低めですが、猫が美味しく食べられるアイテムです。そのため食の細い猫や、食事に飽きてしまうことを防ぐためたまには与えたほうがよいでしょう。

ロイヤルカナン

インスティンクティブ ウェット

肉や魚などの栄養成分がたっぷりで、ビタミンなども含まれています。不必要な添加物も使われていないので、安心して与えられるウェットフードです。栄養バランスもよく、ドライフードに混ぜて与えるのも適しています。

栄養バランスに優れた添加物フリーのキャットフード

シャルトリューは短毛ではありますが、毛の質がとても柔らかく抜け毛なども多くなりがちです。

そのため品質のよい餌で不必要な抜け毛を防いだり、被毛の質をよくすることが必要になります。無添加のキャットフードを選べば、多くの天然の栄養素が被毛にもよい影響を与えてくれます。

まずはいくつかのキャットフードの中から、添加物が少なく栄養バランスのよいものを選択しましょう。

シャルトリューの餌やキャットフードでおすすめは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA