安心・安全なキャットフードの選び方の3つのコツ

安心・安全なキャットフードの選び方の3つのコツ

安心・安全を気にしてますか?

皆さんは何を基準にフードを選んでいるでしょうか?
ホームセンターのペットフードコーナーには、たくさんの種類のフードが並んでいますね。
フードの選択肢がたくさんあるのはとてもいいのですが、安価なフードや、同じ量なのに高価なフードもあります。

私は、猫を飼い始めたときは、どのフードがいいのかわからずCMで見たことにあるフードでそんなに高くないものを選ぶ条件にしていました。ですが、愛猫が去勢手術後、餌の食いつきが悪くなったり、下痢をするようになりフードを見直し、健康に重視したフード選びに変わりました。

与えるフードに、猫の体や健康に必要な栄養素が充分入っているのか、不要な成分が入っていないか、を把握することで愛猫の健康や寿命にまで関係します。
添加物を含んだフードや質の悪いフードを食べ続けていると、栄養失調でやせ細ってしまったり、毛並み悪くツヤがなくなったり、アレルギー体質になってしまう可能性があります。

ここでは、原材料や添加物の危険性についてお話しします。

注意するべき原料を知ろう!

遺伝子組み換え原料(GM原料)、穀物、大豆は気を付けましょう。ひとつずつ説明していきます。
遺伝子組み換え原料は、キャットフードによく記載されているが、実は猫にとっては、粗悪な原料です。
日本では遺伝子組み換え原料の栽培は行っていませんが、外国のキャットフードには、含まれていることもあります。

穀物は主に、トウモロコシや米などです。猫はもともと肉食動物なので、穀物に含まれる「植物性たんぱく質」を消化するアミラーゼという酵素を持っていません。
与え続けると体に蓄積され、アレルギーや病気などひきおこす原因にもなりかねません。

大豆は、猫の命にかかわるほどの危険な原料です。
大豆は、猫の胃腸内で発行を促し、大量のガスを発生させる。このガスが血管を圧迫し続けると、脳に酸素が行き届かなくなり、最悪の場合にはショック死してしまうことも考えられます。

危険な添加物は避けよう!

原材料の質が悪いものほど、添加物の量や種類も増える傾向があります。
比較的安価なフードには、原材料名にミートミール、 ビートパルム、動物性油脂、香料、着色料、酸化防止剤など記載されています。
この添加物が含まれている場合、”4Dミート”と呼ばれる、なんの動物かわからない人では到底食べられず、廃棄されるような粗悪なくず肉が使用されている可能性があります。
本来、おいしいお肉がたっぷり使用されているフードであれば、臭覚の優れた猫には材料本来の香りがあるので、おいしそうに食べてくれます。
しかし、4Dミートが使用されているとおいしい匂いがしません。なので、香料や旨味パウダーなど添加物が足されていくのです。

また、猫は体が小さいため、人より添加物の影響を体に受けやすいです。保存剤や着色料、酸化防止剤などは、長期保存や見た目の良さには必要ですが、ガンやアレルギーを発生させる原因や皮膚病など病気の原因にもなる有害な成分です。

成長や体型にあったフードを選ぼう!

フードを選ぶ際は、「肉類」だけの記載ではなく「チキン」や「牛肉」などはっきり記載されているフードを選びましょう。

猫の年齢や体型の変化でキャットフードを変えることをお勧めします。
どんなに良い素材でも、子猫用フードをシニア猫に与えていたら、肥満になって病気の原因になります。
猫の成長のステージや体型をしっかり確認してフードの成分に目を向けましょう。

無添加フードは少し高めですが、愛猫に健康で長生きしてもらうためにも、高品質な原料を使用しているフードを与えてくださいね。

安心・安全なキャットフードの選び方の3つのコツ